ピクシブ百科事典

服部半蔵(戦国無双)

はっとりはんぞう

『戦国無双』シリーズに登場するプレイアブルキャラクターの一人。
目次[非表示]

CV:黒田崇矢
無双奥義・奥義皆伝の文字:『断』『滅』

概要

第一作から登場している無双武将(プレイアブルキャラクター)の一人。

徳川家康に仕える忍び。自身を「影」と呼び、主人を支えるべく暗躍する。与えられた任務は確実にこなす冷静沈着な忠臣であり、家康からは絶大な信頼を寄せられている。

人物像

1~2まではスタンダードな忍装束で、顔も目元以外を頭巾で覆っていた。
僅かにみえる目元は太い眉毛が印象的な凛々しい中に鋭さのある目付きで、右目と鼻筋に切り傷がある。1のユニーク衣装では更に髪も露出しており、長い髪をすべて後ろに流しまとめている。

3からは「鬼半蔵」の通り名に合わせてか、鬼の仮面を付けるようになり、目元が不明瞭になった代わりに口元が解禁されている。これは3における半蔵ストーリーのエンディングでその理由が判明する。4では二本角の付いた兜となり、甲冑と合わせてより派手で刺々しいデザインへと変更。スタッフ曰く本作では「狼」のイメージも追加したとのことで、これまでダークブルーが主体だったが、本作では特に銀色が強調されている(いずれも徳川家のシンボルカラーである)。

無口で任務を淡々とこなすため非常に冷酷な性格に思えるが、家康を侮辱されると怒気を示す、風魔の挑発に乗り、ねねに対しかすかな優しさを見せるなど、隠された熱い感情を垣間見ることができる。

武器は鎖鎌
忍びらしい二段ジャンプや素早い動きが特徴で、他に特殊技として分身の術や火遁の術などを使用する。

人間関係

徳川家

主君・家康に対する信頼は絶対的であり、任務の際には常々「主のため…」と口にしている。

本多忠勝とは、あまり両者のみで言葉を交わす機会は少ないが、同じく家康を信頼する忠臣として、彼を守るために息の合った連携を見せている。『4-Ⅱ』では、忠勝と不仲にみえる息子の直政を心配する井伊直虎に対して「忠勝は直政の成長を喜んでいる」という彼の胸中を代弁する姿もみられた。

他家

初代では真田幸村のライバルという位置付けになっている。本作では、三方ヶ原の戦いにおいて幸村の主君・武田信玄を暗殺しており、その因縁は大坂の陣まで続くことになる。こうした設定がなされたのは、当時、徳川家関係の武将が半蔵のみであったためと解釈されている。家康をはじめとする徳川家所縁の武将が参戦して以降のタイトルでは、両者の関係性はそこまで描写されなくなった。

また、幸村に仕えるくのいち(女忍者)とは、同じ忍びであり尚且つ徳川家と因縁深い真田家の人間ということから、戦場にて相まみえる機会が多い。くのいちからは讃えているのか茶化しているのか「半蔵の旦那」と呼ばれている。

その他、石川五右衛門に対しては「抜け忍には死を」の精神で顔を合わせるなり問答無用で襲い掛かる(史実における五右衛門には伊賀忍者説がある)。

2からは風魔小太郎ねねといった同じく忍びのキャラクターが新たに参戦している。
同じ忍びであるが、異形の存在である小太郎とはその実力差が大きく、作中では彼の術中に翻弄される場面も見られた。
ねねとは、特に3においてその関係性が強調されており、同盟関係にある羽柴家(豊臣家)と徳川家の人間として幾度か同じ戦場で顔を合わせる内に馴染みの関係となり、彼女からは、物言わぬストイックな性格を心配され「もっと(任務以外の)生きがいを持つべき」だと笛などの趣味を勧められている。逆に半蔵は、忍びらしからぬ大胆な出で立ちや忍術から「少しは忍べ」とツッコんでいる。最終的に彼女とは大坂の陣で相まみえ打ち取ることになるが、今際の際のねねの前で笛を奏でて彼女への手向けとしている。

関連イラスト

服部三兄弟
佐助と半蔵



関連タグ

戦国無双シリーズ
徳川軍 忍者

服部半蔵(史実)

pixivに投稿された作品 pixivで「服部半蔵(戦国無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3273

コメント