ピクシブ百科事典

坂額御前

はんがくごぜん

鎌倉時代に実在した女武者。

概要

平安時代末期から鎌倉時代に生きた女性武将で、巴御前ほどではないが、女武者として有名で、古典にしか登場しない巴御前と比べて『吾妻鏡』にその名前が登場するため、実在した人物とされる。後世では「板額御前」と名が変わって広まった。

越後新潟)で勢力を持っていた城家は源平合戦では平家方に付いていたが、一族を率いた城資永が病死したために弟の長茂は源氏に降った。鎌倉幕府では御家人にもなり奥州合戦に従軍したが、建仁元年(1201年)に京都で源氏打倒を掲げて挙兵するも失敗し、吉野で討たれた。
一方、越後でも甥の資盛も呼応して挙兵。坂額も甥とともに鳥坂城に籠もって佐々木盛綱率いる幕府軍と奮戦した。『吾妻鏡』によれば、強弓の使い手と言われ、その奮戦振りを
「女性の身たりと雖も、百発百中の芸殆ど父兄に越ゆるなり。人挙て奇特を謂う。この合戦の日殊に兵略を施す。童形の如く上髪せしめ腹巻を着し矢倉の上に居て、襲い到るの輩を射る。中たるの者死なずと云うこと莫し」
と評した。
しかし、幕府軍の弓矢が両足に当たって捕虜となり、反乱軍は崩壊し、挙兵は失敗に終わった。鎌倉に連れて来られた板額は二代将軍・源頼家の前に引き出され、臆せず堂々とした板額に将軍や諸将は驚いたという。その後、甲斐山梨)の浅利義遠の申請で板額は妻として引き取られ、晩年を甲斐で過ごしたい言う。

関連タグ

日本史 平安時代 鎌倉時代 越後/新潟 女武者/戦乙女 巴御前

pixivに投稿された作品 pixivで「坂額御前」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180

コメント