ピクシブ百科事典

牛股権左衛門

うしまたごんざえもん

牛股権左衛門とは、南條範夫の小説『駿府城御前試合』およびこれを原作とする漫画『シグルイ』の登場人物である。
目次[非表示]

牛股権左・・・あれは人にござるか?


人か魔か 牛股権左衛門
 獣か それ以下か
 鬼か それ以上か

概要

虎眼流の師範であり、主人公藤木源之助の兄のような存在。
屈強なガタイの大男で、その名に因んでよくに例えられる。単純な膂力だけならおそらく作中最強。

源之助のことは昔から目にかけており、虎眼先生の前で「(跡目にふさわしいのは)藤木かと」と発言したおかげで裂けてしまった口がチャームポイント。

かつては故郷に許嫁がいて一人前の剣士になったら結婚する約束をしていたが、そのことを虎眼に見透かされて冷遇され、教えを受けるために素手で自分を去勢している剣鬼。
あと、一度殺しても死なない。

関連項目

シグルイ 駿府城御前試合
虎眼流  牛鬼
でかした! にぱー

pixivに投稿された作品 pixivで「牛股権左衛門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52791

コメント