ピクシブ百科事典

男色

なんしょくあるいはだんしょく

日本における男同士の性愛関係。
目次[非表示]

概要

日本における男性同性愛関係。

男色の始まりと広がり

日本における男色の始まりは、真言宗の開祖・空海(弘法大師)が、当時の先進国だったに留学し、真言密教とともに男色の習慣を持ち帰ったことだといわれている。

仏教では月経のある女性は穢れた存在であるとみなされ、僧侶が女性と性的な関係を持つことは固く禁じられていた。そのため、仏教寺院は原則として女人禁制で、僧侶たちは、稚児と呼ばれる少年に身の回りの世話をさせるのが習わしであった。僧侶たちは、その稚児を男色の相手としたのである。

僧侶階級と貴族階級の間には密接な交流があったため、僧侶たちの間に生まれた男色の習慣はやがて貴族たちにも伝わっていった。平安時代後期になると、男色はかなりおおっぴらになり、たしなみや遊び、趣味のひとつとして確立していた。「男色」は現在でいうところの「ゲイ」「同性愛者」とは少々意味合いが違っており、男も愛しているが、同時にがいて子供も儲けているケースが多い。
紫式部の「源氏物語」にも、主人公の光源氏空蝉という人妻に懸想するが拒絶され、空蝉の弟・小君(こぎみ)と寝るという描写がある。

藤原頼長の「台記」など、平安時代に実在した人物の日記には同性愛行為の記述を含んだものが存在している。そのうちのいくつかには、当時天皇の地位にあった人物との関係性を記したものもある。上皇として権勢を振るった白河上皇鳥羽上皇後白河上皇は全員、男色をたしなむ両刀使いだったため、天皇上皇と男色関係を持つことで寵愛を受け、高位高官に引き立てられる家臣もいたようだ。

この頃になると武士社会が台頭してくるが、平家源氏などの有力な武家の男たちも天皇や上皇と関係を持っていたといわれており、平家源氏の勃興も、きっかけは男色による寵愛で皇族から引き立てられたためという説がある。

やがて政権が貴族から武家の手に移ると、武将大名達も将軍を真似て美少年小姓として召し抱え、寵愛するようになる。
また、武家社会では、主君家臣の間だけでなく、武士同士の男色関係も盛んになっていった。武士同士の男色は、年長の武士が 年少の武士に 武術や作法を教える習慣から拡がったとされる。
武士同士の男色は、主従関係や武士道と結びついて体系化されていき、後にこの関係は「衆道」と呼ばれるようになる。

その後も男色(衆道)はさかんに行われ、江戸時代初期に全盛期を誇ったが、江戸時代中期以降は幕府の風俗粛正で廃れていき、幕末には薩摩など一部地域を除いて下火となった。(この経緯については衆道の頁を参照のこと)

その他

  • 男色関係の年長のほうを「念者」、少年を「若衆」と言う。
  • 若衆を若気(にゃけ)とも言い、男色を売ることは「にやける」と言う。
  • 「女色」は男女関係を言うことが多い。男色と女色をまとめた言い方は「色道」「若女」。


日焼と褌


関連タグ

性愛 同性愛 男色家
衆道 若衆 若衆歌舞伎 陰間
稚児 戦国武将 小姓
にやける

外部リンク

男色 (Wikipedia)
衆道 (Wikipedia)
日本における同性愛(Wikipwdia)

pixivに投稿された作品 pixivで「男色」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581976

コメント