ピクシブ百科事典

7200系

ななせんにひゃくけい

日本の鉄道車両の形式の一つ。ここでは「7200形」についても紹介。
目次[非表示]

東京急行電鉄7200系

【HD東急03】支線区はまかせろ!【7200系】


1967年(昭和42年)に営業運転を開始した東京急行電鉄通勤形電車。同年から1972年(昭和47年)までに53両が製造された。東京急行の軌道線・新玉川線以外の全線(田園都市線、東横線、目蒲線、池上線)に導入された。現在は1000系、新3000系の導入、VVVFインバータ制御の7600系への改造、地方への譲渡を受けて2000年に旅客営業を終了。事業用に改造されたアルミ合金の試作車が2両いたが2012年登場の7500系に置き換えられ引退。

なお、その2両は1991年に事業用に改造されて以降、1998年に軌道検測車サヤ7590号が新造されて検測時は3両編成を組んだ。現在、サヤ7590号は7500系に組み込まれ3両編成で検測を行う。番号がアレなので、サヤ7590号は7500系・・・なのだろうか?

備考

この形式は7000系において電装品に関係なく形式が連番で保守面で問題が生じたためか、電装品のメーカーによって形式下2ケタで区分されている。50番台の車両は東洋電機製造の電装品、それ以外は日立製作所の電装品である。
また、登場の背景には7000系が全電動車であったことがあげられる。東横線では全電動車という高性能さゆえに、東営直通運用、急行運用と共通化出来ていたものの、田園都市線、池上線や目蒲線では余剰性能気味であったため、導入費用、保守費用が嵩んでいた。そのため、7000系の製造量数が134両に達したのを機に、MT比1:1マイナーチェンジ車として登場した。また、軌道線を除く全線に入線できる車体幅により汎用性は高かったと思われる。

形式

形式形態搭載機器備考
デハ7200制御電動車制御機日立車13両、東洋車10両製造
デハ7300中間電動車電動発電機・空気圧縮機日立車2両、東洋車1両製造 搭載機器は後天的な改造で搭載
デハ7400中間電動車電動発電機・空気圧縮機日立車、東洋車各2両 搭載機器は新造当初から搭載
クハ7500制御付随車電動発電機・制御機日立車13両、東洋車10両 電動発電機は冷房改造後に搭載
デヤ7200制御電動車制御機電装品は日立製 ATC車上子搭載済 運転台増設改造済 元番デハ7200
デヤ7290架線検測車検測機器電装品は日立製 ATC車上子搭載済 電装・運転台増設済 元番クハ7500
サヤ7590軌道検測車検測機器・冷房新造車 車体中央付近に軌道検測用の台車を持つ


上田交通→上田電鉄 7200系

上田電鉄に乗ろう


1993年に上田交通(現:上田電鉄)が導入した電車。東急7200系の譲渡車で、デハ7200形、クハ7500形各5両の計10両が譲渡された。現在は東急1000系の譲渡に伴い、6両が廃車。2両が豊橋鉄道に譲渡、2両は東急車輛製造に里帰りした。

十和田観光電鉄7200系

十和田観光電鉄が2002年に導入した。デハ7200形を2両、両運転台化の元譲渡された。現在は同線の廃止と同日、2012年3月31日に廃止。増設運転台はデヤ7200から配管の露出を取り払い方向幕を取り付けたような平面顔である。平らで72だと・・・!?

大井川鐵道7200系

大井川鐵道が2014年に導入したステンレスカー。先述の十和田観光電鉄7200系が2両とも大井川鐵道へ譲渡された。同社の車両では久しぶりに単行運転が出来る車両である。

京阪電気鉄道7200系

【HD京阪07】希少価値のニュースタイル【7200系】


京阪電車が導入した通勤形電車。8両編成2本、7両編成1本が川崎重工で製造された。車体は7000系をベースにアルミ合金製。車いすスペースの設置や、側窓のパワーウインドウ導入などで、新しい京阪電車の象徴となっていた。本車輌をベースに9000系10000系が製造された。最近は組成変更が発生しているようだ。
京阪7200系

北陸鉄道7200形

北陸鉄道石川線の近代化のために投入された7000系列のうちの1種。7200形は、もと東急7000系(初代)の中間車を先頭車化改造して、冷房化、電圧600V化と台車交換も行った。すごく平面顔で・・・72です・・・

JR四国7200系

JR四国121系をVVVF制御化・「ef WING」台車への交換等の改造を行い形式変更した電車。

関連タグ

鉄道車両の形式の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「7200系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5762

コメント