ピクシブ百科事典

川中島の戦い

かわなかじまのたたかい

武田信玄と上杉謙信の信濃(長野)は川中島での戦い。
目次[非表示]

概要

戦国時代室町時代)に甲斐山梨)の武田信玄越後新潟)の上杉謙信との間で、信濃長野)北部の支配権と勢力均衡を巡って争った、戦国有数の合戦である。
一口に「川中島の戦い」と言っても一度だけでなく、1553年(天文22年)から1564年(永禄7年)にかけて計5回同じ地域で行われ、実際に戦闘があったのは2回である。

川中島善光寺と現在の長野市がある盆地・善光寺平犀川千曲川の合流地点を中心にした地域である。各種の農作物や漁業に富んだ肥沃な土地で、交通の要衝でもあり、経済的・戦略的に重要地であった。

甲斐を平定して治めた武田晴信は信濃への勢力拡大を図ったが、部下の真田幸綱村上義清側の武将の切り崩し、調略を行う、これに抵抗した村上家や小笠原家などの地元豪族は越後の長尾景虎に助けを求めた。この信濃豪族に支援として応えるため景虎は遠征し、協力的な豪族を味方につけた晴信も遠征し、両軍は川中島を挟んで対立を招くこととなった。

第一次

天文22年(1553年)、布施の戦いとも呼ばれ、茶臼山麓で村上家を追い出した武田勢に長尾勢が攻撃。一時退いた晴信は夜襲を仕掛け、その後は決戦を避けて帰国。景虎は一定の戦果を挙げたとして帰国した。

第二次

天文24年(1555年)、晴信は駿河静岡)の今川義元相模神奈川)の北条氏康との甲相駿三国同盟を締結して、後顧の憂いを払い、翌年に善光寺地域を治めていた豪族を追い出した。これに対して景虎が遠征し、両軍は犀川を挟んで布陣し、200日に渡って睨み合った。しかし、義元の仲介で両者は撤兵。

第三次

弘治3年(1557年)、上の原の戦いとも呼ばれ、晴信は地元諸将を下した善光寺平に布陣し、再び景虎が遠征して、武田方の城を次々に陥落。上の原にて戦ったが、室町幕府・13代将軍足利義輝の仲介により両軍は撤兵した。

第四次

八幡原の戦いとも呼ばれる永禄4年(1561年)の戦いは一連の戦いの中で最大規模の合戦となった。
氏康に追われた上杉憲政を迎え入れた景虎は小田原城を攻めるも苦戦を強いられ、その間に武田信玄は信濃攻略を着々と進め、これを受け上杉政虎は善光寺に軍を集めた。善光寺から南下した上杉勢は千曲川を渡って妻女山に布陣。茶臼山にいた武田勢も山を降りて千曲川を渡って海津城に入城。

山本勘助馬場信房の考えで軍を二手に分けて、別働隊の攻撃で上杉勢を武田勢本陣のいる川中島まで追い込み、待ち伏せの挟み撃ち攻撃しようとする「啄木鳥(きつつき)戦法」を提案し、この作戦を実行した。
しかし、政虎はこの戦法を見抜いて早朝の濃霧に乗じて武田勢に気づかれる前に武田勢本陣の眼前に近づき、上杉勢は総攻撃を開始。八幡原にて戦国期では珍しい主力部隊同士の全面戦闘となった。この戦いの最中に政虎は自ら馬に乗って信玄のいる本陣に単騎突入し、信玄に斬りかかるも掲げた軍配でかわしたと言われている。無論これは創作性が強く、史実とは言いがたい。武田勢の布陣を押し通せなかった上杉勢は善光寺まで退き、戦いは終結した。
この戦いで両軍は大損害を出し、武田側は武田信繁山本勘助ら有力武将を失い、上杉側も多くの将兵を失ってやはり勝敗の決着はつかなかった。一説ではこの時、武田家に招かれていた天海がこの合戦を山頂から観戦していたと言われる。

第五次

永禄7年(1564年)、塩崎の対陣とも呼ばれ、信玄と上杉輝虎は塩崎にて対峙したが、睨み合いのまま両軍はまたしても撤兵した。

その後

駿河の義元は織田信長に敗れ、今川氏真が当主となったが武田家が駿河へ侵攻し、これを受け後北条家は同盟を武田家から上杉家に変えた。
室町幕府・15代将軍・足利義昭が対信長包囲網を全国諸将に呼びかけ、信玄と謙信もこれに応じて織田勢と戦うも、信玄は亡くなり、武田勝頼が跡を継ぐも長篠の戦いを機に武田家は没落。上杉家では謙信も亡くなり、御館の乱が起こり、上杉景勝が跡を継ぐも上杉家も弱体化して天下統一を果たした豊臣秀吉に膝を屈した。
戦国期を代表する一族と強力な才覚を持った戦国武将の決着はつかないまま、両者とも消え、両家とも弱まり、天下の覇権は豊臣秀吉が握り、そして天下泰平を完成させた徳川家康の江戸幕府の下で上杉家は米沢藩30万石(後に15万石)を領する大名となって幕末を迎え、織田信長に滅ばされた武田家は末裔が徳川綱吉に見出されて高家旗本となり辛うじて血脈を保った。

関連タグ

戦国時代 戦国時代の合戦 戦国武将 長野 信濃 川中島 
武田信玄 上杉謙信
真田幸隆 村上義清 山本勘助

pixivに投稿された作品 pixivで「川中島の戦い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3648

コメント