ピクシブ百科事典

徳川家康(戦国無双)

とくがわいえやす

本項では『戦国無双』シリーズに登場する徳川家康について解説する。
目次[非表示]

家康関連誘導用

史実
 ┗戦国無双
    ┗ポケナガ

概要

CV:中田譲治(1~4)/逢坂良太(5)
無双奥義・奥義皆伝の文字:『将』『統』

第一作から固有グラフィックのNPCとして登場し、『2』からPCに昇格した。
東国の大名・徳川家の当主。後世の「鳴かぬなら、鳴くまで待とう 不如帰」の句の通り、常に耐え忍ぶ人物として描かれる。

当初は今川家の配下だったが、旧友・織田信長桶狭間の戦いにて当主・今川義元を討ち破って以降は独立。信長に協力し、東国からの他勢力を抑えつつ、織田軍の一武将として彼らの戦いに参加するようになる。

しかし、後の武田家との三方ヶ原の戦いでは大敗を喫し、この際、己を逃がすために多くの忠臣たちが犠牲となってしまう。家康はその魂に報いるため、「泰平の世」の実現を志すようになる。信長が本能寺で横死してからは、台頭した羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)との小牧長久手の戦いを経て和睦を結び五大老の一人として仕えるが、秀吉没後はいよいよ天下取りに身を乗り出し、石田三成と対立を深めていく。

看板キャラクターである真田幸村と対立関係にある立ち位置から、ファンの間では事実上のラスボスとも認識されるキャラクターでもある(もっとも本作のシステム上、彼やその味方勢力のキャラ視点での物語も展開されるので幸村のほうがラスボスになることもあるが)。

人物

容姿

年賀状


恰幅の良い体格に短い手足のずんぐりとした体形の中年男性で、作中の男性陣の中でも特に低身長である。『1』では顔がまさしくそのものといった感じのあんまりな顔立ちだったが『2』にてPC昇格した際に渋味のあるダンディな顔に大幅変更された。しかし熊髭を生やし恰幅の良い体型など、狸っぽいところは変わらず。本人も狸と呼ばれることには多少なり難色を示しており、本編外の会話イベントなどでもそういった話題を避けている節がある。また『2』以降のイベントやムービーでは兜を外した姿も登場しており、月代の銀杏髷を結っている。

細部の違いはあるものの、シリーズを通して服装は銀色の重装甲の鎧と、槍のような長い突起の付いた豪奢な兜を着用している。また、鎧の上に陣羽織もしくはマントを羽織っており、背面や甲冑の各所には徳川家の象徴である「葵紋」が施されている。なお、『1』ではNPC扱いであるためか、『2』以降の衣装に比べると比較的地味な装いとなっている。胴巻きには亀の甲羅のような模様が彫り込まれており、苦悩に耐えながらも最後は地道な努力を実らせて大成した生涯を童話『うさぎとかめ』に重ねてのものと推測される。『無双OROCHI魔王再臨』ではこの『1』での衣装で戦うことができるが、顔は『2』以降のままである。

基本的に中年期の姿で描かれているが、『戦国無双真田丸』では老年期の姿も登場。
髪や髭、眉毛が全て白髪になり、ボリュームが増した髭など、より貫禄が増した姿となった。

徳川家康


2021年発売の『戦国無双5』では三英傑の青年時代へ舞台設定の変更にともない、キャラクター像が大きく一新された。本作ではなんとおかっぱ頭の美少年の姿になっており、これまで(それこそ第一作目)の家康とは真逆の姿に驚かされたファンも多かったであろう(因みに同じく大幅に若返った信長や秀吉は、性格はともあれ、凡そ旧来の姿をそのまま若返らせたような印象)。

衣装も、これまでのガチガチの重装備から一般的な具足姿に変更。白い襟巻きを首元に巻き、葵紋のバッジのようなもので留めている。

性格

基本的には温厚で、家臣に対しても心配りをみせる仁君であり、その信頼関係は非常に篤い。
一方で、前述の三方ヶ原での大敗以降は忍耐強さや計算高さもみせるようになり、時勢を読みながら他家との友好を交わしつつ、己の名を天下に広めるために利用するなどしている。そのためか、徳川家と敵対関係のキャラクター視点のストーリーではまさに「狸親父」の渾名通り、本心の読めない食えない人物として映ることも。

家康自身も、自らのやり方に「不義」がある事を内心自覚し、人知れず苦悩する事も少なからずあり、真田幸村直江兼続石田三成といった若者達が、義の志によって戦う生き様にも。一定の理解を持っている。しかし、「人の営み」、「平穏な生活」、「小さな幸せ」から「ふとした笑顔」といった「義」よりもずっと大切な物を重んじている家康にとって、彼等の義の名の下によって起こされる戦はそれらを人々から奪い踏みにじるものである為、断固として認めない意志を貫こうとしている。そういった意味では、「人」を重視する家康と「志」を重視する彼等3人は根本から分かり合えない間柄といえる。 

戦闘スタイル

2~4まで

武器は大筒と槍が合体した「筒槍」。
刃の付け根部分が開閉式の蓋になっており、その下にある砲口から砲弾を射出する(おそらく関ヶ原の戦いで小早川軍を大筒で威嚇した逸話に由来)。他にも火炎放射や極太レーザーも搭載されており、その多機能ぶりからファンの間では戦国オーパーツもしくはガンランスなどと通称される。そのハイテクっぷりには『無双OROCHI』で共演した月英も感嘆しきりであった。

戦闘では、その武器性能から攻撃のバリエーションに富み、遠近共に強力なダメージを与えられる他、防御力も高く、比較的扱いやすい万能タイプ。ただし脚は遅いので、移動距離のある任務や城内戦など馬に乗れない戦場などではその弊害を受けることも少なくない。

5

双剣による二刀流を使用。刃の一部が柄の部分まで伸びた独特の形状の刀を得物としている。
これまでの攻撃・防御特化型からスピーディーなアクションとコンボ性能が強化されている。…それでも戦闘中の専用台詞が「急がず着実に…」となっているのが何処かシュールである。

人間関係

本多忠勝やその娘の稲姫服部半蔵井伊直政といった家臣達との結束は堅く、彼らと共に戦国の世を闘い抜いていく。ただ、単に彼らに頼るばかりではなく、平時にはそれぞれ悩みを抱える若輩の家臣に自ら歩み寄り、彼らの言葉に耳を傾けときには助言を与えるなどの心配りを見せている。

家臣以外では、人質から解放してくれた織田信長や、同じく天下泰平を夢見て切磋琢磨した羽柴秀吉と友情を交わしている。
信長にはその恩から、今川滅亡後は東国の守備を請け負いつつ、ときには彼らの助勢に駆り出されることになる。秀吉とは、そうした信長配下の戦場で共闘する中で親交を深め、共に天下泰平の志を掲げる友となる。結果的に、後に家康は秀吉の築いた豊臣家を滅ぼすことになってしまうが、秀吉が病没した際は彼の死を純粋に悲嘆している。

また、今川義元に対しては人質として身をおくことになった恨みを持ちつつ、戦術家の師として敬意も抱いている。『4』では、桶狭間の直前に「当主とは、時には心を偽らなければならない」と説かれ、自身にその覚悟があるかと問われる場面があった。

さらに『3』や『Empires』の会話イベントでは、昨今取り上げられている一説にならってか、明智光秀とも友好的な関係を築いている。

戦国無双真田丸』では、真田の生涯に渡る大敵として立ちはだかる。
本作の主人公は真田家なので過去作以上に狸親父な描写が増えているが、その分出番は真田勢に次ぐ程多く、存在感は大きい。とくに昌幸とは、彼が武田家家臣であった頃から続く因縁で、お互いに腹の読み合い探り合いを繰り返してきた宿敵関係である一方、お互いの思想について決して相容れないにしろ一定の理解を示す描写も見られる。

また、真田信之のことは聡明な人物として当初から気に入っており、敵として相まみえた彼に自ら稲姫との婚姻を勧めるなどしている。婚姻後も強く信頼し重用しており、同時に彼が時世により実の家族と戦う心痛を労る言葉もかけている。

息子・徳川秀忠については、彼の高慢な性格に頭を悩ませ、ときには強い論調で叱責することもあったが、信之との親交を深めて以降は幕府の後継者たる風格を見せるようになり、信頼するようになる。

無双OROCHIシリーズ』では風魔小太郎にパシられたり、遠呂智に従わざるを得なくなったりもするが、それでも耐える。そして最後には勝利を掴む。また、「良き家臣を持つ仁君」である劉備との交流もある。

関連イラスト

2~4

討ち取った後に
そらをとぶ


              …メタボは禁句である。

5

無題
5家康



関連タグ

戦国無双シリーズ
徳川軍 東軍
服部半蔵 本多忠勝 稲姫 井伊直虎 井伊直政 真田信之 徳川秀忠

今川義元 織田信長 豊臣秀吉
武田信玄 真田昌幸 真田幸村

関連記事

親記事

徳川(戦国無双) とくがわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川家康(戦国無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17350

コメント