ピクシブ百科事典

今川義元(戦国無双)

いまがわよしもと

戦国大名の今川義元をモデルとした戦略アクションゲーム『戦国無双』のキャラクター。
目次[非表示]

朋友の輪、蹴鞠で拡げるの!
CV:河内孝博
無双奥義・奥義皆伝の文字:『貴』『雅』

概要

第一作『戦国無双(無印)』で固有グラフィックの特殊NPCとして登場し、『猛将伝』にてプレイアブルキャラクターに昇格。

「海道一の弓取り」として知られる駿河の大大名だが、和歌や蹴鞠といった雅な趣味に傾倒しており、家臣にも呆れられることも。
特に蹴鞠に対する思い入れは強く専用武器になっている他、ストーリーにおいても毎度毎度、蹴鞠絡みの展開が用意されており、最終的には蹴鞠で天下を統一してしまったり蹴鞠を世界に広めようと旅立ってしまったりと、見事なまでのネタキャラ枠として確固たる地位を築いている。

ただし、本作シリーズの発売元は『信長の野望』で知られるコーエー(現コーエーテクモ)であり、こうしたキャラ付けがされているのも飽くまでもライト層向けのネタとして「分かってやっている」ことなので悪しからず。

人物像

卵のような丸顔に垂れ目、おちょぼ口と、いかにも人の良さそうな顔立ちが特徴。顔には公家化粧を施しており、当初はお歯黒も塗っていたがプレイアブル化に伴い小さな口髭に変更。また、2以降は恰幅の良い体格になっている。

一人称は「まろ」で、雅な公家言葉の最後に「~の」と付けるのが特徴。第一作目では、家臣や新武将(エディット武将)に対して自身を守るように命令するなど尊大な態度が目立ったが、猛将伝でのPC化以降はそうした側面が抑えられ、温和でマイペースなコメディリリーフとしてのポジションを確立している。

武器は刀と蹴鞠。
緩やかな太刀筋で相手をいなす一方で、チャージ攻撃では蹴鞠の妙技を披露。華麗なリフティング、腰の入った鋭いシュートなど、どうみてもサッカーです本当に(ry。

クセの強いアクションとは裏腹に能力的には標準といったところ。間抜けな外見の割には敵として闘う際に苦労させられることもある。…自機キャラとして使用した場合はC5と無双奥義・皆伝以外が使い物にならないくらい弱いが。

作中での活躍

シリーズを通し、主に織田軍所属の武将たちのシナリオにおける最序盤である「桶狭間の戦い」の敵軍総大将として登場する。近年では、徳川家康井伊直虎といった今川軍所属の武将の味方総大将としても登場している(結局、シナリオ中に討死してしまうが)。

一方で、義元個人のシナリオは毎回バラエティに富んでおり、無印の頃からネタキャラ一直線で、本編では未だにその傾向が非常に強い上、ストーリーの流れが本編と比べて非常に史実寄りな外伝作品『戦国無双Chronicle』シリーズにおいても相変わらず作中最大のネタキャラの地位を保持し続けていると言う有様である。
(ただしそれらネタ要素は外伝シナリオと個別イベントにおけるものがほぼ全てであり、通常でのシナリオの扱いは本編よりもかなりまともなものとなっている)

人間関係

無双武将として初参戦した初代猛将伝では、織田信長武田信玄を抑えて天下を統一したり、上杉謙信に憧れて伊達政宗(龍繋がりのためか?)と共に戦場を駆けたりと、時代設定を無視した人物たちと交流することもしばしば。特に政宗とは各タイトルで何かとやりとりが多く、義元は彼を「朋友」と認識している。政宗のほうも当初は鬱陶しがりつつも次第に情をみせることも。

北条氏康に対しては、妹が彼の下に嫁いでいる経緯から「お義兄ちゃん」として振る舞っており、彼にも自身を「お義兄ちゃん」と呼ぶように催促している。・・・当の氏康自身はとても嫌がっていたが。氏康のほうは「愛しのカミさん」にそっくりな義元に対してやり辛さがあるものの、ときには彼の奔放すぎる行動に対し「(カミさんと)同じ顔じゃなけりゃぼてくり回すところだ」と苛立ちを見せたことも。

他作品での交流

無双OROCHI2』では長宗我部元親と共に涼州の地に蹴鞠の国を建国。一部ではあるが、妖魔達との和解と共存を果たしている。
また、蹴鞠に興味を抱いた劉禅とその部下たちにも喜んで指南役を請け負った。なかなか上達せず落ち込む劉禅に対しても優しく励まし、根気強く指導を続けている。

また、作中で同じく妖魔達との和解を模索した袁紹とも親交がある。高慢な袁紹からも「今川殿」と呼ばれ対等に接されていると共に、同じ名族としてもっと威光を持って振る舞うべきだと諭されるが、逆に義元は袁紹に対し「和の心」を説いている。
(なお、両者は名家の生まれであり最後のミスのせいで実績と後世での名声が釣り合わないなど、境遇に似通うところがある)

裏の顔?

前述通り、基本的には作中屈指のネタキャラとしてそのコミカルな姿を数多く見せているが、一方で、各タイトルにおいては「海道一の弓取り」の名に違わぬ凄みを見せることもしばしば。

『戦国無双3Empires』では、明智光秀が温泉にて偶然義元と出会った際、化粧を落とした彼の顔を見て驚愕するとともに「海道一」の名を踏まえ感嘆の言葉を漏らしている。

戦国無双4』においては、桶狭間の戦いの直前における家康との会話で、それまでの彼のイメージからは考えられないようなドスのきいた低い声で、家を守るためなら他者を欺き滅ぼさねばならぬ「当主」のあり方について説いている。流浪演舞でも同様の側面をみせており、島左近らが自身の師である太原雪斎の名を軽んじる発言をした際も、同じく低い声で彼らを威圧し震え上がらせている。
ただしこれらのシーンは家康や新武将が見た幻、あるいは夢オチであるとも解釈できる表現になっている。恐らくは『こちらが本性だ』と断言してしまうと従来の呑気でお茶目な義元公は全て偽りだった事になってしまい、そちらの方が好きなファンへの裏切りに取られかねないため。
愉快な義元さんと凄みの溢れる義元公、どちらが真の姿なのかはプレイヤー各々の心の中に…

また「弓取り」の通称通り弓術を得意とし、稲姫から弓の極意を尋ねられた際には「心技体」を例に丁寧な解説を行うなど、普段の状態でも真面目な側面を垣間見せた。

その他

史実では、蹴鞠は義元本人の趣味ではなく、息子の今川氏真の趣味である。
また、前述の信長の野望シリーズでも氏真は劉禅・ジョン欠地王と共に勢力を立ち上げるネタ勢力扱いされる。

関連タグ

戦国無双シリーズ
戦国無双 無双シリーズ

今川義元(史実)

pixivに投稿された作品 pixivで「今川義元(戦国無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント