ピクシブ百科事典

朝比奈泰朝

あさひなやすとも

朝比奈泰朝とは朝比奈泰能の嫡男で今川家臣で、衰退する今川家を最後まで支え続けた。(1538年?-????)
目次[非表示]

概要

父親は朝比奈泰能で母親については不明だが、一説では中御門宣秀の娘で寿桂尼の姪にあたる人物でこうした縁から父とともに山科言継らとの交流も深く、1556年には言継から「梶井宮之御筆百人一首」を授与されている。

1557年に父が死去すると父の後を継いで掛川城主に就任。その翌年には駿東郡の霊山寺を再興している。1560年には主君・今川義元の尾張国侵攻で井伊直盛と共に鷲津砦を攻略し、大高城を救援するも桶狭間の戦いで義元が討死した事により撤退した。

義元の死後、実子の氏真が家督を継承してまもなく諸豪族達が動揺や離反が相次ぐが泰朝だけは主君を支える事を決意する。1562年には謀反の疑いがあった井伊直親を討ち、永禄年間には上杉家との交渉にもあたった。

1568年に武田信玄が今川家との同盟を破棄すると次々と城を制圧する。これにより氏真は駿河国を捨てて逃亡。泰朝は主君・氏真を掛川城に迎えて保護した。重臣達の大半が武田家や徳川家に寝返る中で泰朝は最後の時まで主君に忠義を尽くそうと掛川城にて徳川軍と対戦し、その結果5か月にも及ぶ長期戦を展開した。

しかし5か月の長期戦にも援軍は見込めずに遂に1569年に氏真が掛川城を開城する要求を受け入れた事で戦は終了した。泰朝も氏真に同行して落ち延びた。

その後1571年に氏真が徳川家を頼った際に彼は同行しなかった。これを最後に朝比奈泰朝の動向は分かっていない。

創作物について


戦国無双シリーズ

武器:槍(1、2Emp~4) 刀剣(2猛将伝、4Emp) 声:2以前:江川央生、3:草尾毅『Chronicle』(『Chronicle 2nd』):宮崎寛務、4:金子英彦

ダメだ…ダメすぎる…」(シリーズ共通)
ダメダメだ…ダメすぎる…」(3Empのイベント時の台詞)
たとえ乱世にても、士道を貫くのみ!」(4Emp特殊セリフ)

概要

今川重臣で主君・義元が戦場での危機感のなさに対して「ダメだ…ダメすぎる」と呟く。『2猛将伝』での桶狭間の戦いにて義元が家臣団に対して労いの言葉をかけた時は、感激していた。『3Empires』では蹴鞠や貴族趣味に傾倒する義元の子・氏真にもダメダメすぎると評している。

4Empiresでは固有のデザインで登場し、特殊台詞が追加された。

関連項目

今川義元 今川氏真 朝比奈信置

pixivに投稿された作品 pixivで「朝比奈泰朝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24958

コメント