ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シグルイ

しぐるい

南条範夫原作の小説「駿河城御前試合」の第一話を原作とする山口貴由の本格残酷時代劇漫画。
目次 [非表示]

概要

月刊チャンピオンRED上で2003年から2010年まで連載された、山口貴由時代劇漫画

2007年にはWOWOWでアニメ化された。

タイトルは「死狂い」を表し、江戸時代の書物『葉隠』の一節「武士道は死狂ひなり。」に由来する。


原作南条範夫小説駿河城御前試合』の第一話「無明逆流れ」。

しかし、僅か35ページの原作を独自の脚色・創作で肉盛りし、全84話(コミックス全15巻)で構成した、ほぼオリジナルの作品となっている。

例として「主人公は片腕を失なう事になるのに、主人公が習得した虎眼流の極意"流れ星"は両腕がないと使えない技」「"流れ星"と"無明逆流れ"は同じ術理に基く技」などの設定は山口の世界観に基づくもので、原作の内容を描いた部分のみを抽出した場合、本作の長さは3分の1程度になると思われる。


威圧感に満ちた劇画調の作画に、エキセントリックな登場人物たち、そして良くも悪くも先が読めない超展開から話題となり、2000年代の2ちゃんねるでカルト的な人気を博した。

今なおネットで通用する「ぬふぅ」「チュパえもん」「お美事にございまする」は、本作が元ネタである。

反面、残酷無惨時代劇の謳い文句に恥じないグロテスクな描写が多く、読み手を選ぶとも評される。


星川生之助や屈木頑之助といった『駿河城御前試合』に収録されている他の作品からのキャラクターも登場する。

連載当初は山口の代表作である『覚悟のススメ』や『悟空道』のようなアニメ調の絵柄だったが、次第に劇画調に変化していった。


ストーリー

寛永六年、駿府城内。ご法度とされる真剣御前試合が、駿府藩主の暴君徳川忠長によって挙行された。

その第一試合に現れたのは隻腕の剣士と盲目跛足の剣士。全ては七年前に遡る恐るべき因縁から始まった…。


二人の剣鬼の対決を軸に様々な人間たちの思惑と因果、そして狂気と愛憎が絡み合いながら物語は進む。


登場人物

虎眼流関係者


舟木道場関係者


検校屋敷関係者


その他の人物


アニメ

2007年7月19日から10月12日までWOWOWスクランブル枠で全12話が放送された。製作はマッドハウス

残酷な描写があるため、R-15指定相当となった。


各話リスト

話数サブタイトル
第1話駿府城御前試合
第2話涎小豆
第3話鎌鼬
第4話童歌
第5話秘剣伝授
第6話産声
第7話
第8話蝉しぐれ
第9話虎子
第10話検校仕置屋敷
第11話月光
第12話無明逆流れ

関連イラスト

伊良子清玄藤木源之助


関連タグ

マンガ アニメ チャンピオンRED 南條範夫 山口貴由 チュパえもん ぬふぅ

駿府城 シリアスな笑い


外部リンク

コミック/シグルイ/年表 - Woshare Wiki

悟空道 - Wikipedia

関連記事

親記事

山口貴由 やまぐちたかゆき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6239130

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました