ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

正式名称は『テンカイチ 日本最強武芸者決定戦』。

講談社『ヤングマガジンサード』2021年Vol.2から連載開始されたが、同誌の『月刊ヤングマガジン』との合併後、そちらに移籍して連載されている。

原作担当は中丸洋介、作画担当はあずま京太郎。既刊4巻(2022年5月現在)。


あらすじ

これは我々の知る歴史ではない。

時は西暦1600年、織田信長が天下統一してから10年が経過していた。

信長は自分の死期を悟ると、最強の武芸者を輩出したものにこの国を譲ると発表。

天下統一の夢破れた武将たちは、それぞれ最強の武芸者を擁立し、この国の王を目指す!


登場人物

主催者側

魔王”と呼ばれ恐れられる存在。死ぬ前の娯楽として武芸者たちの殺し合いを求める。

老齢のため呂律が回らず目線も不安定だが、言葉の節々に威圧感が滲み出る。

信長の小姓。中性的な見た目。信長を“神”と崇め、彼に心酔する。巨根


武芸者

金剛仁王〟の異名を持つ、徳川家後援の武芸者。流派は本多流戦場槍術。

五十七度の戦いで無傷という伝説を持つ。怪力・巨漢の益荒男。


無双兵法者〟の異名を持つ、長宗我部家後援の武芸者。流派は当理辨助流。

まだ16歳ながら忠勝を超える長身と多大な剣才を持つ若者。マイペース。


風魔の女帝〟の異名を持つ、北条家後援の武芸者。流派は風魔党忍術。

伝説の風魔忍軍の6代目頭領。本作のキャラでも随一の人気を誇る女傑。


小太刀無双〟の異名を持つ、近衛家後援の武芸者。流派は中条流。

史実と違い弟の景政は故人となっている。信長を「暗君」「小僧」と言い捨てる老剣士。


異邦の怪物〟の異名を持つ、毛利家後援の武芸者。流派はダークダンス。

海を越えてやってきた異邦人。日本における子孫繁栄を望む。


剣術無双〟の異名を持つ、織田信忠後援の武芸者。流派は柳生新陰流。

家康と親しい間柄。澄ました顔の裏に狂気を秘める。独り言という形で読者への解説役を担う。


剣聖〟の異名を持つ、柴田家後援の武芸者。流派は新陰流。

亀仙人のようなエロジジイキャラ。その剣技と試合は他の武芸者も注目する。


力の現人神〟の異名を持つ、羽柴家後援の武芸者。武術は相撲。

武芸者の中でも抜きんでた巨体を誇る。鬼面まわし姿の寡黙な力士。


明智家後援の武芸者。流派は巌流。

能面を付けた謎の剣士。笑いのツボや距離感が独特。


滝川家後援の武芸者。流派は鬼槍流。

忍としてではなく武士として戦場を駆けた。忠勝とは戦友。唐突に大声で「忍!!」と叫ぶ。


島津家後援の武芸者。流派は示現流。

削る前のかつおぶしをそのまま噛み千切り、胤舜をビビらせる。


織田信雄後援の武芸者。流派はングニ棒術。


前田家後援の武芸者。流派は宝蔵院流槍術。


伊達家後援の武芸者。流派は神夢想林崎流。


丹羽家後援の武芸者。流派は一刀流。

穏やかな顔の裏に柳生宗矩に似た不穏さを匂わせる。


上杉家後援の武芸者。流派は真新陰流。


後援者とその他

本多忠勝の後援者。史実と違い信長が生きているので一大名に留まっているが、戦乱の世を憂い、天下泰平を目指す。本多忠勝とは固い絆で結ばれている。

宮本武蔵の後援者。グラサン。武蔵のマイペースな性格と、武蔵の父・新免無二斎の親バカに振り回される。

風魔小太郎の後援者。

第1話で信長の御前試合に上訴した結果、日野長光による鉄扇の投擲で負傷。しばらく生死不明だったが、片目を失いながらも生存。顔の傷を仮面で隠し再登場。

日野長光の後援者。やっぱり顔つきがサルっぽい。口調が軽く慇懃無礼。

狐を彷彿とさせる胡散臭い優男。本作の歴史では『本能寺の変』を起こしていない。

信長に心酔しているようだが、蘭丸からは嫌われている。

家康が天下を治め太平の世が続く」という夢を見るなど正体不明。


余談

pixivにおけるイラストは風魔小太郎が約9割を占める。 R-18イラストも多いので注意されたし。


関連タグ

月刊ヤングマガジン


類似作品

終末のワルキューレ 魔女大戦 シグルイ

関連記事

親記事

月刊ヤングマガジン げっかんやんぐまがじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1630438

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました