ピクシブ百科事典

今川氏親

いまがわうじちか

今川氏親とは今川義忠の子。後に叔父の伊勢盛時(北条早雲)の協力によって第9目当主となり、分国法「今川仮名目録」を制定した。(1471年-1526年)
目次[非表示]

家督争い

1471年、今川義忠の子として誕生。幼名・龍王丸。兄弟に正親町三条実望の妻となった姉と弟に心範がいる。

1476年、遠江の塩買坂での戦いで父・義忠が討死すると家臣の三浦氏、朝比奈氏らは龍王丸の祖父である今川範忠の弟・今川範頼(小鹿範頼)の子である小鹿範満が一時的に今川家当主となった。

だが、家督争いは起こってしまい龍王丸派と範満派が分かれて数度の合戦に及ぶ事態になってしまう。更に横地・勝間田の両氏は斯波家に内通した理由も幕府が任命した正規の遠江守護(斯波義良)への帰参であった。これを義忠が妨害した事であった為に幕府は今川家を反逆者として判断し、龍王丸も家督継承どころか反逆者の一族として討伐される可能性もあった。この為、母・北川殿と共に逐電していたとされる。

この家督争いは更に堀越公方家臣・上杉政憲(範満の外祖父)と扇谷上杉家・家宰の太田資長も加勢し、龍王丸派らは危機に陥るが北川殿の兄(弟とも)である伊勢盛時が仲裁に入り、「龍王丸が元服するまで範満が政務と家督を代行する」という事で決着が着いた。

範満を討って第9代目当主就任

範満が今川館に入り、龍王丸は母・北川殿と共に小川城に身を寄せた。1479年、叔父の盛時が幕府に申請し、足利義政の名による龍王丸の家督継承の内書を獲得した。

しかし1486年、龍王丸が15歳になったのにもかかわらず範満は家督を返還せず、それどころか家督奪取の動きを見せて圧迫して来たのである。

約束を放棄された龍王丸は1487年に母と共に京に向かい、伊勢盛時に助けを求めた。もちろん、盛時は承諾して駿河へ下向。そして同年11月、叔父の力を借りて駿河館に籠る範満を滅ぼす事に成功し、同時に龍王丸は駿河館に入城。氏親と名乗って今川家第9代目当主となった。また叔父の盛時には富士下方12郷と興国寺城を与えた。

当主就任後の活躍

1491年に堀越公方に内乱が起こって足利茶々丸が後を継ぐと、1493年に茶々丸の弟で室町幕府11代目将軍・足利義澄の命により、早雲を派遣し茶々丸を追放して伊豆を平定。

更に遠江守護の斯波義寛とその子である斯波義達と対決。遠江守護斯波家との争いは1494年から1517年まで続き、最終的に引馬城に籠る大河内貞綱を破った事により義達が降伏した事によって遠江を平定したのである。

また早雲の関東進出にも協力し、更に扇谷上杉家当主・上杉朝良と同盟して山内上杉家当主・上杉顕定と戦い、1504年には立河原の戦いに早雲と共に出陣して顕定を破った。

1508年には義澄が前将軍・足利義稙によって将軍職を奪われると氏親は義稙を支持。その結果、幕府と将軍家から正式な遠江守護に命じられた。

1515年には大井信達に味方して守護・武田信虎と争い、中道往還沿いの勝山城を一時的に占拠。2年後の1517年には信虎と和議を結び撤退した。しかし撤退後も甲駿同盟が成立するまでは何度も甲斐侵攻を行っている。

斯波家を遠江から駆逐した翌年1518年以降は検地を実施。また、安倍金山を開発して財力を増した。また1505年に中御門宣胤を正室に迎えた事により、京とのつながりが強まり、京の文化を駿府に取り入れる。氏親本人も和歌と連歌を特に好んだ。

1526年に中風にかかって寝たきりになり、妻の寿桂尼が政治を補佐した。そして同年4月には戦国時代の代表的な分国法である『今川仮名目録』を制定した。分国法を制定したのは息子・氏輝が成人してなかったので家臣の反乱を抑える事だった。この分国法と検地の実施によって、氏親の代に今川氏は守護大名から戦国大名の段階へ移ったと言われている。

そして同年6月23日、55歳で死去した。氏親の葬儀は増善寺で執行され、7000人の僧侶が参加。葬儀の喪主は長男・氏輝が祭文を読み、棺の綱は五男・義元(当時栴岳承芳)、御位牌は三男・良真(当時玄広恵探)がもって曹洞宗最高の法式で行われた。

信長の野望

『蒼天録PK』から初登場。その後『革新』以降は架空シナリオ限定で再登場を果たした。今川家武将ではトップのステータスを持っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「今川氏親」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6174

コメント