ピクシブ百科事典

甘利虎泰

あまりとらやす

甘利虎泰とは、甲信地方の戦国武将。甲斐武田氏の譜代家老として、武田信虎・晴信の二代に亘って仕え、甲斐統一や版図拡大に貢献した。(1498年?-1548年)

概要

戦国時代、甲斐・信濃にて活躍した武将。甲斐武田氏の譜代家臣として数々の合戦に参加し、武田信虎時代の武田四天王や、後年の軍記などにおける「武田二十四将]]」の一人としても数えられる。また軍学書『甲陽軍鑑』においても、信虎時代に活躍した武将・荻原昌勝に劣らぬ剛の武者と評されている。
他方でこうした高い評価に比して、その来歴や行政責任者としての実務を示す資料は極端に少なく、虎泰と並んで両職(武田家中の最高職位)を務めた板垣信方以上に、その実像は未だ定かとなっていない。史料上ではっきりと確認出来る事績としては、「高白斎記」の甲府へ屋敷を新築したときや、諏訪郡上原城代の板垣信方へ晴信の上意を伝える使者を務めた時の、西郡鷹尾寺へ禁制を与えた際の文書があるのみである。

天文10年(1541年)の武田晴信(信玄)による信虎追放事件では、予てより晴信の才覚を見込んでいた虎泰は板垣や飯富虎昌原虎胤達とともに晴信に同調したと伝わっている。この時、主君である信虎を追放する事が天道に背く振る舞いではないかという懸念を抱いていおり、虎泰は武田氏の守護神・八幡大菩薩と重宝「御旗・楯無の鎧」の前で籤を引き、その結果が吉と出た事で同調を決意したとされる。
晩年に至っても晴信の信濃侵攻に尽力し、天文16年(1547年)の志賀城攻めでは、関東管領・上杉憲政が志賀城救援のために派遣した援軍を、板垣と共に別働隊として迎撃し、小田井原でこれを撃破せしめている。翌天文17年(1548年)に村上義清との間で繰り広げられた上田原の戦いにも参加しているが、先陣を務めた板垣を討ち取って意気盛んな村上勢の猛攻から晴信を守るべく、才間信綱初鹿野伝右衛門らと共に奮戦、遂に討死したという。

虎泰の死後、甘利家の家督は次男の信忠、さらにその息子の信頼が継いでいるが、武田氏滅亡とほぼ同時期に、戦国武将としての甘利氏の動向は史料上からは窺えなくなっている。

関連タグ

戦国時代 戦国大戦
甘利明 - 虎泰の子孫の一人とされる。

関連記事

親記事

武田信玄 たけだしんげん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「甘利虎泰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8850

コメント