2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

東急9000系

とうきゅうきゅうせんけい

東急9000系とは、東急電鉄にて運用されている通勤形車両である。
目次[非表示]

「広義」の東急9000系

東急8090系8590系に続いて1986年に登場した東急電鉄の通勤形車両。東急初の量産型VVVF制御車両として1993年まで製造された。

なお、9000系を「狭義」で分類すると以下の通りになる。

  • 9000系:1986年~1991年に合計117両を製造。
  • 9020系:1992年・1993年に「2000系」として合計30両を製造、うち15両が改番・編入。⇒東急2000系

(※参考文献:イカロス出版発行「私鉄車両年鑑2019」の巻末についている東急公式の車両編成表資料より。9000系は2019年4月現在5両編成18本・計90両在籍とカウントされている)

「狭義」の東急9000系

東急9000系(9005F バグ表示)



登場当初

1986年に登場したグループ。
1980年代はチョッパ制御の車両が主流で、当時の東急では8000系8500系が在籍。東急はチョッパ制御よりもさらに省エネなVVVF制御車両を本格的に導入するため、まず6000系(初代)の一部編成をVVVF制御に改造して試験、そのうえでVVVF制御の量産型車両、9000系を製造した。
8両編成14本、5両編成1本が製造され、8両編成は東急東横線に、5両編成(9007編成)は東急大井町線に配属された。
8090系8590系に引き続き軽量ステンレス車体とし、地下線への乗り入れを考慮して非常扉を前面に装備した。また、車端部には珍しくクロスシート(ボックスシート)を設置した。

大井町線集結

東急東横線では東京メトロ副都心線への乗り入れに際し、9000系を改造対象から外すことになった。このため2009年から2013年にかけて東横線所属だった8両編成14本をすべて5両編成に編成短縮させ、東急大井町線ヘ転属することになった。こうして9000系は15本すべてが大井町線に集結した。
余った中間車は廃車となったが、廃車体を武蔵小杉東急スクエアの展望デッキの壁面に活用したり、台車の一部を伊賀鉄道200系に転用したりしている。

関連項目

東急電鉄 東京急行電鉄 東急東横線 東急大井町線 GTO VVVF
1000系東急1000系 2000系東急2000系 9000系

関連記事

親記事

東急電鉄 とうきゅうでんてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14500

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました