ピクシブ百科事典

福島市

ふくしまし

福島県の中通りの北部に位置する都市(市)。県庁所在地。
目次[非表示]

概要

福島県県庁所在地中核市でもある。人口285,388人(2020年)。
中通り北部、福島盆地の南側を占める。

周りは山に囲まれ、西にある吾妻連峰吾妻小富士は市内全域から望め、市のシンボルとして親しまれている。
これに対し、市街地ランドマーク信夫山。市街地の北側にポツンとある離れ小島のような山で、羽黒山、羽山、熊野山の3つの頂が連なる。最高峰は羽山で標高275m。
福島市は1300万年ほど前は海底にあり、信夫山では貝類などの化石が見つかるが、福島盆地ができたのは50万年ほど前で、既に日本列島が陸地になっていた。
信夫山は福島盆地を形作った地殻変動断層)で出現した山塊の内、風雨に浸食されず、堆積した土砂にも埋もれず残ったものの一つで、地質学的には残丘と呼ばれる。

盆地にあるため冬は寒く、夏は東北地方とは思えない蒸し暑さで東京以上に暑いのもザラだが、その寒暖差のお陰で美味しい果物もできるため福島市の名物となった。
平坦地の大部分は吾妻連峰から流れ出す川が作った扇状地で、郊外には林檎葡萄などの果樹園が広がる。

飯坂高湯土湯微温湯(ぬるゆ)といった複数の温泉に、五色沼、花見山公園、へたれガンダム秘境駅赤岩駅」(2021年3月12日をもって廃止)などがアピールポイント。日本三不動のひとつ「中野不動尊」も見逃せないだろう。土湯温泉のこけしも郷土玩具として親しまれている。
夏祭り「福島わらじ祭り」で用いられる大わらじは実に10メートルをこえ、堂々の日本一。ただし、これは商工会議所のアイデアで1970年より始まったものであり、本祭は旧正月14日に信夫山の羽黒神社に大わらじを奉納する「信夫三山暁まいり」で、300年以上続いている。

福島県の免許センターは福島市と郡山市にしかない他、JRA日本中央競馬会)の競馬場に至っては東北唯一

福島市民は県内の他地域よりも仙台市に行く機会が多いらしく、ジョークめかして「仙台圏・福島区」とか言われることも。コープふくしま市民生協)も2018年にみやぎ生活協同組合に合併されるなど依存度が高いのは本当のようだ。

また、2020年8月末に地場百貨店であった中合福島店の閉店により、福島県の百貨店は郡山市のうすい百貨店のみとなり、百貨店が存在しない県庁所在地となった(同日には滋賀県大津市も西武大津店が閉店したため同様の状況となった)。

交通

鉄道

東北新幹線山形新幹線東北本線奥羽本線福島交通飯坂線阿武隈急行が通る。
市内で利用者数最大の駅は福島駅
いわゆる夜の街があるのは東口方面。西口は1982年の東北新幹線開通まで無く、駅に接していた昭栄製糸福島工場の跡地に昭栄福島ショッピングセンターが建設され、再開発が始まった。

高速道路

東北自動車道東北中央自動車道が通っている。

福島vs郡山

福島市民は郡山市にライバル心を抱いており、逆も然りである。

「福島わらじ祭り」と「郡山うねめ祭り」が共に8月の第1金曜~日曜という同日開催&毎年頑なに日時をずらさず行ってきたほか、「テレビユー福島(本社:福島市)と福島放送(本社:郡山)は互いの市に支社があるにも拘らず各々の地元の話題ばかり」である。

1871年の廃藩置県で、絹糸取引で栄えていた福島市(当時は福島町)には旧・福島県の県庁が置かれたが、郡山周辺は、安積台地に荒れた原野が広がっていた。
その後の安積開拓(1877年)で失業士族が入植し、安積疏水によって安積台地は豊かな農地に生まれ変わり、疏水に伴う水力発電所建設により郡山市は工業都市として発展。ドツボのように狭い福島盆地に立地する福島市より伸び代が大きかった。

経済商業交通の中心地で利便性が高く人口も多い郡山こそ県庁所在地にふさわしいという郡山市民が多く、本気で県庁移設を目指す市民活動も行われている(実現する可能性は限りなく低い)。
郡山が1997年という早い段階で中核市(県の権限を一部委譲された市町村のこと)に指定されたのに対し、福島は2018年とつい最近だった。

福島市出身の人物

古関裕而長崎の鐘オリンピックマーチ等を作曲し、2020年前期NHKの朝ドラ「エール」の主人公のモデルとなった作曲家
野村俊夫:同上のドラマで主人公の幼馴染のモデルとなった作詞家
高橋まこと:元・BOØWYのドラマー。
梅沢富美男俳優大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長
なすびお笑い芸人
伊達成実伊達政宗の重臣。

関連タグ

福島県 福島 中通り 東北新幹線 山形新幹線 福島駅
ケヤキ(市の木) モモ(市の花) シジュウカラ(市の鳥)

関連記事

親記事

中通り なかどおり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「福島市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14450

コメント