ピクシブ百科事典

東急3000系

とうきゅうさんぜんけい

ここでは、東京急行電鉄にて活躍中の2代目3000系について解説。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • 東急3000系(初代):戦前の1920年代から戦後の1960年代にかけて製造されたツリカケ駆動の旧形車の「総称」。1989年に営業運転を終了。
  • 東急3000系(2代目):当記事にて解説。


東急3000系(2代目)

東急目蒲線が2000年8月に運転系統を変更、東急目黒線東急多摩川線へ分離されることになり、目黒線専用の6両編成として新造投入されたのが東急3000系である。都営地下鉄三田線東京メトロ南北線(当時は営団地下鉄南北線)との相互直通運転も同時に始まることになったため、運転機器の取り扱いを他社の車両と共通化している(2001年に南北線経由で埼玉高速鉄道線へも相互直通運転開始)。

車体は以前の車両と同様、ステンレス製となっているが、東急で初めてビードなしの艶消しの平板で構成されている。IGBT素子によるVVVFインバータ制御を採用した。

東急3000系はまず先行車として第1編成が8両固定編成で製造され、1999年4月から2000年1月まで暫定的に東急東横線で運用された。2000年8月までに第12編成まで登場し6両固定編成12本に揃えられ、2001年3月に最終編成の第13編成が増備されて本系列の製造は終了となった(以降の増備は東急5080系へ移行)。78両が在籍。

運行区間


2000年当時は武蔵小杉駅までの区間で全列車が各駅停車であったが、2006年に急行運転を開始し、さらに2008年に運行系統を日吉駅まで拡大している。

関連項目

東京急行電鉄 東急電鉄 東急 3000系 東急5000系 6300形 東京メトロ9000系

pixivに投稿された作品 pixivで「東急3000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント