ピクシブ百科事典

山県昌景

やまがたまさかげ

山県昌景(享禄2年(1529年)-天正3年5月21日(1575年6月29日))は、戦国時代の武将。甲斐武田氏の家臣で、武田四名臣の一人である。 武田軍最大の武器である『赤備え(あかぞろえ)』と呼ばれる騎馬隊を率いた猛将。
目次[非表示]

概要

飯富虎昌の弟とされているが、甥であるとも言われている(詳細は後述)。
旧名は飯富源四郎。
『甲陽軍鑑』に拠ればはじめ武田信玄の近習として仕え、続いて使番となる。
兄が創始した武田軍の代名詞たる騎馬軍団『赤備え(あかぞなえ)』部隊を率いたことで有名な猛将である。
身体的特徴として、背が低く、上唇裂だったと言われる。

経歴

晴信期の信濃侵攻における伊奈攻めにおいて初陣を果たし、神之峰城攻めで一番乗りの功名を立てたという。
天文21年(1552年)、信濃攻めの功績により騎馬150持の侍大将に抜擢される。その後も虎昌に勝るとも劣らない武者振りを発揮し、「源四郎の赴くところ敵なし」とまで言われた。永禄6年(1563年)、三郎兵衛尉を名乗る。その後も順調に戦功を挙げて、譜代家老衆に列せられて300騎持の大将となったという。

永禄8年(1565年)10月には信玄の嫡男・武田義信と彼の傅役だった虎昌が謀反を起こし、同15日に虎昌は成敗されたという(義信事件、高野山成慶院『甲斐国過去帳』)。
『甲陽軍鑑』によれば、昌景は血族である虎昌が関与している事を承知の上でこれを信玄に訴えたという逸話を記している。この功績により虎昌の赤備え部隊を引き継ぐとともに、飯富の姓から信玄の父・武田信虎の代に断絶していた山県の名跡を与えられて山県昌景と名を改めたといわれ、永禄9年8月時点での改姓が確認される。昌景は原昌胤ともに武田家の政治職である「両職」を務めたとされているが、文書上からは確認されない。

元亀3年(1572年)10月、信玄が西上作戦を開始すると、別働隊を率いて信濃から三河に侵攻する。
武田氏に従属した菅沼氏や奥平氏など奥三河国衆は山県の指揮下に組み込まれていたため、これらに先導させて三河東部の長篠城経由で浜松方面へ進軍する。三河八名郡の柿本城、更に越国して遠江の井平城も落とし南進し、浜松城を圧迫する下地作りを完了させた上で信玄本隊に合流した。同年12月22日には武田軍が圧勝した三方ヶ原の戦いにおいて徳川家康本陣に突進し、武田軍の背後を狙ったはずの家康軍を返り討ちにした。その後も効果的な追撃戦を展開し、家康に一時は自害を覚悟させたとまで言われている。
(その後、同じく真っ赤っ赤な鎧を着たヒトにまたも追い回されることになろうとはだれが予想できたか。)

元亀4年(1573年)4月、信玄が病没した際、「わしの死を3年間秘せ。そして勝頼を補佐してくれ」、「明日は瀬田に旗を立てよ」と遺命を託され、馬場信春とともに重鎮の筆頭として信玄の嫡子・武田勝頼を補佐することになった。
しかし、勝頼との折り合いは悪く、疎まれたという。

天正3年(1575年)の長篠の戦いでは撤退を進言したが容れられず、逆に「いくつになっても命は惜しいものらしい」と勝頼に皮肉られたという。

そして5月21日の設楽原決戦では武田軍左翼の中核を担い、徳川陣への突撃をかける。討ち死にを覚悟した上での奮戦は敵陣を切り裂き、ついには敵防衛の要・馬防柵を突破せん、という所で体中に銃弾を浴びて戦死する。この決戦で屈辱の大敗を喫した武田勢は数多の戦死者を出しているが、その多数は劣勢、乱戦状態、もしくは敗走退却中でのもの。武田軍が攻勢を保てていた中での戦死者は、昌景や土屋昌次などに限られてくる。一説によると昌景の最期は前田利家隊の銃弾に倒れた際、采配を咥えたままの壮絶なものだったとも、内藤昌豊、原昌胤、真田信綱・昌輝兄弟等と同様に敗走退却中での戦死とも言う。享年47。長篠合戦屏風に、戦死した昌景の首級を家臣の志村光家が敵に奪われない様持ち去る描写がある。

なお彼の赤備え部隊は、のちに井伊直政に受け継がれていくこととなる。

創作

戦国大戦において

武田家の武将として参戦。
馬場信春と同じく、1560年(SR仕様)と1570年(R仕様)の姿で描かれている。

SR仕様解説

山県昌景


青年期の若く荒々しい姿で、二つ名は「武田二十四将」。

スペックはコスト3 武力10/統率5の騎馬隊で、特技は「魅力」。
コスト3に恥じない高い武力を持ち、それから由来する突撃ダメージは激烈。
その高い武力から耐久力も高い。

持ち計略である「真紅の荒獅子」は、自身の武力・移動速度・突撃ダメージをまとめて強化する超絶強化計略。
上手く決まれば、発動時の「戦場を真紅に染めてやろう!」の言葉に恥じない攻撃力で敵軍を殲滅せしめられる。

「行くぜ!
   戦場を真紅に染めてやる!」

R仕様解説

早く引きたい


二つ名は「武田四名臣」。
壮年期を迎えて荒々しさこそ落ち着いたが、雄々しさはより深まった姿。

スペックはコスト2.5 武力8/統率7の騎馬隊で、特技は「気合」。
SR仕様と比べてコストが0.5減り、それに伴い武力も2低下したが、統率が2上がり、「気合」が付加された。

さすがに単騎で「戦場を真紅に染める」ことはできないが、その分集団戦に重きを置いた持ち計略になった。
その持ち計略「赤備えの采配」は、「味方の騎馬隊」に対して武力を底上げし、突撃ダメージを上昇させる騎馬強化の采配計略。

高攻撃力状態の騎馬隊による連続突撃はまさに圧巻。
間隙無く突撃を決めて、敵陣を一気に殲滅せしめてやろう。

「行くぞ赤備え! 敵を踏み潰せっ!!」

戦国無双

武器:槍 声:草尾毅(3以前) 金子英彦(4)(ただし4-IIの会話と4Empiresの特殊台詞のみ藤本たかひろ)

「我が備えを見ても怖じぬか…。よいぞ、戦ってやろう」(Empiresでの特殊台詞)
「信房、昌豊、信康、信玄公の下で会おう!突撃!織田の将を道連れよ!」(4:長篠の戦いより)
「臆するな!山県昌景と赤備えこれにあり!再び柵を蹴倒し、信長の首をかっきれーっ!」(4-II:長篠の戦いより)
「お館様、信長の首には今一歩及ばず…!勝頼様、どうかご無事で…!」(同上:撃破時の台詞)
「甲斐の川浦温泉でござる。戦の傷など、すぐに治る名湯ですぞ!」(4Empires:隠し湯より)

モブとして初期から登場しており、4の長篠の戦いでは大勢を決した戦いに同じ四天王の馬場信房や内藤昌豊と今世の別れの会話をしたのち、織田軍への突撃を図った。

4-IIでは赤備えを率いて織田軍の柵を突破してでも信長を倒そうとしたが、最終的に勝頼の無事を案じて討死した。ちなみに会話のみ老将ボイスで喋る。

4Empiresでは固有武将として登場。本作では特殊台詞時のみ老将ボイスで喋るという3Empiresでも見られた唯一の元の音声と異なる声で喋る武将として登場した。

信長の忍び真田魂

武田四天王筆頭なのだが、冒頭で記した通り身長137㎝の超チビであり、子供にしか見えない外見をしている。加えて言動も子供っぽいため、信房からはガキ扱いされている。
『真田魂』の序盤で織田軍の凶弾に倒れ命を落とすが、味方からは「あの恐ろしく小柄な昌景様にどうやって銃弾を当てたんだ…」と言われるなど、死後も酷い扱いを受けていた。

関連タグ

戦国武将
武田信玄 飯富虎昌 武田勝頼
騎馬 赤備え

pixivに投稿された作品 pixivで「山県昌景」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83801

コメント