ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

石川県金沢市に本社を置き、同市を中心として鉄道線2路線(石川線浅野川線)と路線バスを運営する私鉄
略称:北鉄

かつては金沢市内線(路面電車)や国鉄(現JR西日本北陸本線の県内主要駅から分岐する形で多数の鉄道線を運行していたが、昭和後期のモータリゼーションの影響下で多くが廃止された。現在は会社としてはバス事業の方が主力となっている。
筆頭株主は名古屋鉄道(名鉄)。関連会社には小松バス、北鉄金沢バス、北鉄能登バス、北鉄奥能登バス、加賀温泉バス、加賀白山バス、北陸バスの各バス事業者、北鉄自動車学校を運営する北陸自動車興業、千里浜レストハウスを運営する千里浜観光開発などがある。
鉄道やバスにおいて北鉄グループ独自のICカード乗車システムである「ICa」を導入している。(全国相互利用サービスには対応していない為、JR線や首都圏など他県からのカードは使用できないので注意)

歴史

1943年に戦時統制により石川県下の鉄道会社やバス会社を統合して発足した。
しかし社風の異なる各会社を半ば国家命令という形で強引に合併したため、しばらく混乱が生じたり、また路線も点在していたため、戦後に入っても中々合理化が進まなかった。1959年-1960年に労使紛争が発生するとストライキが多発、電車やバスが運休続きとなり県下の観光産業にも影響が出はじめた。しかしながらそれでも混乱は収まらず、一時は社長をはじめとする役員が辞職し、指導者不在の事態にまで陥いってしまった。この事態を収めるため運輸省は名古屋鉄道に北鉄を子会社化するよう命じ、支援を行わせるようにした。
そのころ石川県内では上記の北鉄の混乱に乗じ、近畿日本鉄道が北鉄による県下の交通独占に一石を投じようと「北日本観光自動車」というバス会社を傘下に収めてバス路線を計画して参入を目論むなどの動きもあり、県内の交通業界は無秩序の状態に近づきつつあった。
1968年には鉄道路線全線を廃止することを表明したが、沿線住民や自治体の猛反対に遭い方針を転換、浅野川線・石川総線(石川線・金明線・能美線の総称)は残ることとなった(後に能美線は利用者低迷、金明線は大日川鉄橋の路盤が劣化したことにより廃止)。
1969年、北日本観光自動車のバス路線拡大申請が運輸審議会で却下され、ようやく県内の混乱が収束することになった。そして新たに親会社となった名鉄の支援・指導の元で、北鉄は鉄道・バス路線の整理を行うこととなった。

鉄道線の現在の使用車両

電圧は石川線(野町~鶴来間、13.8km)が直流600V、浅野川線(北鉄金沢~内灘間、6.8km)が直流1500Vとなっている。電圧が異なるのは、浅野川線の金沢駅付近の地下化対策により昇圧を行ったため。両線は元々別会社であった歴史的経緯もあり、線路もつながっていない。

7000系(石川線)

もと東急7000系。北鉄入線に際し600V化と台車交換が行われた。
7000形:2両編成1本。非冷房のまま入線。
7100形:2両編成2本。入線に際し冷房改造を行った。
7200形:2両編成2本。種車は中間車で、入線に際し先頭車化改造と冷房改造を行った。すごく平面顔で、72です・・・

7700系(石川線) 

メイン画像の車両
もと京王3000系。2両編成1本。北鉄入線に際し600V化と台車交換が行われ、モハ7700形に電動車化、パンタグラフ取り付けを行い入線。機器類は先述の7000系と同じとした。両開き扉。

ED1形(石川線)

1938年に製造され金沢電気軌道の時代から残る電気機関車。日本でも数少ない稼働状態の凸型電機でもある。スノープロウを付け除雪用として1両のみ残る。

8000系(浅野川線)

もと京王3000系。北鉄入線に際し電動車化とパンタグラフ取り付けを行った。
8800形:2両編成2本。種車は京王3000系の1次車(1962年製)であるため、が片開きである。
8900形:2両編成3本。両開き扉。

8800形の経年劣化に伴い車両の更新が予定されており、2019年7月に元東京メトロ日比谷線車両である03系4両が松任駅まで甲種輸送されている。JRの金沢総合車両所の工場で改造された後、2021年度を目途に浅野川線に投入予定とのこと。

バス事業

かつては石川県全域にバス路線を持っていたが、その多くは能登中央バス(現在の北鉄奥能登バス)、七尾バス、能登西部バス(以上2社は現在の北鉄能登バス)、加賀温泉バス、加賀白山バス、北鉄金沢中央バス、ほくてつバス(以上2社と加賀白山バス野々市営業所は現在の北鉄金沢バス)、小松バスに分社した。
現在は高速バス、金沢-小松空港間のリムジンバス、金沢市中心部の一部の路線、城下まち金沢周遊バスなどを運行している。コミュニティバスの運行も受託している。

名鉄グループであるため三菱ふそう車が多くあるが、石川県には「金産自動車工業(現在のJ-BUS)」があるため日野車も多い。
三菱車においては1995年まで当時の三菱自動車名古屋製作所大江工場製(エアロミディMKは呉羽自動車工業製の車体)を導入していたほか、1974年頃までは三菱+金産製車体の組み合わせで導入していた。1996年から三菱自動車バス製造(現在の三菱ふそうバス製造)の車体を導入している。
かつては日産ディーゼル(現在のUDトラックス)の車両も導入していた。1987年から1997年まで高速バス用の車両を導入していたほか、1996年以降は一般路線バス向けに中型ノンステップバスを中心に導入した。車体は富士重工業製と西日本車体工業製が混在。日産ディーゼルがバス事業から撤退したため、2010年を最後に新車導入を終えた。
いすゞ自動車製も活躍した時期があった。

北陸地区ではワンステップバスやノンステップバスの導入に最も積極的である。1996年以降導入に積極的であり、当初は中型車を中心に導入していたが、積み残しや混雑の激しさが問題となり、2005年からは大型ワンステップバスの導入を始め、2006年からは大型ノンステップバスの導入を再開し、現在も導入が進んでいる。

関連イラスト

鉄道

北陸のななせん



路線バス

日産ディーゼル PKG-RA274PAN



関連タグ

北陸 金沢 いしたん

外部リンク

関連記事

親記事

中小私鉄 ちゅうしょうしてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「北陸鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14859

コメント