ピクシブ百科事典

茶道

さどうもしくはちゃどう

日本の芸道のひとつ。
目次[非表示]

概要

茶道とは、湯を沸かし、を点(た)て、茶を振る舞う行為。またそれを基本とした様式と芸道。
一般には「さどう」と読むのが普通だが、流派によっては「ちゃどう」と読んだり、「茶の湯」と言い換える事もある。一説には「さどう」を正式な読みとしているのは表千家だけとも。
呼称が複数存在するのは、貴人に茶を教える役目を指す「茶頭(さどう)」など、同音異義語との混同を避けた結果と言われる(諸説あり)。

元来「茶湯」(ちゃとう)「茶の湯」といった。
千利休は「数寄道」、小堀政一(遠州)は「茶の道」という語も使っていたが、江戸時代初期には茶道と呼ばれるようになった。
海外では「Japanese tea ceremony(=茶の儀式)」として岡倉天心が紹介し、以後その名前で定着する。
主客との一体感を旨とし、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされる。
茶碗に始まる茶道具や、茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は、個々の美術品である以上に全体を構成する重要な要素となっている。

関連イラスト

うpてすと.
ひこに庵・お茶会



関連タグ

お茶絵 茶筅 茶杓 抹茶 煎茶 わびさび 侘び数奇 和服 着物 正座 
初釜

胡座 ⇨ 関連記事?有り。

pixivに投稿された作品 pixivで「茶道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190775

コメント