ピクシブ百科事典

武士道

ぶしどう

武士階級の倫理・道徳規範をなす思想。人により解釈が異なり、時代によっても内容が変化する。
目次[非表示]

「武士道は死狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの」(『葉隠』より)

概要

主に武士のあいだで誕生し発展していった倫理道徳規範をなす思想である。儒教仏教の影響や時代背景により内容が発展・変化していき、同時代にあっても人により解釈が大きく異なっていた。よって、「これこそが武士道」「武士とはこういうもの」と言い切ることはできない。

例えば上記の『葉隠』は江戸時代に主流であった儒学的武士道を「上方風のつけあがりたる武士道」と批判したものである。

源平合戦を描いた『平家物語』では屋島の戦いにおいて、那須与一の技巧を讃えるべく敵方=平家の武士が舞を行ったところ、与一の上官源義経は隙だらけのその武士を射殺させた。この義経の行いに対し「よくやった」と褒める者もいれば「むごいことを」と咎める者もいたとあり、その頃から「武士の取るべき行い」について武士たちの意見がまとまっていなかったことがわかる。

中世の武士道

武士道という言葉が初出するのは戦国時代だが、武士として求められるあり方は、それより前から存在していて、鎌倉時代にはすでに形成されており、その大枠は、

・戦で功績を立て、生き残る。
・それにより、仕える主家や自分の一族(家来を含む)の発展に役立てる。

というあくまでも実利的なもので、もちろん、(短期的な)利益ばかりを重視し過ぎては成り立たないため、一所懸命に公正に働く、道義を守る事も大切にされ、民衆の評判を高める事にもつながっていた。

武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」(朝倉宗滴

古き物語を聞ても、義を守りての滅亡と、義を捨てての栄花とは、天地各別にて候」(北条氏綱

 という対象的な言葉が伝わるが、兄や甥の下で、守護を排除してのし上がった新興の一族を支えていた宗滴(一族としての功績を上げるのが必要だが、個人で必要以上の人望を得るのは危険)と、当主ではあるが地域において新参者であった氏綱(味方を増やし生き残る事が最優先)の立場の違いもあるだろう。

当時の主従関係はあくまでも、主君の「御恩(社会的保証を与える)」と臣下の「奉公(仕える)」が揃っていないと成り立たない双務的なものであり、能力の無い暗君や臣下に害を与える暴君は、むしろ見捨てられて当然であった。主君も臣下を死地へと送る立場である以上礼節を持って接するべしとされ、あまりに無礼な態度を取れば主君が臣下に無礼討ちされてもやむなしという気風であった。
江戸時代以降のように一方的な奉公を要求しても、

お前は何を言っているんだ

と返されるのがオチであっただろう。

宮本武蔵の手がけた『五輪書』に記された内容には、

「武士が歩む兵法の道とは、何事においても人より優れることが本道であり、一対一の斬りあいに勝ち、数人との斬りあいに勝ち、主君のため、自分のため名をあげて身を立てようと思うこと。これが兵法の徳である。」(『地の巻』より)とある。


近世の武士道

江戸時代には中世由来の敵討が制度化され、また切腹が確立した。

1615年の大阪夏の陣で豊臣氏が滅ぼされると、徳川幕府の絶対的な支配が確立し、戦国の世は完全に終焉を迎えた。戦国時代の終焉と共に、漠然とした共通認識に過ぎなかった武士道も理論体系化されることになる。天下泰平の時代となり戦争が起こらなくなると、導入された儒教思想に基づいた、武士という共同体の職業倫理であり道徳律でもある武士道が形作られていく。武士道は、「奉公とは「御恩」の対価である」とするような実利的なものから、名誉を何よりも重んじ、主君への絶対的な忠誠を要求する観念的なものへと変化していった。

ただ、武士が忠誠を尽くす対象は、あくまでも主君「個人」ではなく主家という「共同体」である。従って、あまりにも行跡の悪い、いわゆる「バカ殿」は、「お家の安泰」を乱すと考えられると家臣合議のうえ「主君押込」で排除し、新たな主君を立てる慣習もあった。しかし、江戸時代初期にはまだこの考えが薄く、直接の主君が死ぬと家臣も後を追う殉死が流行っていた。これは天下泰平の時代にあって戦働きで主君への忠誠を示すことができなくなったためだが、背景には戦国~江戸初期に流行ったかぶき者男色の風習との関連があったともいわれている。

一方で、いくら現実とすりあわせても武士道という概念が個々人の生き方を束縛し、価値観の牢獄に人を押し込んでしまうのも事実であった。時代を経るに従って、こういった武士階級の鬱屈は”武士であることの誇り”を生み出すことによって解消する方向に働き、武士道は自己賛美や自己満足が混じったものへと変質してゆくことになった。

なお、上記の佐賀藩山本常朝の「葉隠」は今でこそ知名度は高いが、江戸時代に知られていたのは佐賀鍋島藩の中で要職についている者の間だけであり、内容は行動と倫理を切り離すような近世風の武士道を否定するものである。また、藩主の側近であったという経歴と内容は強い関係があり、直接の主君に仕える事を最優先している。

「武士道と云ふは死ぬ事と見附けたり」

という有名な言葉があるが、これはあくまでも「死に物狂いで取り掛かれ」という意味であり、正しい判断により正しい行動を行えた時に避けられない死を迎えるのならともかく、無意味に死ぬ事は勧めていない。
確かに、「二つ二つの場にて早く死ぬ方に片附くばかり也」(二者択一なら早く死ぬ方を選べ)と続けているのだが、この節は「常住死身なりて居る時は武道に自由を得一生落度無く家職を仕果すべき也」と締めくくられている。「一生落ち度無く家職」、つまりその家が代々受け継ぐ職務をまっとうするのが目的であって、死ぬ事が目的では無いのである。
葉隠で述べられた武士道論は、過度に美化され侍の自己満足が多分に入り込んだ江戸時代の武士道に対するアンチテーゼであり、言わば原点回帰の思想であった。ために、当時の社会常識とは相容れず禁書扱いされていた。

近代以降の武士道

近代に入ると、武士道の形はさらに変化する。

明治維新以降、新政府は武士階級の解体を行った。身分ではなく能力によって官位が決まる社会に移行することで、富国強兵を果たそうとしたのである。 不満を持った士族による反乱も相次いだが、どの反乱も鎮圧され、武士の時代は完全に終わりを告げる。

ところが、富国強兵の理念において、武士道精神は武士という特定階級を超えた国民道徳として持ち出され、再生させられる。いわば「日本人はみなサムライである」と主張されるようになったのである。
武士階級は日本人のうち一割程度に過ぎなかったのだから、本当ならこの理屈はおかしい。この過程で『葉隠』の「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」の一節が過剰に強調され、日本の陸海軍において兵士が刺し違えてでも敵を倒し国を守ることを重んじる『玉砕』の体質が形作られていった。

またこの時期、プロテスタントのクリスチャンであった新渡戸稲造が1900年(明治33年)英語で執筆した書籍"Bushido: The Soul of Japan"(邦題:『武士道』)が世界的なベストセラーとなり、翻訳書が日本にも"逆輸入"されて、「武士道」のイメージにキリスト教的な価値観が混入した。新渡戸の著作は戦後、ある種の通俗道徳書としてビジネスマン等に深く受け入れられ、『士魂商才』と言う言葉が生まれた。

騎士道との対比

日本武士道は、ヨーロッパ騎士道と対比されることがよくある。

武士道の場合はの存続と主君への忠誠が、騎士道の場合はキリスト教信仰にかなう行為が、それぞれ最も優先されるという違いがある。

また、武士道では敵への降伏を拒否し自決することがあるが、騎士道ではこれはありえない。カトリックでは自殺は禁じられており、自決は名誉どころか不名誉にあたる。もちろん、勝利のためならば死ぬまで戦うことを厭わないというのが騎士の姿であった。

他に大きな違いを上げるなら、女性への扱いがある。武士道はあくまで男限定の思想であり、女性はそこに含まれていない。しかし騎士道は女性への愛が重要視され、女性を争いから守り、また女性には従うべきだという思想がある。とくにフランスにおいては、女性への愛は「主君」や「神」より上位にあるとさえ考えられた。

また、誕生の経緯にも違いがあり、上述の通り騎士道は戦乱の中、際限ない暴力に陥りがちな騎士の暴走を止めるために生まれたとされるものだが、武士道は逆に、平和な江戸時代に武士はどのように生きるべきか、という考えから発展していった。

関連イラスト

纏
「わしも18時にあがるのだがっ!」


侍
さむらいちゃん



武士道


断じて違う。

関連タグ

日本 日本文化 武士 思想
騎士道(騎士道精神):西洋騎士における概念。武士道と似ている所もあるが、真逆な所もある。

関連作品

シグルイ 覚悟のススメ サムライスピリッツ 武士道シリーズ

関連キャラクター・人物

ミスターブシドー グラハム・エーカー ロロノア・ゾロ

関連記事

親記事

武士 ぶし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「武士道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366776

コメント