ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
戦国時代・安土桃山時代の戦国武将。織田有楽斎の出家前の名前。

戦国時代安土桃山時代戦国武将織田信長の弟。

出家して織田有楽斎と号した。

戦国時代安土桃山時代戦国武将織田信長の弟。

出家して織田有楽斎と号した。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • きょうだいつながり

    (切れぬ縁) 長益とおいっちゃんの喧嘩未満話、からの明智&おゆきちゃんを添えて。 10巻でサブローを海に例えたおいっちゃんが、17巻で空に例えた(例え方を変えた)理由を考えた。 そして兄弟っていいよね、という気持ちを形にしました。 きっと「海派お市 VS 空派長益」がのちに、それもアリかと勝手に相手の解釈を自分のものにしたんだよ。 兄弟ってそんなもんですよ。しれっと自分のものにしてるんですよ。 それが発覚してまた喧嘩するんですよ。 まあ、なんにせよ兄弟っていいよね。 表紙はこちらを借りました(https://www.pixiv.net/artworks/59557398)
  • 常初花

    原作12巻、第63話。挿話。 天正4年(1576年)秋。 安土城の日常。 兄と弟、伯父と姪。 *** <後記>  サブロー&ちびっこの可愛いお話が読みたくなり、浅井三姉妹の次女・初との、のんびりほのぼのしたひととき書いてみました。  茶々の時とは趣向を変えようと長益を投入したところ、予想以上に兄上ラブな本音がクロスオーバーしてきて、意外な仕上がりになりましたが、これまた楽しかったです。  この兄弟の関係も面白いですよね。  『天下布武之帳』によれば、二人は《甘える》《甘やかす》間柄だそうですし。(笑)  確かに、サブローさんは弟妹たちに甘いと思います。  元々、“きょうだい仲良くしなきゃ”という意識もあったのでしょうけれど、信行の死の影響もあるかもしれません。  守るべき対象である(と思っている)弟とうまくいかず、不本意に死なせてしまったことを、どこかでずっと引き摺っているんじゃないかなぁと、ふと感じることがあります。  史実の信長公も、身内の、特に女性には優しかったらしいですね。  お市と共に手許に引き取った三姉妹のことも大事にしていたそうですし、サブローさんも姉妹のことは常々気にかけているのでしょう。  初は永禄13年(1570年)頃の生まれなので、作中では数えで7歳くらい。  生家の小谷城が落城したのが天正元年(1573年)なので、当時は数えで4歳。  原作でも、父と伯父の交戦の経緯は詳しく知らされていないようだし、あのおとなしい性格にも関わらず、岐阜城に引き取られて早々に懐いていたので、きっとサブローさんに可愛がられたんだろうなと思われます。  三姉妹の中では今一つスポットが当たりにくい子だけれど、だからこそ、彼女の気持ちを掬い取ってあげたかった。  副題は「サブロー信長の育児日記」といったところでしょうか。  一方の長益は、信長の13歳下の弟。  前半生の事歴は不明ですが、父・信秀の死後、家督を継いだ信長を父親代わりに育ったようです。  おいっちゃん同様、物心つく頃にはサブローが兄だったわけですから、何ら違和感なく接し、慕ったのでしょうね。  作中では数えで30歳。  既に結婚もしている筈ですが、嫡男である次男・頼長が生まれたのが6年後の天正10年(1582年)と、かなり遅くになってから子どもを授かっています。  (長男で庶子の長孝は生年不明ですが、さほど間は開いてなかろうかと。)  ちなみに、長益の正室・清は平手政秀の娘だったことからも、当初から信長陣営の側にいたということでしょうか。  この時期の動向としては、天正2年(1574年)に尾張国知多郡と大野城を与えられたものの、水利が悪いため、大草の地に築城を開始。  しかし、本能寺の変の影響で荒廃したらしく、小牧・長久手の戦いの後、摂津に所領を移されたため、大草城は完成することなく、未完のまま廃城となったそうです。  作中では、兄の許を離れる気のない長益が、大草城の普請を急がせることなく、のんびり安土城内に居を置き、サブローにも許されているという裏設定としています。  また、作中に登場させた「初花肩衝」は、楢柴肩衝・新田肩衝と並ぶ、天下三肩衝と呼ばれた茶器の1つです。  重要文化財指定の名称は、「唐物肩衝茶入 銘初花(からものかたつきちゃいれ めいはつはな)」。  古来、大名物として名高い陶製茶入で、中国の南宋あるいは元時代の作と推定され、戦国時代に日本に渡来したそうです。  室町幕府8代将軍・足利義政の命名とされています。  日本に伝来する以前は、楊貴妃の香油壷であったという伝説もあるほどの、一流茶器。  義政から村田珠光、門人の鳥居引拙の所持となり、京都の商人である大文字屋疋田宗観が買い上げ、“名物狩り”によって織田信長の所有となります。  天正5年(1577年)に、嫡男の信忠が三位中将に昇進した祝いと家督相続の印として、他の茶道具と共に譲られましたが、天正10年(1582年)、本能寺の変により岐阜城から流出。  具体的な経緯は不明ですが、松平親宅の所有となり、その後、徳川家康に献上。  さらに、天正11年(1583年)に賤ヶ岳の戦いの戦勝祝いに、豊臣秀吉へと贈られる。  (茶会でこれを飾ることにより、織田政権の後継者であると周囲に示そうとしたと見る向きがあります。)  秀吉の死後は宇喜多秀家へ相続され、秀家が関ヶ原の戦いに敗れると、再び家康の手に戻ります。  そして、大坂の陣で戦功のあった松平忠直に恩賞として与えられ、津山松平家によって受け継がれ、綱吉の世に将軍家へ献上されました。  以降、徳川家の家宝となり、現在は徳川記念財団が所有しているとのこと。  (尚、「初花の茶入」と「初花の茶壷」は、混同しやすいけれど別物とか。)  尤も、『信コン』では信忠は登場しない(というか存在しない?)ので、サブローさんの気紛れな一存で、お菓子入れとして姪っ子へプレゼントすることにしました。
  • 学校シリーズ

    姫様学級

    殿の姪っ子たちが在学する姫様学級が開かれ、お市と長益は学級担任の座を争うが…。
  • 怖いものシリーズ

    本当に怖いのは

    忠勝君より、久ちゃんの方が怖いと思う、そんなことから浮かんだ話。忠勝君、久ちゃん、浅井三姉妹のお初ちゃんの他、殿と長益君も出てきます。ちっちゃいお初ちゃんを抱っこする忠勝君と、それを取り返そうとする久ちゃんの姿を描写したシーンがあります。内容的にはグロテスクではないと思いますが、外見からすると怖いかもしれません。その点をご理解の上、お読みいただけますよう、お願いいたしまする。ちなみに、忠勝君はまともないい人です。
  • 第七章「上洛」

    12.上洛四日前

    「戦国火炎戦記 神炎」 第七章 上洛 12.上洛四日前 第一章「幼少」→https://www.pixiv.net/series.php?id=654299 第二章「大蛇」→https://www.pixiv.net/series.php?id=654344 第三章「家族」→https://www.pixiv.net/series.php?id=664124 第四章「轟く」→https://www.pixiv.net/series.php?id=672143 第五章「美濃」→https://www.pixiv.net/series.php?id=679693 第六章「斎藤」→https://www.pixiv.net/series.php?id=694575 第七章(本章)「上洛」→https://www.pixiv.net/series.php?id=701742 本編外読み切り→https://www.pixiv.net/series.php?id=670924 本編外読み切り(織田以外)→https://www.pixiv.net/series.php?id=678926 ---あらすじ--- 上洛前にやっておかなければならない仕事として、六角から下った者達との謁見に忙しい信長。 思わぬ足止めは、我儘な足利義秋のせいで…。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー