ピクシブ百科事典

平手政秀

ひらてまさひで

織田家に仕えた戦国時代の武将。

生涯

延徳4年(1492年)~天文22年(1553年)

織田信秀に仕える重臣として外交面に携わり、茶道和歌にもう通じた文化人であった。
天文3年(1534年)、織田信長が誕生し傅役となって次席家老も務め、 信長の後見人や教育係として元服や初陣、婚儀まで面倒を見た。
天文17年(1548年)、織田家と対立していた美濃の斎藤道三との和睦を成立させ、信長と濃姫の婚約を取り纏めた。
信秀が急死し混乱が家中で続く中で、天文22年(1553年)に自刃した。享年62歳。
自刃の理由ははっきりせず、信長の奇行を諌めるためであったというのが有名。他にも信長と織田家中の政争のためや、他の重臣との権力争いのためとも諸説ある。
信長は政秀の死を弔うため沢彦宗恩による開山で「政秀寺(せいしゅうじ)」を建立した。

関連タグ

戦国時代 武将 織田信秀 織田信長 斎藤道三

pixivに投稿された作品 pixivで「平手政秀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1145

コメント