ピクシブ百科事典

稚児

ちご

(1)本来の意味の稚児で乳児、幼児。(2)寺院における稚児。(3)祭りにおける稚児。(4)男色の対象とされる若年の男性の意。

概要

  1. ちのみご、赤ん坊
  2. 幼い子、幼児
  3. 祭礼寺院の法楽などの行列に、美しく装って練り歩く児童。「―行列」。こちらについては「お稚児さん」の記事も参照のこと。
  4. 寺院や公家、武家で召し使われた少年。中世では主に寺院の童をさす。 男色の対象となることもあった。pixivの「稚児」タグの付いたイラストではこの系統のイラストが多く、そのためにこの記事の親記事も「娼婦」になっている。
  5. 転じて、男色関係にある年下の若者のこと。この場合、お稚児さん、稚児さん、等と言われる事が多い。


キリスト教会においても、稚児に近い存在があった。

キリスト教では、教派によってだいぶ違うが、基本的に同性愛は禁じられている。

関連タグ

娼婦 神社 祭り 小姓

売春 娼婦/売春婦/街娼/女郎/遊女 遊郭
男娼/陰間 売り専/売専
援交 援助交際 売春 遊郭 マリーダ・クルス

pixivに投稿された作品 pixivで「稚児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265686

コメント