ピクシブ百科事典

東急2000系

とうきゅうにせんけい

東急2000系とは、東京急行電鉄の通勤形車両である。
目次[非表示]

東急2000系として

東急田園都市線の混雑緩和・輸送力増強を目的として、1992年・1993年に10両編成3本が登場した。東急9000系をベースにした4ドア・20m車両であるが、分散型クーラーは2基ずつを寄せて搭載したため、クーラーのキセの形状が9000系と異なっている。また、走行路線の関係で9000系にあったボックスシートは本系列では採用されていない。
本系列はあくまで増備用であるため3編成のみの少数派となったことから、乗務員訓練などの都合のため東武鉄道(東武伊勢崎線方面)への乗り入れ対応機器は搭載せず、同線には直通しない東京メトロ半蔵門線押上駅までの限定運用(通称「サークルK」。前面に「K」印のシールを貼っていることに由来)で使われていた。
2015年から翌年にかけて前照灯をLEDに交換する工事が行われた。

リニューアル・大井町線転用改造

東急田園都市線8500系2020系に置き換えられることになったが、東急大井町線でも5両編成の8500系がまだ残存しており、その代替車両として2000系が抜擢されることになった。
2018年に、2003編成の中間車2両を除く8両に対しリニューアル工事が行われた。工事内容はパンタグラフの交換・増設、制御装置の交換、フリースペースの増設など。しかしこれはあくまで大井町線転用に向けた暫定措置。2019年には残る2001・2002編成についてもリニューアル工事と大井町線転用改造を施工、この際2003編成の中間電動車ユニット絡みの編成組み替えが行われた。
余った中間車15両は廃車除籍。すでに大井町線各駅停車用として9000系が在籍しており、デザインと運用取り扱いが共通となることから、新たに組成された5両編成3本は「9020系」へ改番されることになった。

なお、「東急9020系」は「東急8000系グループの8500系」、「東急8000系グループの8090系」、「東急8000系グループの8590系」・・・のように、「東急9000系グループの9020系」という立ち位置であり、広義では「東急9000系」の一種として扱われている。

(※参考文献:イカロス出版発行「私鉄車両年鑑2019」の巻末についている東急公式の車両編成表資料より。9000系は2019年4月現在5両編成18本・計90両在籍とカウントされている)

関連タグ

東京急行電鉄(東急) 2000系 東急田園都市線 東急大井町線 サークルK
東急9000系9000系 東急8500系8500系 東急2020系2020系

関連記事

親記事

東急9000系 とうきゅうきゅうせんけい

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東急2000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2393

コメント