ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ゆるゆるなキャラクター。


概要編集

イラストレーターみうらじゅんが命名したもので、狭義には地方自治体などが保有する着ぐるみ状のマスコットキャラクターを指す。

彼によると

  • 郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
  • 立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
  • 愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること。

が「ゆるキャラ三か条」であるという。


早い話が「ドラえもん」や「キティちゃん」のようにそれ自体でビジネスを行うわけではなく、そもそも局地的な活動しか想定されていないキャラクターということである。

ちなみに「着ぐるみ」がキーワードとなっているのは、地方祭りではパレードに謎の着ぐるみが登場して愛嬌を振りまくのが風物詩でありお約束となっていたためである。


プロの手が入っていない素人感・手作り感」といったニュアンスが含まれる場合もある。ただし、あくまで公式キャラクターであるべきとされ、全くの同人的なキャラクターは狭義の「ゆるキャラ」には含まれない

この点については「組織の大きさに対してデザインや設定がチープ」「お世辞にも可愛いとは言えない」といった批判的な用いられ方をすることもある。



ちなみに濫用を防ぐという目的で、「ゆるキャラ」という言葉は商標登録されている

そのため「ご当地キャラ」などと言い換えられる場合があるが、「ご当地キャラ」には「ご当地萌えキャラ」「ご当地ヒーロー」「ご当地アイドル」なども含まれる一方、交通機関のキャラクターなど比較的広域で活動するものは含まれなくなるため、完全に同じ意味にはならない点には留意が必要である。

また、それらとの接点が生じるにつれ、従来「癒し系」などと呼ばれていたキャラ付けにまで「ゆるキャラ」の語が充てられるといった事例も確認されるようになっており、その定義は一貫して拡大する傾向にある。


ゆるキャラ栄枯盛衰編集

「ゆるキャラ」は2007年の「ひこにゃん」あたりから全国区のブームとなり、2011年の「くまモン」で最高潮に達した。

これらの影響力に触発された各種団体はこぞって「ゆるキャラ」を求めるようになり、「ゆるキャラ」同士を競わせる「ゆるキャラグランプリ」というイベントも開催されるようになった。

これによって「ゆるキャラ」がキャラクタービジネスになると共に、祭りなどがそれらを売り出す舞台として利用されるようになるという本末転倒も起こり始めた。

各地の「ゆるキャラ」が修羅の如く人気を競い合い奪い合う光景は、「ゆるキャラ戦国時代とも呼ばれた。


このことは「ゆるキャラ」の粗製濫造を促した一方、差別化のためにプロに発注する団体、過激なアピールで注目を惹こうとする団体、出オチ的な珍奇なデザインに走る団体なども現れ、いよいよモラルハザードの様相を呈し始める。

もちろんそれらに対する批判も沸き起こるが、それすらも不戦勝狙いの盤外戦術という色合いを帯び、「ゆるキャラの定義」を巡る論争から生産的な結論が導き出されることはなかった。

都道府県市区町村とさらに局地的な第三セクターなどが別々の「ゆるキャラ」を投入して競合するということも日常茶飯事で、不毛を通り越して税金の無駄遣いですらあった。


それでなくとも、キャラクタービジネスには莫大な費用がかかる。詳しくは「ご当地萌えキャラ」での解説に譲るが、「グランプリ」に出場するレベルであれば尚更で、その金額は平均で年間2000万円に上るとも言われる。

「ゆるキャラ」に限らず、これをカバーできるほどの収益を上げられるキャラクターはそう多くない。まして素人が本業の片手間に行うなら、結果は推して知るべしである。「ゆるキャラ」は本質的に、ゆるくなければ生きられないキャラクターだったのである。


成功したら成功したで、今度は主導権や収益の分配を巡る内ゲバが始まることもあった。「ひこにゃん」もそれで大きく株を下げているほか、プロに発注したがためにキャラクター同士の関係性で揉めることとなった「しんじょう君」と「ちぃたん☆」のような事例も発生している。

こうした不祥事は知名度に比例して大きく報道され、最早宣伝をしているのか風評被害をもたらしているのかわからないという状態にまで至った。


極めつけが「ゆるキャラグランプリ」の不正問題である。

当初から小規模なトラブルはあったものの、それらは絶対に優勝しなさそうなキャラクターに組織票を入れてみるといった、ネットの人気投票でもたまに出る愉快犯がほとんどであった。

しかし、「グランプリ」が一種の権威と化し、不正が自治体レベルで行われるようになると話が変わってくる。組織の強さがキャラクターの強さになったことで一般の参加者が置いてけぼりになったばかりか、不正が発覚するか否かで優勝者が変わる年さえあって一層白けたムードが漂った。逆説的に権威は失墜し、収益にも繋がらなくなっていった。

結局、「ゆるキャラグランプリ」は「イベントとして一定の役割を終えた」として2020年を最後に終了した。折しもコロナ禍で暢気に着ぐるみなど持ち出せる情勢ではなくなっており、ここに「ゆるキャラ」ブームは終焉を迎えた。


着ぐるみ界には、昔から中の人などいない」という鉄則があった。

キャラクターはキャラクターとして愛でるべきであり、人間界のしがらみを持ち込んではいけないといった意味である。

ブームになって以降の「ゆるキャラ」はこれに真っ向から反しており、悪い意味で人間的な、ドロドロとした生々しさを隠しきれなかった。そして最終的に、「所属組織の不正」というしがらみそのもので致命傷を受けた。

なんと言うか、人間は愚かである。


夢の跡編集

イメージが著しく悪化したとは言え、「ゆるキャラ」という概念が消滅したわけではなく、全盛期から継続して活動しているキャラクターも未だ多い。

しかしながら、キャラクタービジネスとしては需要も供給も激減しており、その活動範囲は縮小の一途を辿っている。このまま局地的なマスコットキャラという、本来の立ち位置に帰ってゆくことだろう。

コロナ禍を経て着ぐるみすら処分してしまったという話までちらほら聞こえてきており、地元民が自治体の広報でしか目にしない、存在は知っていても自分からはまず話題に出さない、そんな「ゆるキャラ」も増えるものと思われる。


他地域へ宣伝は、既成の版権キャラとのコラボレーションで行うことが主流となった。特に2016年の『君の名は。』以降は「聖地巡礼」という行為も一般化し、ローリスク・ハイリターンに集客を見込めるようになった。

権利者側もロケハンコストの低減などで一定のメリットが見込める事から、製作段階から綿密な擦り合わせを行う作品も珍しくなくなってきている。

あるいは「キティちゃん」などの老舗も、長年のノウハウを活かして比較的低コストにローカライズを行ってくれると言われる。やはり餅は餅屋である。


どうせ人間の影がちらつくならと、有名人を直接「観光大使」や「宣伝大使」に任命するというパターンも増えてきた。「ゆるキャラ」ブーム以前から存在していた手法ではあるが、近年では有名人側の理解も進み、割と気さくにダイレクトマーケティングを行ってくれる。

そもそも「ゆるキャラ」は「中の人」による個体差が出ないよう、喋らないか喋っても定型文を録音しておく事がほとんどであったので、こうした手法が一般化してくると見た目以外は下位互換でしかなくなってしまう。


現在でもオリジナルキャラクターを作ろうとする動きは無くはない。しかし、その多くは人型となっており、さらに大半を少女をモチーフとしたものが占めている。

その理由についても「ご当地萌えキャラ」の項目を参照のこと。


各地域別キャラクター編集

北海道編集

まりもっこり

コアックマアックマ

テレビ父さん札幌市

ゆきだるマン(札幌市)

えべチュン江別市

たら丸岩内町

イカール星人函館市

まんべくん長万部町

夕張メロン熊夕張市

みゆき&めぐみ帯広市

ずーしーほっきー北斗市

とまチョップ苫小牧市

東北編集

青森編集

決め手くん

たか丸くん弘前市

モーリー青い森鉄道

つゆヤキソバン黒石市

いくべぇ

いかずきんズ八戸市

秋田編集

たんぽ小町ちゃん鹿角市

スギッチ

やきっピ横手市

ニャジロウニャッパゲ

岩手編集

わんこきょうだい

宮城編集

むすび丸

いしぴょんず

山形編集

かねたんかげっちさまおせんちゃん米沢市

ペロリン

福島編集

キビタン

ももりん(福島市)

がくとくん(郡山市)

カブリン(田村市)

フラおじさん(いわき市)

あかべぇ会津地方)

関東編集

茨城編集

ハッスル黄門

はぎまろ高萩市

ねば~る君

栃木編集

にゃんまげ日光江戸村

ハンタマくんハンターマウンテン那須塩原

さのまる佐野市

与一くん大田原市

埼玉編集

さかっち坂戸市

つなが竜ヌゥさいたま市

コバトン

ムジナもん羽生市

いがまんちゃん(羽生市)

ふっかちゃん深谷市

千葉編集

うなりくん成田市

チーバくん

ちはなちゃん

京成パンダ京成電鉄

ふなっしー船橋市

カムロちゃん佐倉市

群馬編集

ぐんまちゃん

おおたん

キノピー

上州たびまるくん

東京編集

ゆりーと

JiroKids

ノッポン東京タワー

おしなりくん墨田区押上・業平橋地区)

ソラカラちゃん東京スカイツリー

台東くん

ピーポくん警視庁

なみすけ

にしこくん

戸越銀次郎【東京都品川区・戸越銀座商店街】

大崎一番太郎【東京都品川区・大崎駅西口商店街】

柴崎さき【東京都調布市・柴崎地区】

ハーモニー君【東京都調布市・仙川商店街】

のるるん東京急行電鉄

タコちゃん西武鉄道

きゅんた【小田急バス】

トラのもん

松姫マッピー八王子市

神奈川編集

とつか再開発くん横浜市戸塚区)

たねまる

あゆコロちゃん厚木市

えび〜にゃえびなさん海老名市

※えびなさんは5位落選キャラだが、あまりの見た目のインパクトで一時ネットで話題になった。

DB.スターマン横浜DeNAベイスターズ

甲信越編集

山梨編集

とりもっちゃんえん丸くん

長野編集

アルクマ

アルプちゃん

福ちゃん

ハイぶりっ子ちゃん

ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世

新潟編集

レルヒさん

きらりん

トッキッキ

あぶらげんしん

やらにゃん

ブリカツくん

ササダンゴン

ジオまる

もち-うさぎ

ミョーコーさん

ザリガニータ

新潟県ゆるキャラ

北陸(新潟以外)編集

富山編集

ムズムズ

きときと君

石川編集

のとドン

カブッキー

わくたまくん

福井編集

はぴりゅう

さばにゃん

へしこちゃん

赤ふん坊や

さばトラななちゃん

東海編集

静岡編集

ハンバーグマのグーグー

えこまいくまー

ふじっぴー

出世大名家康くん

しっぺい

うちっちー

今川さん

出世法師直虎ちゃん

岐阜編集

やなな

ねぎっちょ

のぶさま。

ぶぅ

うながっぱ

かさまるくんかさまるちゃん

愛知編集

道風くん

はち丸

ピアッキ〜

いなッピー

せとちゃん

トヨッキー

狐娘ちゃん

春代日丸井之助

おけわんこ

オカザえもん

おおぞねこ

三重編集

いが☆グリオ

はいくちゃん

シロモチくん

藤堂とらまる

ちゃちゃも

ゴーちゃん

たけちゃん

関西編集

滋賀編集

ひこにゃん

やちにゃん

ひこちゅう

しまさこにゃん

いしだみつにゃん

おおたににゃんぶ

タボくん

ぎんにゃん

浅井三姉妹(茶々姫初姫江姫)

もーりー

うさぽん

びわこぐま

大阪編集

いしきりん【大阪府東大阪市】

さやりん

たきのみちゆずる

でんのすけ

サカエル&みそさかい(サカエルみそさかい)【大阪府堺市】

サカイタケルくん【大阪府堺市】

くしたん

とらとうちゃん

ハニワこうてい【大阪府八尾市】

泉南熊寺郎【大阪府泉南市】

イヌナキン【大阪府泉佐野市】

ウルスくん

京都編集

まゆまろ

たわわちゃん

801ちゃん

からっキー

キララちゃん

ゴーヤ先生

月橋渡

奈良編集

せんとくん【奈良県】

まんとくん

しかまろくん

蓮花ちゃん

なーむくん

郷士くん

和歌山編集

ひねキング

こうやくん

兵庫編集

はばタン

玄さん

あわじい

パパたこ

たみまる

しろまるひめ

わたる

ちーたん

コーベアー

時のわらし

関うーたん孔明わん

おっ!サン

中国編集

鳥取編集

トリピー

ヨネギーズ

かつ江さん

島根編集

しまねっこ

岡山編集

ももっち

広島編集

ブンカッキー

咲ちゃん

い~ねくん

山口編集

ちょるる

エコハちゃん

萩にゃん。

四国編集

徳島編集

すだちくん【徳島県】

トクシィ【徳島県徳島市】

うだつまる【徳島県美馬市】

ふじっこちゃん【徳島県石井町】

あわみちゃん【徳島県阿波市】

ヨッピーピッピー【徳島県吉野川市】

香川編集

うどん脳【香川県高松市】

ことちゃん【※ことでんグループ所属。企業枠】

愛媛編集

みきゃん【愛媛県】

バリィさん【愛媛県今治市】

高知編集

くろしおくん

カツオ人間

しんじょうくん【高知県須崎市】

ぶしゅまろくん

九州編集

福岡編集

じーも

千梅ちゃん

大分編集

めじろん

あ!官兵衛

ミヤちゃん

カボたん

ニータン

佐賀編集

こい姫ようかん右衛門

唐ワンくん

長崎編集

さるくちゃん

がんばくんらんばちゃん

軍艦島のガンショーくん

おむらんちゃん

しまばらん

熊本編集

ひごまる

くまモン

宮崎編集

ハニア

宮崎犬

鹿児島編集

ぐりぶー

コクトくん【鹿児島県奄美市

さくらじまん

イーサキング【鹿児島県伊佐市】

婀魔照朱吽

沖縄編集

ピカリャ~


海外編集

中国編集

海宝

フィンランド編集

ヘルッピ

韓国編集

トッタ

募集中だぞ

関連企画編集

めざせゆるキャラマスター!?

【企画】めざせゆるキャラマスター!?


関連タグ編集

マスコット マスコットキャラクター 癒しキャラ ご当地キャラ

着ぐるみ SD デフォルメ 脱力 ほのぼの

ご当地ヒーロー/ローカルヒーロー


ラブコフ:『仮面ライダーリバイス』に登場する悪魔で、見た目が可愛いゆるキャラである。

ラッピー(ラヴィット!)テレビ局の一番組所属のマスコットという、やや異なる意味で局地的な存在。狭義の「ゆるキャラ」ではないものの、他の「ゆるキャラ」を集めた企画を行うなど活動はそれらに準じている。なにより、2020年代に入ってからそうしたことを始めた点は特筆される。


他の記事言語編集

Weak Character

関連記事

親記事

イメージキャラクター いめーじきゃらくたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12730889

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました