ピクシブ百科事典

三木の干殺し

みきのひごろし

天正六年(西暦1578年)、羽柴秀吉が別所長治の籠もる播磨三木城を包囲した作戦。
目次[非表示]

概要

三木合戦の別称である。別所長治が籠もる播磨三木城を攻め手の羽柴秀吉が完全包囲し、敵の兵糧が干上がるのを待った事よりこの名称がまま用いられる。

経緯

播磨は嘉吉の乱で守護職である赤松満祐が没落して以降、それ程までに強力な勢力は出現せず、西の毛利氏と東の織田氏とが正面衝突するまでは両家と友好関係を保ちながら、播磨に於いては比較的平穏な日々が送られていた。

が、親織田派であった毛利元就が遠行し元就嫡男、毛利隆元が早世し孫の毛利輝元が当主となると、織田信長に追放されて自領の備後に転がり込んできた足利義昭が盛んに反織田の姿勢を叫び、毛利家の仇敵である尼子氏の残党を配下に納めた信長の行動も毛利家を刺激し、更に信長に攻められる石山本願寺総帥の顕如光佐からも援軍の要請を受けて輝元は、遂に対織田の融和政策を改め石山本願寺に与する事を決定する。これを受けて織田信長も羽柴秀吉を総大将とした中国方面鎮撫軍を派遣し、両者は播磨西の国境を挟んで睨み合う事となる。

その前段階として行われた秀吉による播磨平定戦は早くより織田の軍門へと降った東播磨の土豪、三木城城主の別所長治、中播磨御着城城主、小寺政職とその傘下で早くから織田家への参陣を望んでいた姫路城城主、小寺孝高の手引きもあって天正五年(西暦1577年)、すんなりと播磨を平定し終え、美作備前と国境を接する西播磨の上月城にかつての大大名、尼子氏の末裔である尼子勝久を入城させて平定を終えた。

が、子細は今も闇の中であるが翌天正六年(西暦1578年)、加古川城で行われた秀吉と別所賀相(別所長治の叔父)が会談した際に不和で決裂した加古川評定にて両者の仲は急激に悪化、天正六年三月には遂に別所長治が決起し毛利方への旗幟を鮮明にすると、あれよあれよと東播磨から中播磨に至るまでの土豪、それに加えて多くの一向宗徒を抱える中播磨の百姓も決起し、盤面は一気に引っ繰り返される事となる。

三木城の別所長治は籠城して毛利軍の後詰めを待つ作戦を採り、此処に来て播磨の半分以上が一斉蜂起して兵収集もままならぬ状態で西から吉川元春が侵入(天正六年正月)、秀吉は上月城を救援するだけの兵力を徴募する事が適わず、やむなく三木城の対応を優先して上月城は切り捨てられ落城し、尼子勝久は討ち死に、尼子氏再興の夢は此処で途絶える事になる。が、吉川元春もあくまで狙いは上月城の奪還であったのか、それ以上の深入りをしなかったのは秀吉を救った。

開始後

そうした厳しい戦況の中で、秀吉は三木城を中心として凡そ半径二キロの周辺を包囲し徹底した兵站線の遮断を行い、全ての城兵庶民を収納した諸籠もり状態の三木城は次第に兵糧が欠乏していく。

が、敵支城を落とし味方支城を築き三木城の落城まで後は数を数えるだけという段階で突如、有岡城摂津国守護、織田家麾下の荒木村重が織田家から離反する(天正六年十月、有岡城の戦い開始)。荒木村重を説得に赴いた小寺孝高も、主家である小寺政職が織田家より離反していた事より村重の手によって逆に城内へと監禁されてしまう。

荒木村重の離反によって新たに花隈城から丹生山を越えて三木城に至る兵站線が出来たものの、運び込まれる兵糧が消費量より少なく、何れ兵糧は欠乏するであろう事から天正七年(西暦1579年)二月、三木城は別所賀相、別所治定ら両将が兵三千名を率いて秀吉の本陣を狙い乾坤一擲の突撃を試みるも、これは秀吉の手によって撃退され、別所長治の実弟である別所治定が戦死するなど手痛い敗戦を喫する(平井山合戦)。

天正七年五月には秀吉が丹生山近辺の砦を攻略して再び兵站線を切断、同年六月には共同戦線を構築していた丹波国波多野秀治らが明智光秀によって討伐されいよいよ追い詰められた三木城は同年九月、毛利軍と同時出兵し秀吉の包囲網を強行突破して兵糧を補給するという平田合戦大村合戦を画策する。対して秀吉陣は天正七年六月十三日に陣中で竹中重治が病没し小寺孝高も監禁される参謀不在の局面でこの戦を迎えるが何とかこれらを勝利して乗り切り、同年十月には備前の宇喜多直家が毛利氏より離反すると、毛利氏の本拠地から備前一国を跨いでの三木城への兵糧補給は事実上、不可能となる。同年十月、織田家は三木城に降伏勧告を行うも別所長治はこれを拒否。

天正七年十一月には有岡城の戦いにて荒木村重が滝川一益らによって攻略され、天正八年(西暦1580年)正月、播磨に存在する粗方の支城は全て落とし終え、残す所は三木城のみとなった所で十四日、別所長治は「一族一同切腹の上、城兵は惣赦免」という降伏条件を飲み十七日、妻子兄弟一同、自害して果てる。別所長治、享年二十三。辞世の句は、

今はただ うらみもあらじ 諸人の いのちにかはる 我身とおもへば

こうして三木の干殺しは一年十ヶ月の年月を経て、三木城の降伏開城という形で幕を下ろした。

有岡城から逃げ延びた荒木村重

上記の通り城に籠もる城兵、領民の惣赦免と引き替えに一族郎党、腹を切った別所長治に対して単身、有岡城や尼崎城から落ち延びた荒木村重は信長すらその不幸を嘆いた程の一族郎党百名余り一所に処刑という憂き目にあったが、一方で本能寺の変を経た後、荒木村重は秀吉に帰順しその後、荒木道薫(当初は「荒木道糞」)という名で出家して茶人として秀吉に仕える事になるのは数奇な運命の悪戯である。

関連タグ

三木城(播磨) 戦争 日本史 戦国時代  戦国時代の合戦 
別所長治 三木市 かつ江さん 三木城(御城プロジェクト)

関連記事

親記事

戦国時代の合戦 せんごくじだいのかっせん

兄弟記事

コメント