ピクシブ百科事典

本願寺顕如

ほんがんじけんにょ

戦国時代~安土桃山時代の浄土真宗の僧。本願寺第十一世宗主。
目次[非表示]

概要

本願寺顕如(1543年2月9日-1592年12月27日/天文12年1月6日-文禄元11月24日)は、日本の戦国時代の人物。

浄土真宗本願寺11世。証如(光教)の長男として摂津国大坂に生まれる。諱は光佐。九条稙通の猶子となる。
天文23(1554)年、祖母・慶寿院(鎮永)の補佐を受けて、僧職を継ぎ教団を運営した。
15歳の時に、細川晴元の女(如春尼。因みに細川晴元は養父で、彼女の実父は三条公頼。武田信玄の正室である三条夫人は実姉である)と結婚し、永禄元(1558)年に長男・教如を生む。
元亀元(1570)年、織田信長軍が摂津へ向かって来た事で諸国の門徒に檄を飛ばし、信長との敵対を決意。
武田、浅井、朝倉、毛利氏ら同盟者と連絡をとって長年にわたり抵抗したが、
天正8(1580)年4月9日、正親町天皇の仲介で和睦。紀伊国(和歌山県)鷺森に退く。この本願寺合戦によって織田信長の天下統一は大幅に遅れたと言われている。
信長死後、豊臣秀吉とは友好関係を保ち、天正19年3月に京都西六条の地を寄進され、
同年8月に息子・教如と共にこの地に移り、今日の西本願寺の基礎を築いていった。

顕如の没後、信長に徹底抗戦した「強硬派」と鷺森に退いた「穏健派」の対立が後遺症として残り、それによる教如(強硬派)とその異母弟である准如(穏健派)との折り合いが悪かった事や、豊臣秀吉から教如が警戒されていた事等が相俟って、本願寺の教団は関ヶ原の戦いの後、徳川家康によって東西に分立される事となった。

関連タグ

人物  浄土真宗


創作物での本願寺顕如

戦国BASARAシリーズ

本願寺顕如(戦国BASARA)を参照。

戦国大戦

仏敵、滅びるべし

本願寺勢力のSRカードとして登場。
声優は小野大輔で、若干エコーがかかっているのが特徴的。
メタリックな感じの紫色の全身に赤い目と人間離れしすぎた姿のインパクトは絶大で、背負った後光や足元の蓮の花、更には大きく翼を円に広げ、左右対称に飛んでいる鶴なども合わさって非常に神々しい。

余談だが、その容姿がサイコガンを持つ男の漫画悪役に似ていることから、「クリスタルボーズ」と呼ぶ者も居るとか居ないとか……。

スペックはコスト2.5・武力8・統率10・足軽。
更に魅力・攻城・気合の能力も持ち、兵種アクションを持たない足軽であることを差し引いても破格のスペックである。
足軽固有の兵力の高さと「気合」による高い耐久力、さらに高統率で大抵の武将をはじき飛ばしながら虎口に飛び込む「攻城」特技持ちということで、多少の劣勢からでも強引に一発逆転を狙える。
計略は『如来降臨』
本願寺の味方の兵力が徐々に回復し、敵の兵力を徐々に下げるという、
妨害と回復を兼ね備えた円形の陣形である。
計略使用時のカットインで「仏」という一文字が大きく表示される演出が印象に残る。

己が無力を呪い、地獄へ消えよ

戦国無双シリーズ

檜山修之

1にのみ特殊グラフィックのNPCとして登場。
主に孫市のストーリーで登場しており、信長に抵抗するが次第に、降伏すべきではないかと考え始めて京洛抵抗戦で信長に降伏した。

信長の忍び

通称「信長の天下取りを10年長引かせた男」信長打倒を企てる足利義昭と内通し、一向宗勢力を率いて信長を苦しめた。
常にアルカイックスマイルを崩さない若き仏僧だが、仏敵たる信長に対しては全くの容赦を持たず攻め立てる。軍才・外交・何より資金調達に長けたカリスマであるが、ハゲ頭から髪が伸び始めると弱体化するらしい。ハゲ頭を使って光通信も行えるらしい。
かなりの愛妻家で、とても尼僧には見えない美貌の正室・如春尼溺愛しており、「いざとなったら貴女と共に逃避行と言う手もある」などと嘯くほど彼女を大事にしている。

殿といっしょ

筋骨隆々の天を突くほどの巨漢暴力を嫌うが、結構短気な性格で、失言した部下に対し無意識のうちにプロレス技をかけることもある。
「本願寺!!」と唱えることで「暴力を無効化する」と常日頃から口にしているが、気合を入れるルーティーンとして使っているフシがあり、念仏を時々カンペで見ないと忘れるという僧侶にあるまじき。気合を入れることでの攻撃を弾き、岩をも砕く鋼の身体となる、武将より武将っぽい人物である。

pixivに投稿された作品 pixivで「本願寺顕如」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70030

コメント