ピクシブ百科事典

小姓

こしょう

1,武将や大名の側で雑用や護衛の任に就いた武士。2,古代文明の王朝やローマ帝国、ヨーロッパ諸侯などで貴族や君主の世話をやいた年少の下僕、騎士見習いなどが多い。 現代社会には存在しない
目次[非表示]

小姓スタイル

  1. 武将大名の側で雑用護衛の任に就いた武士
  2. 古代文明の王朝やローマ帝国中世ヨーロッパなどで貴族君主の世話をやいた年少の下僕騎士見習いなどが多い。
1について(大体にも共通点も多い)
お小姓と呼ばれることが多い。小性とも書く。
中世以来、武将の身辺に仕えて諸々の雑用を果たした。

稚児

お小姓には、「色小姓」と「荒小姓」があり総じて「稚児姓」(稚児)と呼ばれていた。
「稚児」は主に寺の高僧に仕え、「お小姓」は主に武家の殿様に仕える少年たちをいう。
寺やご政道は女人禁制なので女性の替わりに「稚児」や「お小姓」が身の回りの世話をした。
男色というより女性の代用品という面が強かった。

色小姓

「色小姓」とは単に美しい小姓という意味もあるが、戦場などで女性がいない時には相手を勤めた。

荒小姓=子分

「荒小姓」とは主に君主の身を護る役目を負っているが君主に気に入られればお相手を勤める事もあった。
荒小姓
織田信長の小姓で有名な森蘭丸は、名前のせいかドラマなどでは「色小姓」として描かれる事が多いが、彼はもともと「荒小姓」であり、兄は森長可という勇将で、弟は坊丸、力丸という強者揃いなので、彼が美少年であったのかは不明だが、兄弟同様に強者であったという。

また、徳川家の将軍の三代家光と五代綱吉男色家といわれているが、特に綱吉は「桐の間番」という美少年版の大奥を作っており、最愛の稚児姓が柳沢吉保であった。
色小姓
しかし、江戸時代になってからは女性に困ることも無くなった為、小姓の業務は成人して所帯を持った男性に任ぜられることが一般的になった。
現代で言うなら、ボディガードマネージャーのようなものであったとも。

関連タグ

ショタ 衆道
秘書 マネージャー(日本的な意味で)/エージェント 執事

pixivに投稿された作品 pixivで「小姓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160113

コメント