ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

東急9000系

とうきゅうきゅうせんけい

東急9000系とは、東急電鉄にて運用されている通勤形車両である。
目次 [非表示]

「広義」の東急9000系

東急8090系8590系に続いて1986年に登場した東京急行電鉄(現・東急電鉄)の通勤形車両。東急初の量産型VVVF制御車両として1993年まで製造された。


なお、9000系を「狭義」で分類すると以下の通りになる。


  • 9000系:1986年~1991年に合計117両を製造。
  • 9020系:1992年・1993年に「2000系」として合計30両を製造、うち15両が改番・編入。⇒東急2000系

(※参考文献:イカロス出版発行「私鉄車両年鑑2019」の巻末についている東急公式の車両編成表資料より。9000系は2019年4月現在5両編成18本・計90両在籍とカウントされている)


「狭義」の東急9000系

東急9000系(9005F バグ表示)


登場当初

1986年に登場したグループ。

1980年代はチョッパ制御の車両が主流で、当時の東急では8000系8500系が在籍。東急はチョッパ制御よりもさらに省エネなVVVF制御車両を本格的に導入するため、まず6000系(初代)の一部編成をVVVF制御に改造して試験、そのうえでVVVF制御の量産型車両、9000系を製造した。

8両編成14本、5両編成1本が製造され、8両編成は東横線に、5両編成(9007編成)は大井町線に配属された。

8090系、8590系に引き続き軽量ステンレス車体とし、地下線への乗り入れを考慮して非常扉を前面に装備した。また、車端部には珍しくクロスシート(ボックスシート)を設置した。


大井町線集結

東横線では東京メトロ副都心線への乗り入れに際し、副都心線内の勾配に9000系が対応不可能と判断され、9000系を改造対象から外すことになった。このため2009年から2013年にかけて東横線所属だった8両編成14本をすべて5両編成に編成短縮させ、大井町線ヘ転属することになった。こうして9000系は15本すべてが大井町線に集結した。

余った中間車は廃車となったが、廃車体を武蔵小杉東急スクエアの展望デッキの壁面に活用したり、台車の一部を伊賀鉄道200系に転用したりしている。


他社への移籍

9000系・9020系共に西武鉄道へ譲渡、2025年度より運用開始が予定されている。サステナ車両

多摩川線多摩湖線西武秩父線狭山線に導入され、既存の西武新101系西武4000系などを置き換えるものと思われる。サステナ車両で西武が求めた条件「ステンレスorアルミ車体、VVVF制御」にしっかりマッチしている上、耐久性に定評のある東急車ということで長く活躍できるものと思われる。


余談となるが、西武秩父線の運用に関しては山岳路線故に改造しない限りパワー不足となるのでは、という心配が一部ファンの間で挙がっている。これについてはみなとみらい線開業以降の東白楽〜反町間のように高架⇔地下の勾配はあったものの、路線全体に急勾配がちらほらあるタイプは未経験であるということが根拠にある。

なお、サステナ車両の同期となる小田急8000形は2008年頃まで日常的に箱根登山鉄道に乗り入れており、20〜40‰の勾配の連続を経験していることから、こちらに選手交代となる説もちらほら挙がっている。


運用路線

現在の運用路線


過去の運用路線


関連項目

東急電鉄 東京急行電鉄 東急東横線 東急大井町線 GTO VVVF

1000系東急1000系 2000系東急2000系 9000系

関連記事

親記事

東急電鉄 とうきゅうでんてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16286

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました