ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  • 東急3000系(初代):戦前の1920年代から戦後の1960年代にかけて製造されたツリカケ駆動の旧形車の「総称」。1989年に営業運転を終了。
  • 東急3000系(2代目):当記事にて解説。


東急3000系(2代目)

東急目蒲線が2000年8月に運転系統を変更、東急目黒線東急多摩川線へ分離されることになり、目黒線専用の6両編成として新造投入されたのが東急3000系である。都営地下鉄三田線東京メトロ南北線(当時は営団地下鉄南北線)との相互直通運転も同時に始まることになったため、運転機器の取り扱いを他社の車両と共通化している(2001年に南北線経由で埼玉高速鉄道線へも相互直通運転開始)。

車体は以前の車両と同様、ステンレス製となっているが、東急で初めてビードなしの艶消しの平板で構成されている。IGBT素子によるVVVFインバータ制御を採用した。

東急3000系はまず先行車として第1編成が8両固定編成で製造され、1999年4月から2000年1月まで暫定的に東急東横線で運用された。2000年8月までに第12編成まで登場し6両編成12本に揃えられ、2001年3月に最終編成の第13編成が増備されて本系列の製造は78両で一旦打ち止めとなった(以降の増備は東急5080系へ移行)。
2022年度の東急新横浜線開業・相模鉄道方面直通運転開始に際し、東急目黒線所属の全編成を8両編成へ増結する方針が決まった。本系列についても2021年度より5000系列の車体に準拠した中間車を新たに新造し既存の6両編成へ順次挿入される。

運行区間


2000年当時は武蔵小杉駅までの区間で全列車が各駅停車であったが、2006年に急行運転を開始し、さらに2008年に運行系統を日吉駅まで拡大している。

編成表

(※6両編成時代の組成)

←目黒(浦和美園・西高島平)日吉→
形式300032503200350034003100備考
MT構成Tc2M2M1TMTc1
号車123456
機器構成SIV,CP,BT,♿︎VVVF1SIV,CP,BTVVVF2,♿︎
第1編成300132513201350134013101
第2編成300232523202350234023102
第3編成300332533203350334033103
第4編成300432543204350434043104
第5編成300532553205350534053105
第6編成300632563206350634063106
第7編成300732573207350734073107
第8編成300832583208350834083108
第9編成300932593209350934093109
第10編成301032603210351034103110
第11編成301132613211351134113111
第12編成301232623212351234123112
第13編成301332633213351334133113

関連項目

東急電鉄 東京急行電鉄 東急 

自社車両

3000系
1000系 東急1000系
2000系 東急2000系
3020系 東急2020系
5080系 東急5000系
6000系 東急6000系
7000系 東急7000系
8000系 東急8000系
9000系 東急9000系

乗り入れ車両

6300形 都営6300形
6500形 都営6500形
埼玉高速鉄道2000系
東京メトロ9000系
21000系 相鉄20000系

関連記事

親記事

東急電鉄 とうきゅうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「東急3000系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「東急3000系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2168

コメント