2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

平安時代末期、鎌倉時代初期の女性。鎌倉幕府を開いた源頼朝の長女で母は北条政子。頼朝と政子の間の最初の子供であり、兄弟には、弟に頼家実朝、妹に乙姫(三幡姫)がいる。

大姫とは貴人の長女を意味する通称で、本名は不明。本名は一幡とする説があるが詳細は不明(ちなみに妹乙姫は三幡姫とも言われている)。

6歳の時に頼朝と対立した源義仲との和睦のため、鎌倉へ人質として送られた義仲の嫡男・義高と婚約する。親の思惑が仕組まれた婚約であったが、大姫と義高は兄弟のように仲むつまじく、特に大姫は未来の夫となる義高を慕っていた。

しかし、義高の父親である義仲が頼朝との争いに敗北すると状況は一変。頼朝は、利用価値のなくなった義高を殺害する事を決意。侍女たちから知らせを受けた大姫は、明け方に義高を女房姿にさせ、侍女たちが取り囲んで邸内から出して鎌倉を脱出させる。だがそれを知った頼朝は激怒し、部下に追撃を命じた。
義高は潜伏していた場所で藤内光澄によって捕らえられ処刑。しかし、光澄は義高の首を大姫の住む屋敷まで持って頼朝に報告。それを知った大姫はショックのあまり水も喉を通らなくなり、憔悴して病気になってしまう。
政子は大姫の病の原因が義高を討ったためだと頼朝に強く迫り、藤内光澄は晒し首にされた。

この事件によって7歳だった大姫の心は深く傷つき、義高への思いに囚われては床に伏す日々が続いた。

17歳の時に従兄弟の一条高能との縁談話が舞い込むが、亡き義高を恋い慕う大姫は「そんな事をするくらいなら深淵に身を投げる」と拒絶。頼朝はそれ以上縁談を進めることをあきらめる。

その後、頼朝は大姫を天皇のもとへ入内させようと画策したが、大姫の病が悪化したことにより実現することはなかった。

両親はあらゆる手を尽くして、寺院に病気平癒を願ったが、大姫は病から回復する事なく建久8年7月14日(1197年8月28日)に死去した。享年20。


大河ドラマ『草燃える』では

演:池上季実子/西尾麻理(少女期)/斎藤こず恵(少女期)

政子がもう一人の主人公としてクローズアップされている本作だが、大姫についても、大姫と義高の交流を含めて、幼少時から大姫について丁寧に描かれている。

とても明るく元気な性格で、その屈託のない言動で屋敷中を和やかな雰囲気にしていた。
木曽義高と恋におちるが、義高を父頼朝に誅殺されて破局する。これが原因で精神を病み、生来の明るさは失われて陰鬱な性格になり、やがて若くして病死した。

川で溺れかけた大姫を義高が助けたり、義高の死後は両親を淡々と恨む様子が描かれるなど(政子は義高を助けようと尽力していたので、政子に対する恨みは大姫の逆恨みなのだが)、義高との描写が強く描かれて悲しくも一途な姿が描かれている。
政子の娘だけあり、愛する人を死んでも一途に愛し続ける情熱を持ち、静の子供を殺させた頼朝を罵倒したり(見かねた政子が平手打ちをして大姫をたしなめるほど)、気性の激しさも見せていた。

成長した大姫が、鎌倉の街中で藤内光澄(義高を討ち取ったが、大姫が義高恋しさのあまりふさぎ込んでしまったために、大姫の恨みをそらそうと頼朝が処刑させた武士)の母と出会い、光澄の母は相手が大姫とは知らずに「大姫に我が息子を殺された」「大姫は我が子の仇」と大姫への恨みを話したために、大姫はショックで気がふれてしまう等、かなり過酷な場面も描かれた。ドラマのノベライズ版「草燃える」では大姫と光澄の母の場面では、大姫の代わりに政子が光澄の母と偶然会う場面に変わっていて、光澄の母は大姫ではなく政子への恨み「大姫が義高恋しさにおかしくなってしまったのを怒った政子が光澄を殺してしまえと言ったから光澄は殺された」と話していた。

また、義高を忘れられずにいる大姫を見かねた頼朝と政子は、霊能者に義高の霊を呼び出してもらい、巫女に取り憑いた義高の霊と大姫が会話する場面があるが、逆効果になってしまい、大姫の死を早める一因となるなど、藤内光澄の母との一件と合わせて、内因性だけでなく外的要因からも精神が壊れる様子が描かれた。

ドラマのノベライズ版といえる小説『草燃える』でも、ドラマで描かれなかった大姫の心情が切々と描かれていて、病気が重くなった大姫は政子に、父頼朝が自分の入内の話が一門の誉れと喜んでいるので入内を拒否できなかったため(大姫が拒絶して破談になれば、相手が帝だけに大問題になり、頼朝にも恥をかかすことになるため)、「仏様に私をお召しください(死なせてください)と祈りました」と話して、「私が死ねば入内の話はなくなります」「私は義高様の元にいけます」「今はただ許すとおっしゃって…」と政子の愛を知りながら受け入れられない自分を詫びながら死んでいった。
しかし同小説の改訂版『北条政子』では、ページ数の都合からか、上述の場面は台詞とともに大幅にカットされている。大姫ファンは『草燃える』の方を読むのをおすすめする。


大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では

演:難波ありさ/落井実結子(幼少期)

母政子と共に義高助命を父頼朝に懇願し、愛娘大姫の訴えに頼朝が折れて、出家を条件に義高助命を受け入れられるもの、時すでに遅く、義高は討ち取られてしまった。その後は心を固く閉ざしてしまった様子が描かれている。心配した政子によって八重に託されたが、八重を訪れた頼朝を恨めしそうに見つめてその場から去るなど、頼朝を恨んでいる。

第20回では義高を想起させるセミの抜け殻を見て(蝉の抜け殻集めが義高の趣味だった)、つらい過去を思い出すシーンが描かれた。

第21回では、明るくふるまっているが、スピリチュアルに傾倒していて、政子たちを困惑させていた。祖父・北条時政(坂東彌十郎)の体を突然のおまじないで気遣ったかと思うとイワシの頭をちぎり始め、見方によっては精神を病んでいる様子が描かれていた。しかし川に流されて行方不明になった八重の生存を願う政子たちに「無駄よ(祈っても無駄)」「生きているはずがない」と現実的に一喝するなど、一連のおかしな言動は縁談を避けるための芝居とも受け取れるが真相は不明。


第23回では、巻狩りでの万寿が手柄を立てたことを聞き、政子が「うんと褒めてやりましょう」と言うのに笑顔で頷いていた。


第24回では、頼朝の生還を家族そろって喜んでいたり、妹三幡と遊んであげるなど、表向き平穏に過ごしていた。しかし、お見合いをさせたり、インチキ霊媒までして自分を結婚させようとする両親に辟易して、巴御前を訪ねる。義高のことを聞いて己の中の義高への愛を再認識させたかった大姫は巴から彼女自身の話を聞いて、前向きに生きようと決意し、入内の話を進めるように頼朝に申し出て、両親を喜ばせる。
だが、丹後局に謁見した際、丹後局から母政子ともども礼儀知らずの田舎者と罵られ、ショックを受ける。これに関しては、政子たちの落ち度で(宮中や京における礼儀作法や帝を取り巻く状況をまったく知ろうともせずに入内しようとした)、宮中で熾烈な寵争いを経験した丹後局が厳しすぎる言葉を投げかけたのは当然だったが、無礼な相手を無視して退席しようともせずに対面を続けていた丹後局の態度には、宮中に入り這い上がろうとする者に対して、どう反応するかを面白がっていたという解釈もある。丹後局に対して、政子は言葉を真摯に受け止め、改めて礼を尽くしていたが、母ほどメンタルの強くない大姫には厳しい現実を突きつけられた形になった。
宮中で他の姫たちと競いながら、帝の寵愛を得て子を産まなければならない重責に耐え切れなくなった大姫は夜に抜け出してしまう。雨の中、隠れていた大姫を見つけた三浦義村に「入内などしても意味はない」「人は己の幸せのために生きる。当たり前のことです」と慰める。その直後、雨に濡れて体調を崩した大姫は倒れてしまい、そのまま病床にふしてしまう。
大姫は看病する政子に、「自分が好きに生きるということは、好きに死ぬということ」「死ねば義高様に会える」「死ぬのが待ち遠しくて仕方ない」と生きることを放棄し、回復することもなく20歳の若さで亡くなった。

大姫の死は頼朝をさらにおかしな方向に狂わせて、大姫の代わりに三幡の入内が決められ、さらに源範頼が暗殺されることになってしまう。

シビアな脚本で定評のある本作であるが、義高死亡回では、大姫が義高に贈った毬の紐が刀の鍔にからまり刀が抜けず、そのせいで義高が斬られてしまうなど、さりげない部分にも悲劇性が描かれていた。
また大姫死亡回では、巴の言葉を聞いて前向きに生きようと決意したものの、丹後局による嘲りを徹底的に受けて(これは嫌がらせでもあるが熾烈な寵争いから成り上がった丹後局の敵への情け、事前に朝廷側の状況を調べて入内工作を進めなかった頼朝の落ち度、という様々な意見が出た)、現実に絶望してしまい、生きる気力を失って死に至るなど、持ち上げて落とすという脚本家の手法がここでも生かされていた。


演者一覧

  • 池上季実子/斎藤こず恵(少女期)/西尾麻理(少女期):『草燃える』(1979年)
  • 野口真緒:『義経』(2005年)
  • 南沙良/落井実結子(少女期):『鎌倉殿の13人』(2022年)



大姫を扱った作品

  • あの日見た桜(スクウェア・エニックス)
  • ひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックス(マックガーデン)※あの日見た桜のリメイク版
  • 夢鏡(ゆめのすがたみ) 義高と大姫のものがたり(コバルト文庫)
  • 鎌倉盛衰記<一>海に眠る 義高と大姫(コバルト文庫)



余談

この人物とは真逆で、死んだ婚約者(夫となるはずだった男性)を一途に愛し、頑として別の男性を受け入れなかった珍しい姫君(武家の姫の在り方としては彼女が正しく、大姫は非常に我儘なだけかもしれないが)。その悲しいまでの一途さに歴史ファンからは人気が高く、昔からファンアートもよく描かれていた。


関連タグ

源頼朝 北条政子 源頼家 三幡 源実朝 源義高

千姫:父や祖父によって愛する夫を殺されたが、こちらは、その後、別の男性と再婚して子供までもうけている。

関連記事

親記事

鎌倉時代 かまくらじだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大姫」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「大姫」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58348

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました