2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

文明年間(1469~87)頃に守護大名・今川義忠の家臣の朝比奈泰煕によって築かれた。
当時の城は現在より500mほど東にあり、永正九年〜十年頃に新たに現在の位置に築城された。


戦国時代には東海道の支配をめぐる重要な拠点として、幾度も攻城戦が繰り広げられていた。 

1590年(天正18年)に徳川家康が関東に移封されると山内一豊が入城し、近世城郭として整備した。

関ヶ原の戦いの後、多くの譜代大名が入り城主を務めた。
天守は1604年(慶長9年)、1854年(安政元年)の2度の大地震で倒壊して以降、再建されなかったが、1994年(平成6年)に戦後初めて木造によって復元された。
ただし、高知城を参考に資料の残っていない初代天守として再建したため、復興天守とみる向きもある。

このほか、1861年(文久元年)に建てられた二の丸御殿が現存し、御殿建築が現存する例として貴重な存在となっており、国の重要文化財に指定されている。

関連タグ


山内一豊

関連記事

親記事

しろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「掛川城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12098

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました