ピクシブ百科事典

東急目黒線

とうきゅうめぐろせん

東急電鉄が運行している鉄道路線の1つ。
目次[非表示]

路線データ

路線延長11.9km(運行区間として、目黒線のみなら6.5km)
駅数13駅
電化区間全線直流電化(1500V)
複線区間全線
閉塞方式車内信号閉塞式(ATC-P)
最高速度110km/h


路線概要

東急電鉄が運行している鉄道路線の1つ。

戸籍上では目黒駅から東急東横線田園調布駅までの6.5kmを結ぶ。田園調布駅からは東横線の複々線扱い(田園調布~日吉間では東横線が外側、目黒線が内側)となり、武蔵小杉駅を経て日吉駅まで直通運転を行っている。車庫は東横線内にある「元住吉検車区」と、奥沢駅横にある「元住吉検車区奥沢車庫」の2か所。
目黒駅から先は都営地下鉄三田線西高島平および東京メトロ南北線埼玉高速鉄道線浦和美園まで直通運転を行っている。
東横線経由で横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅まで直通する臨時列車『みなとみらい号』が運転されている。なお、この列車に限って田園調布から東横線の線路を走り、日吉までの各駅においても東横線のホームを使用する。

もともとは目黒駅から蒲田駅までの区間「東急目蒲線」を名乗っていたが、東横線の混雑緩和を目的として運転系統を分割。目黒~多摩川間と多摩川~蒲田間に分けられ、前者は多摩川から先を改めて東急東横線の複々線区間として日吉駅まで延伸することとなった。これが目黒線の始まりである。なお、後者は現在東急多摩川線となっている。
本路線の前身は渋沢栄一らによる田園都市開発の一環として1923年に目黒~丸子(現・沼部)間に開業した目黒蒲田電鉄目黒線(後の東急目蒲線)であり、多摩川線とともに東急電鉄の発祥路線と呼ばれている。

種別は急行と各駅停車の2種類。急行は目黒・武蔵小山・大岡山・田園調布と田園調布から先の東横線急行停車駅、および目黒から先の三田線、南北線、埼玉高速鉄道線内の各駅に停車する。1時間あたり埼玉高速鉄道線浦和美園行きと鳩ケ谷行き各1本、三田線西高島平行き2本が15分間隔でそれぞれ交互に運転され、武蔵小山で各駅停車と接続している。このほか『みなとみらい号』も目黒線・東横線・みなとみらい線内は急行運転となる。
列車は現時点ではすべて6両編成で、直通先も含めて全駅にホームドアが完備されているほか、保安装置は半自動運転式(加速は手動、ブレーキは自動)のTASCが導入されている。田園調布駅、大岡山駅、目黒駅は地下駅となっている。

近い将来、日吉駅から相鉄本線西谷駅まで直通する東急相鉄新横浜線の開業・直通運転が予定されている。
更に、現在の直通運転先の都営三田線の混雑緩和や相鉄線直通の編成対応化を目的として8両編成へ増結する予定となっている為、東急目黒線も両路線に合わせる形で2022年までに順次、8両編成化を行う計画となっている。

尚、武蔵小杉駅東京駅(大手町駅)へは横須賀線と競合しているが、本数はこちらが多く定時性もこちらの方が優位(所要時間と運賃はJRの方が有利)。
その為、武蔵小杉駅の行列を避けたい場合、こちらを利用するのが良い。
又、大岡山駅以北は東急田園都市線を介して神保町駅や大手町駅に向かう路線としても機能する。
将来的には東急新横浜線が直通し、小田急電鉄小田原線&江ノ島線東海道新幹線とも競合路線になる。

使用・乗り入れ車両


乗り入れ予定車両

  • 相鉄20000系:2022年(令和4年)度から相鉄・東急直通にしようされる車両。8両編成の車両が乗り入れ予定。


駅一覧

駅番号駅名急行停車駅乗り換え路線備考
  1. 東京メトロ南北線経由埼玉高速鉄道浦和美園駅まで直通運転
  2. 都営地下鉄三田線西高島平駅まで直通運転
MG01目黒JR東日本山手線
MG02不動前
MG03武蔵小山2面4線の待避線あり
MG04西小山
MG05洗足目黒線唯一の目黒区内の停車駅
MG06大岡山東急大井町線
MG07奥沢目黒線唯一の世田谷区内の停車駅
MG08田園調布東急東横線
MG09多摩川
  1. 東急東横線
  2. 東急多摩川線
MG10新丸子東急東横線
MG11武蔵小杉
  1. 東急東横線
  2. JR東日本南武線
  3. JR東日本横須賀線湘南新宿ライン
  4. 相鉄・JR直通線
MG12元住吉東急東横線
MG13日吉
  1. 東急東横線
  2. 横浜市営地下鉄グリーンライン
目黒線唯一の横浜市内の停車駅


関連タグ

東急電鉄 都営地下鉄 東京メトロ 埼玉高速鉄道 3000系 5080系

関連記事

親記事

東急電鉄 とうきゅうでんてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東急目黒線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10806

コメント