ピクシブ百科事典

紫の上

むらさきのうえ

紫の上とは、「源氏物語」における登場人物。
目次[非表示]

日本古典(あるいは最古のラノベ)「源氏物語」の登場人物。

概要

光源氏の妻の1人である。父は先帝の皇子であり、藤壺の女御の姪にあたる。
聡明な女性で、作中では完璧な人物として描かれている。

略歴

ここからネタバレ要素が含まれて居ます。




幼い時に母を亡くし、祖母の北山の尼君に育てられた。熱病にかかった源氏が北山の僧を訪ねた時、源氏に見つけられた。
祖母の北山の尼君が亡くなった後、源氏に引き取られて養育され、後に妻となった。
以降は、六条院の女主人として、明石の姫君(後の明石の中宮)を養女として引き取り育てた。
世間的には正妻として認められていたものの、身分が低いため、女三の宮降嫁により自分の立場に苦悩する。
晩年は出家を望んだが源氏が認めず、源氏のもとで息を引き取った。
彼女の死が光源氏の出家の切っ掛けとなり、物語は終焉へと向かう。


ぶっちゃけ

「日本版ロリータ」とも言える存在。しかもこちらの方がはるかに古い。
流石は最古のラノベ、性癖(寝取られヤンデレロリコン)の先進国・日本である。

詳しくは→ 光源氏計画

pixivに投稿された作品 pixivで「紫の上」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66803

コメント