ピクシブ百科事典

武田信虎

たけだのぶとら

武田信虎とは戦国時代の大名(1494年-1574年)。甲斐源氏・武田氏の第18代当主。
目次[非表示]

甲斐統一(前半期)

1494年、甲斐国の守護大名である武田家第17代当主・武田信縄の嫡男として生まれる。幼名五郎。元服後の初名は信直。

1507年、父信縄の死去により14歳で家督を継ぐこととなるが、その直後に信縄の弟で叔父の油川信恵が謀反を起こす。この当時の武田氏は一族内が安定しておらず、信恵は兄の生前から家督を狙って度々謀反を起こしていた。

更に信縄と先々代で信虎の祖父に当たる武田信昌との不和や、有力国衆の台頭もあり、甲斐国は長らく争乱状態にあった。そして今回の信恵の謀反には、他の叔父の岩手縄美栗原昌種や有力国衆の小山田弥太郎らが加担した。

だが信虎は1506年の坊ヶ峰合戦で信恵を初め有力者の大半を討ち武田家の統一に成功する。更には小山田弥太郎の後を継いだ小山田信有の服従に成功。1515年-1516年の間は今川軍との戦いに一進一退の攻防が続き、1517年には今川軍と一時的に和睦し、その3年後には大井信達を破ってその娘を室に迎えている。

1521年には福島正成(北条綱成の父)が攻めて来たが、要害山城に退いた後に飯田河原合戦、上条河原合戦の2つの戦いで今川勢を破った。(この年には長男の武田晴信が誕生している。)

更に1524年には関東に出兵し、山内上杉家と扇谷上杉家と後北条氏の争いに介入し、梨の木平の戦いで北条氏綱を破ったが、結局一進一退の攻防になってしまう。

1527年には佐久郡出兵を行い、今川家と和睦する事に成功するが、翌年には諏訪頼満頼隆親子を攻めるも失敗に終わり、4年後の1531年に飯富虎昌(山県昌景の兄)らが諏訪頼満の計略により反乱を起こすものの、同年4月に乱を鎮定した。

1536年には今川氏輝の死後に発生した花倉の乱(玄広恵探(今川良真)と栴岳承芳(今川義元)の後継者争い)では栴岳承芳を支援。その結果、乱は栴岳承芳方の勝利に終わり、翌年には長女・定恵院を義元に嫁がせ(なおその縁で自身が所有していた刀「宗三左文字」が義元の手に渡っている)、今川氏の仲介により嫡男・晴信の室に公家の三条家の娘を迎え、今川氏とは和睦して甲駿同盟を結ぶ。

更に後北条氏とも和睦するが、甲駿同盟は駿相同盟の破綻を招き、河東の乱が起こってしまう。1540年には今井信元を浦城で降伏させ、諏訪氏とは諏訪頼満の孫諏訪頼重の時代になると和睦し、三女・禰々を頼重に嫁がせて和睦する。

長男との敵対、甲斐追放、晩年(後半期)

しかし信虎は次第に息子・晴信を疎んじ、次男の信繁に後を継がせようと廃嫡を考え始め、更には自分が飼っていた猿が家臣に殺された事によって、その家臣を手打ちにした。

また当初こそは仁政を行ったが、次第に度重なる外征の軍資金確保の為に農民や国人衆に重い負担を課して暴政を行う等と家臣団との仲は悪化。

こうした出来事もあってか1541年、信虎は信濃国から凱旋し、娘婿の今川義元と会うために河内路を駿河国に赴むく。しかし甲斐への帰還中に息子の晴信が起こしたクーデターによって家督と守護代を簒奪されてしまう。

行き場を失った信虎は今川義元の元で蟄居生活を強いられ、やがて武田家当主復帰を画策を図ったものの、その2年後(1543年)には信虎は出家し、無人斎道有と名乗る。この名を名乗ったのはやはり甲斐復権を諦めて隠居を受け入れたと考えられる。

31年後(1574年)には三男・信廉の居城である高遠城に身を寄せ、孫の勝頼や家臣団と対面して刀芸を披露し、武田家への復帰を再度図ろうとした。しかし家臣団はかつて信虎がやった数々の非道や暴政などを反発。これにより復権は失敗に終わった。

同年3月5日に娘婿の禰津勝直の庇護の元、信濃高遠で81歳で死去した。

各メディアにおける武田信虎

信長の野望シリーズ

覇王伝PK版から初登場。1534年から大名を務めるが、1541年になるとイベント「武田三代の悲劇」が発生して追放される。

嵐世紀にて再登場。天道PKでは「武田三代の悲劇」に選択肢が追加された。

創造PKでは彼が武田家の大名の場合、政策の1つである甲州法度次第が出来ないので家臣の忠誠率に気配る必要がある。

戦国無双

武器:槍(3) 刀剣(4) 声:藤本たかひろ

地獄に堕とす…貴様を、貴様の民を、すべてを…!」(特殊台詞)
軟弱な!この乱世、軟弱者に武田家を預けてしまえば滅んでしまうわ!」(3Empries:乱世の理より)
その軟弱、武田家には不要じゃ」(同上)
見よ、これが甘い甘い王道の末路じゃ…だから、貴様には武田家を任せておけなかったのだ…だから…だから…」(3Empries:親子の再会)
どれ、わしが味方してやろう。敵を完膚無きまで叩き潰そうぞ」(3Emp:登用時台詞)

概要

3Empriesから初登場。甲斐武田家当主だが、信玄を軟弱と罵り痛めつけ、横暴に振る舞う。やがて戸石崩れ終了後に信玄に追放された。なお大名なのは戦史演武の序盤のみであり、プレイヤーとしては使用不可能。(プレイヤーとして使用可能なのは隠居後の時代(争覇演武)に限られる)

しかし川中島合戦終了後も今川家を操り、信玄を倒そうとするが信玄が今川家を攻めた事に失敗に終わる。だが、諦めるはずもなく今度は織田家を使って滅ぼそうとした。

長篠の戦い終了後、信玄との内通を疑われて信長に追放されるが最終的に信玄と共に織田軍を攻めている。エンディングでは天下統一を果たした信玄の前に現れて抱きあうと同時に短刀で信玄を刺し、芝居と思ってやはり軟弱者と罵倒するも信玄が天下統一した事が本当であった事を知り、信玄が絶命した際には号泣した。(実際は生きていたが)

その後は信玄の口から和解した事が語られた。

3Empriesでは帽子を被っていない固有の老将グラを持っているが、4では普通のモブになっている(4Empriesでは上記の特殊台詞は健在)

pixivに投稿された作品 pixivで「武田信虎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3806

コメント