ピクシブ百科事典

赤染衛門

あかぞめえもん

「赤染衛門」とは、平安時代中期の歌人である。
目次[非表示]

「やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな」

プロフィール

生誕 天暦10年(956年)頃
死没 長久2年(1041年)頃


概要

CV:平野文

中古三十六歌仙の一人。
「小倉百人一首」第59番や、歴史物語「栄花物語」の作者としても知られている。
大江匡房は曾孫にあたる。

第66代一条天皇の中宮彰子の女房としてに仕えながら、夫・大江匡衡との夫婦仲も良好で良妻賢母であった。同僚である紫式部や和泉式部、そして政治的に敵対の立場である中宮定子の女房・清少納言とも親しかったと言われている。

関連イラスト

赤染衛門×紫式部
うた恋い。  うわ~なに?  こいつ!!!。



関連タグ

百人一首 栄花物語 うた恋い。 超訳百人一首 うた恋い。 歌人 平安時代 中古三十六歌仙 

外部リンク

赤染衛門 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「赤染衛門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147

コメント