2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

生涯

生没年不詳。平安時代中期の作家歌人。日本最古の長編小説とされる『源氏物語』の作者。父は当時の大学者であり歌人でもある藤原為時一条天皇の中宮藤原彰子に仕えた。

紫式部は女房名であり、本名は藤原香子であったとする説がよく知られているが確実ではない。また「香子」説が正しかったとしても、読み方はかおるこだったのかたかこだったのかそれともよしこなのかはっきりしない。「紫式部」の呼び名は、「式部」が彼女の父(または兄)が式部省(現代でいうところの人事院に相当するお役所)に仕える官僚であったことに由来し、「紫」については当時の女房名としては類例のないネーミングなので諸説あるが、最もよく知られているのは『源氏物語』の別称『紫のゆかり』に由来するというものである。つまり、「紫の上が出てくるお話を書いた、式部省のお役人の家柄の女性」という意味になる。

父が漢学を教えていた花山天皇が藤原為家とその子息たちにより退位させられ、しばらく出世には恵まれなかったため、若い頃は不遇な時代を過ごす。聡明で漢学に明るかったが、当時は女性が学問(特に漢文)に長けている事は素直に称賛されるような環境ではなく、辛い思いもさせられたようだ。

長徳4(998)年ごろ、親子ほども年の差がある山城守・藤原宣孝と結婚して一人娘の大弐三位(藤原賢子)を儲けるが、まもなく宣孝は死去「見し人の けぶりとなりし 夕べより 名ぞむつましき 塩釜の浦(宣孝死亡時に紫式部が悲しみに暮れながら詠んだ歌)」。このころから『源氏物語』を書きはじめ、これが宮中で評判になったことで寛弘2〜3(1006〜1007)年ごろに中宮・彰子の女房として取り立てられ、宮仕えを始めた。

宮仕えを退いた後の彼女の足取りは明らかではないが、『源氏』作者としての評判が高く、藤原道長のような有力な庇護者がおり、娘の大弐三位が出世したことから、平穏な晩年を送ったのではないだろうか。

こぼれ話

「紫式部日記」では宮仕えの先輩である赤染衛門のことを尊敬し褒めて書いていたり、後輩の和泉式部に関しては私生活には問題あるが、和歌の才能は素晴らしいと少々皮肉めいたことを書いている。清少納言の事を中傷する記述があることから、清少納言とライバル関係にあったという風評があるが、実際は紫式部が宮仕えを始めたのは清少納言が退職した何年も後であり、二人は顔を合わせたことがないと思われる。

娘の大弐三位も歌人として知られる。母について若いころから宮廷に出入りしていたが、明るく屈託のない人柄(性格的には母よりもむしろ清少納言に似たタイプ)で多くの公達に愛され、貴族の女性として位人臣を極める幸福な一生を送った。彼女を通じてその血筋は高階氏に続き、藤原摂関家皇室とも関わることとなる。

モデルにした登場人物が出る作品


現代の商業誌ではあからさまに悪く描かれるものもあり「うた恋」など)、その場合清少納言が美化して描かれている。

関連タグ

平安時代 歌人
和歌 百人一首
あさきゆめみし
光る君へ - 2024年NHK大河ドラマ吉高由里子が紫式部を演じる。

関連記事

親記事

歌人 かじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17998902

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました