ピクシブ百科事典

福島交通

ふくしまこうつう

福島県の鉄道事業者・バス事業者である。
目次[非表示]

概要

法人格としてはは1907年に創立した信達軌道が前身で、1962年に現在の会社名となった。
2008年に会社更生法の適用を申請し、2009年以降は経営共創基盤が出資する持株会社、みちのりホールディングスの傘下に入っている。

鉄道

飯坂線

福島駅飯坂温泉駅間9.2kmを運行。1924年に開通した福島飯坂電気軌道を前身とし、1927年に合併、福島電気鉄道飯坂西線となる。1962年に現在の福島交通飯坂線となるが、合併前の1924年~1927年に名乗っていた社名「飯坂電車」が現在も愛称となっている。

センシティブな作品



路線データ

営業距離9.2km
軌間1067mm
駅数12駅
複線区間なし(全線単線)
電化区間全線(直流1500V)
閉塞方式自動閉塞式


駅一覧

駅名読み乗り換え路線備考
福島ふくしま
  1. 東北本線/奥羽本線
  2. 東北新幹線(北海道新幹線/秋田新幹線)/山形新幹線
  3. 阿武隈急行
曾根田そねだ
美術館図書館前びじゅつかんとしょかんまえ列車行き違い設備あり
岩代清水いわしろしみず
いずみ列車行き違い設備あり
上松川かみまつかわ
笹谷ささや列車行き違い設備あり
桜水さくらみず車両基地あり
平野ひらの
医王寺前いおうじまえ列車行き違い設備あり
花水坂はなみずざか
飯坂温泉いいざかおんせん


1991年から7000系(もと東京急行電鉄7000系)が使われている。先頭車はすべて中間車からの改造。3両編成2本、2両編成4本が在籍。
2017年から1000系(もと東京急行電鉄1000系)2編成5両の運行を開始し、7000系は3か年計画で1000系に置き換えられる。1000系も先頭車はすべて中間車からの改造。

飯坂東線(廃止)

法人格としては直系。当初は蒸気機関車が引っ張る軽便軌道だったが、火事を起こしたことをきっかけに富山電気鉄道(現富山地方鉄道)や金沢電気軌道(現北陸鉄道)の幹部に救済を依頼。彼らの手によって1926年から電化され福島電気鉄道と改称した。1962年に福島交通と改称したころからバス事業との比重が逆転。モータリゼーションに加え、同路線のエリアを通る丸森線が1971年までに福島に延伸する予定だった為1971年に全線が廃止された。しかし、工事が大幅に遅れ、丸森線が阿武隈急行として開通するのは1988年となる。この不義理のためバス事業への予定外の大幅な出費を強いられた福島交通は阿武隈急行に激怒し開業に反発しており、結局開通の条件として阿武隈急行の株式の過半数を割り当てられる事でようやく和解することとなった。

福島の田舎道を走った馬面電車



バス

福島県中通り地方と浜通り北部をメインに路線バス事業を、福島駅郡山駅を中心に各地を結ぶ高速バス事業を、それぞれ展開している。
みちのりホールディングスグループ加盟各社と接している福島県ではあるが、茨城・栃木方面に路線はなく、宮城県に岩手県北バスの営業所があるが、共同運行はしていない。しかし、仙台駅を軸にすると、みちのりHD各社(岩手県北バス・茨城交通)と接続している。

2019年10月の令和元年東日本台風で郡山支社が浸水。自社車両165両中92両が水没して使用不能になり、都営バス神奈川中央交通名鉄バスなどから中古車をかき集め、塗装をほとんど変えずに運行していたこともある。

イラストっぽく



関連タグ

中小私鉄 阿武隈急行(福島駅でホームを共用している。ただし電化方式が違うために線路は別々) 鉄道 東急1000系
みちのりホールディングス(みちのりHD)

関連記事

親記事

みちのりHD みちのりほーるでぃんぐす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「福島交通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1599

コメント