ピクシブ百科事典

桐壺更衣

きりつぼのこうい

桐壺更衣とは、「源氏物語」に登場する人物。

概要

光源氏の母親。
そして彼女の存在が光源氏の一生を決定づけたと言っても過言ではないほど、この源氏物語にとって非常に重要な人物である。

父は大納言、母は旧い名家の出身と上流の出自である。
父を亡くした後に身分の低い更衣として入内し、桐壺帝からの寵愛を受ける。
その常軌を逸した寵愛ぶりは玄宗皇帝楊貴妃になぞえられるほどで、周囲の顰蹙と嫉妬によるストレスから更衣は病気がちになっていく。
その後光源氏を出産、帝からさらなる厚遇を得るもそれが原因となり、第一皇子の母である弘徽殿女御を始めとした後宮の女性たちにいじめられてしまう。
帝に里への退出を願うが許されず体調が悪化、ついに亡くなってしまうのだった。
当時光源氏3歳。

桐壺帝は愛する妻を失い悲しみに沈むが、その忘れ形見の光源氏を溺愛。
世間では弘徽殿女御の息子を差し置いて光源氏を皇太子になるのではと噂までされる。
しかし、桐壺帝は母親も死に(もともと身分は低いが)ちゃんとした後見人のいない光源氏の将来も配慮し、高麗の人相見の予言に従い「源氏」の姓を与えて貴族にした。

失った母親の面影が源氏を過激な恋の駆け引きに走らせ、藤壺中宮を不倫の道に堕としたり、紫の上に源氏という名の呪縛を与えたりしたので、桐壺更衣は全ての元凶とも言える立場である。
しかし同時に、更衣が源氏を生まなかったら夕霧と雲井雁のロマンスや明石中宮のサクセスストーリーも始まらなかったわけであり、物語中に起こった良いことも悪いことも更衣という存在から始まっていると言える。

関連タグ

源氏物語 光源氏 桐壺帝

関連記事

親記事

源氏物語 げんじものがたり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桐壺更衣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1859

コメント