ピクシブ百科事典

篤姫

あつひめ

江戸幕府第13代将軍徳川家定御台所。
目次[非表示]

史実の篤姫

天保6年12月19日(1836年2月5日) - 明治16年(1883年)11月20日)

概要

幕末薩摩藩島津分家に生まれ、本家当主島津斉彬の養女になり、徳川家に嫁ぎ、江戸幕府第13代将軍徳川家定御台所正室)となった。

当時、将軍後嗣問題が浮上。徳川家定の後継に一橋慶喜を推す一橋派と、徳川慶福を推す南紀派が対立していた。

一橋派水戸藩主・徳川斉昭(慶喜の父)、越前藩主・松平春嶽尾張藩主・徳川慶勝薩摩藩主・島津斉彬(篤姫の父)、宇和島藩主・伊達宗城土佐藩主・山内容堂ほか
南紀派彦根藩主・井伊直弼大奥ほか
父、斉彬から次期将軍を慶喜とするよう密命を帯びての婚姻だったが、大奥を批判する水戸藩は大奥から嫌われ、篤姫の政治工作は失敗。1年半後には夫、家定が死去し、父斉彬も亡くなる。
夫、家定が死去後、落飾し天璋院と名乗る。

南紀派の家茂が14代将軍になり、井伊直弼が大老として権力を握ると、一橋派を初めとする反対派の粛清(安政の大獄)が始まると篤姫身辺の者にもその手が及んでくる。
強権の発動と志士の弾圧によって、かえって諸藩の志士の幕府への反発は強まり、水戸脱藩浪士(薩摩藩士1名含む)により報復として井伊が暗殺(桜田門外の変)される。
その後一橋派が復帰。

天皇の許可無く開国したことで悪化した、朝廷と幕府の関係改善(公武合体)の象徴として、家茂の正室に孝明天皇の妹、和宮が降嫁する。
和宮とは嫁と姑(篤姫)の関係になる。皇室出身者と武家出身者の生活習慣の違いもあってか不仲だったが、後には和解したと言われる。一方、天璋院が自ら擁立する予定だった慶喜とは仲が悪かった。

鳥羽伏見で実家(薩摩藩)と嫁ぎ先(幕府軍)と衝突。幕府は朝敵となり、慶喜は江戸へ逃げ帰る。
かつて父の部下で現在は倒幕軍を指揮する西郷隆盛に書状を出し、徳川の救済と慶喜の助命を訴える。江戸城無血開城を前にして大奥を立ち退いた。

人物

  • 明治維新後は、江戸開城により仕事を失った元大奥関係者の就職・縁組に奔走していた。死後に確認された所持金は3円(現在の6万円ほど)しかなかったという。
  • 大奥に入った篤姫君が猫を飼い、その猫のエサ代が年間25両だったと記載されている。
  • 日本人で初めてミシンを使ったと言われる。因みにミシンを贈ったのはペリーだと言われる。


大河ドラマ「篤姫」

篤姫』は、2008年1月6日から同年12月14日にかけて放送された47作目のNHK大河ドラマ
江戸時代末期(幕末)を舞台とし、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(のちの天璋院)の生涯を描く。

スタッフ

原作・宮尾登美子 『天璋院篤姫』
脚本・田渕久美子
音楽・吉俣良

登場人物

天璋院(於一/篤姫)…宮﨑あおい/宮崎あおい
小松帯刀瑛太
幾島松坂慶子
島津斉彬高橋英樹
徳川家定堺雅人
勝海舟北大路欣也
和宮堀北真希
西郷吉之助西郷隆盛)…小澤征悦
大久保正助大久保利通)…原田泰造
坂本龍馬玉木宏
滝山稲森いずみ

登場作品

小説

宮尾登美子:『天璋院篤姫』(講談社、1984年刊)2008年大河ドラマ原作

ドラマ

『徳川慶喜』(1998年、NHK大河ドラマ、演:深津絵里
『大奥』(2003年、フジテレビ、演:菅野美穂
『篤姫』(2008年、NHK大河ドラマ、演:宮崎あおい

関連タグ

江戸時代  幕末  宮崎あおい  大奥
ドラマ NHK 大河ドラマ 2008年
風林火山(前年) 天地人(翌年)

pixivに投稿された作品 pixivで「篤姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18182

コメント