ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
南条範夫原作・山口貴由作の漫画作品『シグルイ』に登場する剣術の名称。

虎眼流

濃尾無双と讃えられる剣の達人・岩本虎眼によって掛川に興された流派で、虎眼が若い頃に用いていた我流の兵法を元としている。真剣は折れやすいという理由から剣同士の打ち合いは避ける、急所を狙い最小限の斬り込みで敵を討つなどの実戦を意識した剣技に加え、当身技や柔術、骨子術なども複合させた独特な剣術である。

虎眼の剣術は多指症の右手をフル活用した精密かつ大胆なものであり、そのことから虎眼流の技には握力や腕力に重点を置いたものが多い。これらを成すためには常人離れした筋肉が必要とされるため、虎眼流では常軌を逸したしごきを門弟に課している。


他流試合の際は敢えて相手の命を奪う事無く、目や鼻、耳などを木剣にて削ぎ飛ばす(曰く「伊達にする」)事で『虎眼流強し』を世間に知らしめ、名声を高めていた。

また虎眼流は面子を重んじる流派であり、岩本虎眼や流派そのものを嘲笑するものは立場・身分に関わらず弟子達が切り捨て、時には刀すら抜かず拳にて打ち倒す様であった。

面子を守るためとはいえ、これらの所行は江戸時代の常識からも逸しており、影では相当の恨みを買っている。


清玄の離反以降、彼によって門下生は次々と討たれ、さらに創設者の虎眼と師範の権左衛門も清玄に倒されたため、徳川忠長主催の御前試合が行われた頃には没落してしまっている。


代表的な技

前述の「最小限の斬り込みで敵を討つ」理念から、虎眼流の剣術は基本的に「当たれば即致命傷になりうる攻撃」を目指している。

そのため一部の上級修練者にのみ与えられる剣技は独特かつアクロバティックなものが多い。

虎眼自身が我流の剣術使いであることもあって、門弟がオリジナルの剣技を組み込むことも多い。

流れ

刀を担ぐような姿勢で構えから繰り出す技。刀を振る際に一瞬握りを緩め、手の中で柄(グリップ)をスライドさせ鍔本から柄頭へ持ち替えることで、相手の目測を超える間合いの斬撃をたたき込む術である。

原理自体は簡単であるが、精密な握力の調整が出来なければ刀が明後日の方向に飛んで行ってしまう。

また相手に間合いを錯覚させてこそ必殺と成り得る技であるため、秘伝として道場試合では使用を禁じられている。

星流れ

虎眼が得意とする秘伝の技。作中では「星流れ」と「流れ星」両方の表記がある。

右手は猫科動物の如く人差し指と中指で柄を挟むように握り込み、左手は刀の切っ先をつまむ構えを取る。左手で刀を固定した状態で右手に力を溜め、それを解き放ちながら手首関節の縦の動きを乗せ、更に流れでリーチを伸ばすことで凄まじいスピードと力を併せ持った回避困難な斬撃を放つ術である。

原理としてはデコピンのそれに近い。

伊良子清玄の秘術無明逆流れもこの技からインスパイアされている。

なお、原作では「横方向の高速の斬撃」以上の情報はなく、「片腕を失なう事になる主人公が身に付けた最強の極意は、両手が無いと使えない技」と云う残酷極まりない展開は山口貴由のオリジナルである。

虎拳

当身技。居合の構えから刀を握らず、手首のスナップを効かせた裏拳を放つ。星流れの術理の一部を使用した技である。投げた徳利の横に穴を開けることが可能。鍛錬の中で自ら見出すことが望まれていたようだが、藤木は他の門弟たちに率先して教えていた。

無刀であろうとも虎眼流は凶器そのもの。打撃のみで頸椎を捻り、頭蓋を陥没させ、顎を骨ごと吹き飛ばす。


関連タグ

シグルイ 岩本虎眼 藤木源之助

虎眼流

濃尾無双と讃えられる剣の達人・岩本虎眼によって掛川に興された流派で、虎眼が若い頃に用いていた我流の兵法を元としている。真剣は折れやすいという理由から剣同士の打ち合いは避ける、急所を狙い最小限の斬り込みで敵を討つなどの実戦を意識した剣技に加え、当身技や柔術、骨子術なども複合させた独特な剣術である。

虎眼の剣術は多指症の右手をフル活用した精密かつ大胆なものであり、そのことから虎眼流の技には握力や腕力に重点を置いたものが多い。これらを成すためには常人離れした筋肉が必要とされるため、虎眼流では常軌を逸したしごきを門弟に課している。


他流試合の際は敢えて相手の命を奪う事無く、目や鼻、耳などを木剣にて削ぎ飛ばす(曰く「伊達にする」)事で『虎眼流強し』を世間に知らしめ、名声を高めていた。

また虎眼流は面子を重んじる流派であり、岩本虎眼や流派そのものを嘲笑するものは立場・身分に関わらず弟子達が切り捨て、時には刀すら抜かず拳にて打ち倒す様であった。

面子を守るためとはいえ、これらの所行は江戸時代の常識からも逸しており、影では相当の恨みを買っている。


清玄の離反以降、彼によって門下生は次々と討たれ、さらに創設者の虎眼と師範の権左衛門も清玄に倒されたため、徳川忠長主催の御前試合が行われた頃には没落してしまっている。


代表的な技

前述の「最小限の斬り込みで敵を討つ」理念から、虎眼流の剣術は基本的に「当たれば即致命傷になりうる攻撃」を目指している。

そのため一部の上級修練者にのみ与えられる剣技は独特かつアクロバティックなものが多い。

虎眼自身が我流の剣術使いであることもあって、門弟がオリジナルの剣技を組み込むことも多い。

流れ

刀を担ぐような姿勢で構えから繰り出す技。刀を振る際に一瞬握りを緩め、手の中で柄(グリップ)をスライドさせ鍔本から柄頭へ持ち替えることで、相手の目測を超える間合いの斬撃をたたき込む術である。

原理自体は簡単であるが、精密な握力の調整が出来なければ刀が明後日の方向に飛んで行ってしまう。

また相手に間合いを錯覚させてこそ必殺と成り得る技であるため、秘伝として道場試合では使用を禁じられている。

星流れ

虎眼が得意とする秘伝の技。作中では「星流れ」と「流れ星」両方の表記がある。

右手は猫科動物の如く人差し指と中指で柄を挟むように握り込み、左手は刀の切っ先をつまむ構えを取る。左手で刀を固定した状態で右手に力を溜め、それを解き放ちながら手首関節の縦の動きを乗せ、更に流れでリーチを伸ばすことで凄まじいスピードと力を併せ持った回避困難な斬撃を放つ術である。

原理としてはデコピンのそれに近い。

伊良子清玄の秘術無明逆流れもこの技からインスパイアされている。

なお、原作では「横方向の高速の斬撃」以上の情報はなく、「片腕を失なう事になる主人公が身に付けた最強の極意は、両手が無いと使えない技」と云う残酷極まりない展開は山口貴由のオリジナルである。

虎拳

当身技。居合の構えから刀を握らず、手首のスナップを効かせた裏拳を放つ。星流れの術理の一部を使用した技である。投げた徳利の横に穴を開けることが可能。鍛錬の中で自ら見出すことが望まれていたようだが、藤木は他の門弟たちに率先して教えていた。

無刀であろうとも虎眼流は凶器そのもの。打撃のみで頸椎を捻り、頭蓋を陥没させ、顎を骨ごと吹き飛ばす。


関連タグ

シグルイ 岩本虎眼 藤木源之助

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎
  3. その婚約者、いらないのでしたらわたしがもらいます! ずたぼろ令息が天下無双の旦那様になりました

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー