ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

日本、特に戦国時代の合戦時において、武士具足)の上に着用した無しの羽織

「具足羽織(ぐそくばおり)」「陣胴服(じんどうぶく)」とも呼ばれる。


室町時代中頃から、戦術の変化を理由に具足の形式が機動力を重視したものに変わっていったことに伴い、防寒・防雨などの目的で流通したとされる。

実用性だけでなく威厳を示すためのファッションとしても発達し、特に一軍を預かる立場の武士は、背面に家紋刺繍を施したり、生地にも派手柄の織物を用いたりするなど、艶やかなものを好んで着用していた。


やがて江戸時代に入り、泰平の世を迎えると陣羽織も戦場における重厚な印象のものから、軽快にして華美なものが好まれるようになるなど、所有者の豊かさを示す儀礼的な性質のものへと変化していった。


関連タグ

衣装 羽織

戦国時代 武士

富士御神火文黒黄羅紗陣羽織


ジンバーアームズ

スーパーシンケンレッド

関連記事

親記事

羽織 はおり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215702

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました