ピクシブ百科事典

織田信秀

おだのぶひで

戦国時代に生きた尾張の戦国武将で、織田信長の父である。「尾張の虎」の異名を持つ。
目次[非表示]

生涯

永正7年(1510年)、尾張(愛知)の守護代織田一族の織田大和守家(清洲織田家)の家臣・織田信定の嫡男として生まれた。大永7年(1527年)に当主となった。
大和守家の家臣であったが、天文元年(1532年)に今川氏豊の居城・那古野城(後の名古屋城)を奪って居城とし、自立して勢力を拡大。足利義輝にも拝謁し、朝廷にも献金を送った。津田や熱田などを中心とした商業の活性化による国造りをしていたとされる。
東の今川家とは勢力拡大で対立を繰り返し、経済的要所を獲得。三河を主戦場に争い、三河松平氏の嫡男竹千代を、謀略を用いて今川家から奪うなどした。西の斎藤家の斎藤道三とは、美濃から追われた土岐頼芸を保護したことで対立。土岐氏復活の兵を出し、一度は大垣城を占領するも奇襲と道三の援軍に来た朝倉宗滴に敗れた。
その後は大和守家とも対立が起こり、内外の敵が増えてしまう。更に小豆坂の戦いで今川に敗れて以後は今川との戦いで劣勢となる。そこで道三と和解し、息子・織田信長と道三の娘・帰蝶濃姫)と結婚させた。
晩年、今川家との対立が続く中、那古野城を信長に譲って末盛城に移り、急死。享年42歳。
没年には諸説あり、天文18年(1549年)や天文21年(1552年)など定かではない。
ちなみに希代の艶福家としても知られ、多数の側室や側女を抱えており、、死ぬ寸前まで子作りに励んでいた。結果、子供も男女合わせて25人以上いた。


信長との関係

嫡男織田信長は少年期から奇行が目立ち、「尾張の大うつけ」の異名で知られるほどだった。
家中でも信長に対する不満は信秀存命中から激しく、生母である土田御前でさえ信長を毛嫌いし、品行方正な勘十郎信勝を寵愛、信長の廃嫡を求める声は大きかった。
しかし、それら周囲の反対の声にも関わらず、信秀はこれらを無視して一貫して信長を嫡男に据え続けており、彼を自身の後継者として認めていた節があったとされている。


創作上の信秀

晩年今川家との苦境に立たされたとはいえ、信長の父親で織田家の基礎を作ったとして彼自身も一廉の人物として描かれる。また、品行方正な織田信勝ではなく、うつけと評判だった信長を嫡男と据えていたことから、フィクションにおいては信長の才能を認めていた、愛情を持っていたとして描かれることが多い。

信長の野望シリーズ

ゲームシナリオの多くは信秀死後の信長による尾張の統一や桶狭間の戦い以後からスタートするため、彼が出てくることは少ないが、パラレル世界の設定や、さらに過去を舞台としたシナリオでは織田家当主として登場する。信長の父として全体的に高い能力値に設定されている。

センゴク

本編外伝である『センゴク外伝 桶狭間戦記』に登場。物語序盤から中盤にかけての中心人物。今作では跡継ぎを庶子の織田信広に定めているが、その一方で信長とは奇妙な愛情関係を見せる。その先見性、武勇、知謀を持って、守護又代家の家老の末族に過ぎなかった織田弾正忠家を、尾張56万石最大勢力へと躍進させた。その謀略と治政は太原雪斎を驚愕させ、今川義元から『天魔』と評されるほどである。
最終的な三河領有に失敗した後は身体的な衰えと共に覇気を失い、同族、織田信清の反乱を鎮めたことを最後に、信長に後事を託して死亡した。


関連タグ

戦国武将 戦国時代 尾張
織田信長 織田信勝 土田御前 織田信包 織田長益 お市 平手政秀 斎藤道三 今川義元

pixivに投稿された作品 pixivで「織田信秀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16848

コメント