ピクシブ百科事典

ビクトリーム

びくとりーむ

華麗なるビクトリーム様とは、「金色のガッシュ!!」に登場するキャラクターのことである。
目次[非表示]

「おかわりだ!!」

概要

CV:若本規夫

華麗なるビクトリーム様は、千年前の魔界の王を決める戦いでゴーレンに敗れ、石板に封じられた魔物の子の1人。見ての通りVの文字を象ったインパクト大な容姿が特徴のお方。
本の色はスカイグリーン。千年前でのパートナーは紫式部。現代でのパートナーは彼女の子孫であるモヒカン・エース。そしてメロンをこよなく愛している。

アニメ版では第62話「Vの衝撃 ベリーメロン!!」と第63話「ブルァアア!紳士怒りのチャーグル」に登場する。
原作者がコン・バトラーVをみて即興で作ったキャラクターである。
基本シリアスキャラばかりな石版編の魔物の中ではベルギム・E・Oと並ぶギャグキャラクターである。そのベルギム・E・Oとはアニメ版ではライバル的な立ち位置になったこともある(ミニドラマCD内でもベルギム・E・Oと掛け合い漫才的なことをやっており、前々から知り合いだった模様)。
基本的にバカではあるが術の威力は桁違いに高く、その実力は本物。また、(自分の声掛けに対し耳を貸さなかったことについての怒りもあったとはいえ)相手が気づくまで待つなど卑劣になりきれないところはあるが、相手の心の力や身体状況、人数差をある程度考慮しつつ参戦するなど、妙なところで知恵がまわる。
実際この戦いでは各メンバーが使える呪文の回数はせいぜい1,2回と言う状態であり、なおかつビクトリーム本人が強敵と言うかなり厳しい状態での戦いとなっていた。
カラーリングは原作版では夕張メロンをイメージしたカラーリング、アニメ版では白を基調としたカラーリングである。

自分勝手に見えて情に厚い一面があり、後述の通りゴーレンに挑んだのも友人であったレイラが石にされた事による仇討ちの為である。
また、千年前の魔物のパートナーの殆どは心を支配された人間であり、中には人間をこき使う魔物も多い中で、純粋にパートナーであるモヒカン・エースのことを気遣う珍しい魔物でもある。
そもそも彼がモヒカンになっているのはビクトリームの仕業だったりするのだが、彼自身が気に入ったのか、洗脳が解けた後もそのヘアスタイルを維持していたりする。

使用する術

マグルガ

頭部からV型の強力ビームが放たれる。また自身は頭と体が分離ができる為それを生かして死角なしの回転攻撃(通称:荘厳回転(グロリアスレヴォリューション)3・6・O(スリー・シックス・オー))を仕掛けることができるので強力であるが……体はVの字で待機(Yではない)している為、体が全範囲の回転攻撃に当たったら自滅してしまうという弱点がある。
「我が体、撃沈!!!」

マグル・ヨーヨー

ヨーヨー状になった腕で攻撃、踊る時にも使用する。
またヨーヨー化した腕にはカッターになりどんなものでも切り裂く。
さりげなくベルギムE・Oも似たような技を使用する。

チャーグル

両腕・両肩・股間に5つの光の玉が光り「チャーグル・イミスドン」の攻撃力を高める。
股間の紳士が光ってしまう為ティオに石を投げられるのはご愛嬌。
一回目の下記の術でのコンボ攻撃では、原作ではそのせいか3つしか貯まらなかったことに対し、アニメ版では焦らしに焦らして最後の5つ目で股間に貯めた。石を投げられる対策をするとはアニメスタッフは正気じゃなかった
しかも二回目では5つの光の玉が輝いてもアニメオリジナルでは『Vの華麗な力を頂点に!!』と叫んで6回目のチャーグルができている。
千年前の戦いでは、恐らくこのチャージ技をしている最中に石化攻撃を受けたのではないだろうか。

チャーグル・イミスドン

チャーグルで貯めた光の玉を巨大ビームにし一斉に放つ。
半分ほどの力でも、遺跡を壊しかねない破壊力を持ち、当時の最強技だったバオウ・ザケルガをも打ち破った。なおアニメ版では2回の攻撃諸共フル(2回目は+1チャーグル)でぶっ放している。

バベルガ・ベリーメロン

アニメ版の術。フォルゴレの妄想で出た術で、巨大メロンが飛んでくる。

シン・チャーグル・イミスドン


「いいか…ガッシュ…魔界に帰るときにはメロンの種を持って帰るんだ…」
「『一粒の種は100万のメロンを生む。』これを忘れるんじゃないぞ…」
クリア最終決戦でまさかの再登場を果たし、繰り出した必殺術。無数の強力なV型の攻撃を多方向に放つ。レイラの「ミベルナ・シン・ミグロン」、パムーンの「ファルセーゼ・バーロン」との連携での全方位攻撃でクリアの放った無数の消滅弾を全て破壊した。
再登場したときガッシュにメロンの種を魔界に持って帰ることを頼んだ(最終話の描写からガッシュは種を持って帰りビクトリームに渡したと思われる)。
余談であるがこのときガッシュの頭の位置がビクトリームの股間の紳士の場所と被ってしまう現象をやらかしている。

余談

意外と設定や出番が多かったりして重要キャラ…と思いきや実は全くそんなことはなく、元々は石版編のみの使い捨てキャラであり敵側の幹部だったりすることもなくガッシュ達と友情を育むわけでもなく、戦いのあとに強敵と書いて友と読んだりするような展開もなくフツーに登場してフツーにやられて帰っていった。
…だけだったが、その洗練されたデザインや個性的な叫び声、ギャグチックな展開などで登場回以後最も高い人気を誇る魔物である。
その結果彼をモデルにしたオリジナルの魔物の子のイラストがなんと73体も寄せられたので、作者が軽いノリで「ビクトリームに応援の手紙が千通以上来たら再登場するかもね~」という旨の発言を単行本巻末でしたところ、三千通超のハガキが届いたために特別編にて再登場を果たした。
更にはビクトリームの再登場を描いた番外編を元にした「フォルゴレの初夢にビクトリームが登場する」という設定のアニメオリジナルエピソード(第89話)までも作られ、サブタイトル映像もビクトリーム仕様になっていた。また、ファウード編後の清麿のアホな夢にまで登場している。

その件もあってか、最初から最後まで敵であったにもかかわらずクリア・ノート編にも再登場を果たすというファンサービスまで設けられており、クリアとの初戦時にガッシュがクリアに対して激怒した際の回想にも登場している他、クリア完全体との最終決戦にも(メロンの種欲しさで)レイラやパムーンと見事な連携プレイを見せ、クリア完全体を倒した後のガッシュから礼を言われるシーンではコマ一番上でVの態勢を取り最前列の仲間の魔物よりも目立っていた。

ちなみに、彼の千年前のパートナーは、なんと紫式部である。つまりモヒカン・エースは紫式部の子孫という訳で日本人と思われる…と思いきや彼はアイルランド人らしい…

千年前からの友達であったレイラが言うには美人で話が面白いロマンチストな方だったらしい。
ちなみにレイラとは一緒にベリーメロンを踊る程に仲が良かったらしく、ガッシュとその仲間達の様な関係だった様子。
ゴーレンへ戦いを挑んだのも石にされた彼女の仇討ちの為でもあった。結構いいやつじゃねぇか。(レイラの方は石版編でビクトリームがやられても全く気にしてなかったけど…)


なお、メロンを知るきっかけについてはいつからかは定かではないが、アニメ版では千年後の世界であるガッシュたちとの戦いの際にメロンを知ることになる。
原作通り自身に気づかなかったことに怒りの感情が沸き上がった様子を見て、機転を利かせてフォルゴレが休憩中に食べていたメロンをお裾分けしたところ、ありがたく頂戴して例のベリーメロンのダンスを踊る流れ(原作のおまけシーン)に繋がる。

華麗なるビクトリーム様(と同時に若本規夫氏)といえば「ブルァアア!」でお馴染みのキャラクターであるが、これは原作の時点で使われている。
というのも、雷句誠先生の作品ではしばしば他のキャラクターにも使われており、事実高嶺清麿もこの悲鳴を発したことがある。
雷句先生の読み切り作品「玄米ブレード」の主人公である五輪玄米も同じ悲鳴を発しており、何気に歴史は深い。

コミック完全版でもまさかのモブ同然であったモヒカンエースと共に6巻の表紙を飾っている。
雷句先生曰く「ビクトリームとモヒカンエース」か「ゾフィスココ」で、ものすごく迷ったらしく、ゾフィスとココのカラーを描きたくて仕方なかったようだが、ファンはビクトリームの方が喜ぶだろうと採用されたらしい。

関連タグにおさらばだ!

金色のガッシュ!! 金色のガッシュベル!!
ベリーメロン メロン
レイラ パムーン ベルギム・E・O
強力若本
ロデュウレイコム…ビクトリーム同様、最初から最後まで敵だったが、ガッシュがクリアに対して激怒した際の回想に登場した魔物達。

ジェラシット…ふざけてるのに強い、顔が似てるなど共通点は結構ある。中の人は清麿だが。

ビクティニ
ウルトラマンビクトリー…モチーフがV(ビクトリー)繋がり。

関連記事

親記事

スカイグリーン本組 すかいぐりーんほんくみ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビクトリーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ビクトリーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259215

コメント