ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
東京メトロ南北線
2
東京メトロの路線の一つ。

路線データ

路線名南北線※
路線番号7号線※
路線記号N
路線色エメラルドグリーン
区間目黒〜赤羽岩淵
路線距離21.3km
軌間1,067mm(狭軌)
駅数19駅
電化区間全線(直流1,500V)
複線区間全線
閉塞方式速度制御式(新CS-ATC)・ATO
運転指令所東京メトロ総合指令所
最高速度80km/h
第一種鉄道事業者東京メトロ(全線)
第二種鉄道事業者東京都交通局(目黒〜白金高輪)

※『鉄道要覧』における名称は「7号線南北線」。


路線概要

目黒駅(東京都品川区)と赤羽岩淵駅(東京都北区)を結ぶ東京メトロ地下鉄路線。東京都の地下鉄としては後からできたため、駅は地下の奥深くに造られている事が多い。


目黒駅〜白金高輪駅間は東京都交通局(都営地下鉄)三田線との共用区間で、東京メトロが第一種事業者、東京都交通局が第二種事業者。東急電鉄管理の目黒駅を除き、東京メトロが同区間の施設を管理する。なお共用区間は東京メトロ・都営地下鉄どちらの乗車券類でも利用可能。


車両基地・留置線

車両基地は王子検車区。王子神谷駅の近隣にあり、同駅から検車区への分岐線がある。留置線は白金高輪駅(三田線と共用)、麻布十番駅市ケ谷駅にある。但しこれらを全て使用しても南北線の全車両を留置しきれない為、直通他社の車両基地や留置線にも留置される。


南北線車両の全般検査は千代田線の綾瀬車両基地内にある綾瀬工場で行っている。このため上述の市ケ谷駅留置線に有楽町線との連絡線が存在し、有楽町線を経由し桜田門駅と千代田線霞ケ関駅を結ぶ連絡線を通り千代田線へと入線する。

過去にはこの連絡線を利用して臨時列車が運行された(後述)。


相互直通運転

2023年(令和5年)3月18日以降、以下の路線と相互直通運転を行っている。


・埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線):赤羽岩淵駅〜浦和美園駅


目黒線(※1):目黒駅〜田園調布駅日吉駅

東急新横浜線(※2):日吉駅〜新横浜駅


相鉄新横浜線(※2):新横浜駅〜西谷駅

本線:西谷駅〜海老名駅

いずみ野線二俣川駅湘南台駅


(※1)国土交通省鉄道局監修の『鉄道要覧』に基づく正式な路線名は、目黒駅〜田園調布駅間が目黒線、田園調布駅〜日吉駅間が東横線(の複々線区間)。

(※2)東急新横浜線・相鉄新横浜線はそれぞれ「東急」・「相鉄」を冠した名称が正式な路線名である。


沿革

営団地下鉄時代


民営化後

  • 2004年(平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団の民営化に伴い、東京地下鉄(東京メトロ)に承継。
  • 2008年(平成20年)6月22日:東急目黒線の武蔵小杉駅〜日吉駅間延伸に伴い、直通区間を日吉駅まで延長。
  • 2023年(令和5年)3月18日:東急新横浜線日吉駅〜新横浜駅間、相鉄新横浜線新横浜駅〜羽沢横浜国大駅間が開通。同時に東急・相鉄新横浜線経由で相鉄本線・いずみ野線への直通運転を開始。
  • 2023年(令和5年)12月16日:自社車両である9000系の最初の8両編成が営業運転を開始。

利用状況

東京の他の地下鉄と比べると都心・副都心をほとんど通らず乗り換え工事を行っていない独自の駅が多いためか、東京メトロの駅の乗降数ワースト2(1位:西ケ原駅 2位:志茂駅)を独占しており、他のメトロの線と比べてももっとも閑散としている。

また、普通23区内を走る鉄道なら大企業や大都市の広告を流す事が多いトレインビジョンの方も東京よりもやたら埼玉のローカル広告が多く、良くも悪くも独自色が表れている。

ところが相鉄・東急新横浜線が開業してから混雑が悪化しており140%を超えている。

当然、6両編成ではすでに輸送力限界状況が達しており8両化必須状況となっている

今後は第9~21編成の8両化が行われる見込みで、まず、最初の第9編成(9109F)がB修繕と共に8両化が為され、2023年12月16日に正式運用に入った。


なお、当初では5次車(第22・23編成)も8両化の対象とされていたが、後に取り止めとなった。


余談

いわゆる"営団ブザー"は開業時から使用されておらず、独自の発車サイン音『音無川の流れ』が方面別であったが、2015年(平成17年)3月に他のワンマン運転実施路線と同じ駅別・ホーム別に使い分けられるようになった。(このタイミングでは元々は無かった発車放送も副都心線仕様の文言で追加されている)

その一方で、都営三田線、埼玉高速鉄道、東急目黒線では長年南北線式のサイン音かつ発車放送無しの運用となっていたが、都営三田線のホームドア側が大江戸線と同仕様に、乗降促進メロディは2022年秋から東急目黒線に導入されたものに統一され、音無川は永遠に流れなくなった


開業当初は他の路線に繋がっていないこともあってか、あらゆるものの試験が行われていた。

その結果は…

  • NSメトロカード→SFメトロカード→パスネットPASMO
  • ワンマン運転実施→千代田線北綾瀬支線で実施→副都心線全線で実施→丸ノ内線全線で実施→有楽町線全線で実施
  • ホームドア設置メトロ全路線で実施(一部駅除く)。

以上は東京メトロのみの影響であって、他社へ与えた影響はさらに大きいと言える。

特に南北線のホームドアは全線運用の試作に設けたためなのか、バブル時代に作ったためなのか、他の線と比べて高級な全面ガラス張りという特別仕様で造られている。同じタイプのホームドアは、京都市営地下鉄東西線にも採用された。


なお、かつて東京メトロがラブライブ!のミニユニットとコラボレーションした際は、各々のパーソナルカラーやそれに近い色がμ'sメンバーに割り振られたが、濃い青は都営地下鉄(東京都交通局)の三田線のみが使用しているため、園田海未はラインカラーが青緑の南北線に割り当てられた。一応目黒~白金高輪間は三田線と共用、直通先の東急目黒線のラインカラーも青系統とされているため、違和感の薄い選択となっている。 なお、パーソナルカラーが青緑系統のラブライブ!キャラは後発作品の松浦果南三船栞子が登場している。


現在の運行形態

急行及び各駅停車が運行されるが、半蔵門線同様メトロ線内は各駅に停車する。東急線内停車駅は個別記事を参照のこと。

B線は主に白金高輪止まりの線内運用、目黒線の日吉行き、東急新横浜線の新横浜行き、相鉄線直通列車の4パターンが存在、A線は大半が埼玉高速線に直通している。


駅一覧

駅番号駅名接続路線備考
東急目黒線東急新横浜線相鉄新横浜線経由本線海老名/いずみ野線湘南台まで直通運転
N01目黒
  1. 都営三田線(I01)
  2. 東急目黒線(MG01)
  3. JR山手線(JY22)
  • 東急管理駅
  • 東京メトロ最南端の駅
  • 当駅止あり
N02白金台
N03白金高輪都営三田線(I03)
  • 当駅発着あり
  • ここまで共用区間
N04麻布十番都営大江戸線(E22)当駅発着あり
N05六本木一丁目
N06溜池山王
  1. 銀座線(G06)
  2. 丸ノ内線/千代田線国会議事堂前駅(M14/C07)
  • 当駅始発あり
  • 2000年9月25日まで起点
N07永田町
  1. 有楽町線(Y16)/半蔵門線(Z04)
  2. 銀座線/丸ノ内線赤坂見附駅(G05/M13)
N08四ツ谷
  1. 丸ノ内線(M12)
  2. JR中央快速線(JC04)/中央・総武緩行線(JB14)
1997年9月29日まで起点
N09市ケ谷
  1. 有楽町線(Y14)
  2. 都営新宿線(S04)
  3. JR中央・総武緩行線(JB15)
  • 当駅発着あり
  • 有楽町線との連絡線あり
N10飯田橋
  1. 東西線(T06)/有楽町線(Y13)
  2. 都営大江戸線(E06)
  3. JR中央・総武緩行線(JB16)
N11後楽園
  1. 丸ノ内線(M22)
  2. 都営三田線/大江戸線春日駅(I12/E07)
N12東大前
N13本駒込
N14駒込JR山手線(JY10)
  • 開業時の起点
  • 当駅発着あり
N15西ケ原
N16王子
  1. JR京浜東北線(JK36)
  2. 都電荒川線王子駅前停留場(SA16)
N17王子神谷当駅発着あり
N18志茂
N19赤羽岩淵当駅発着あり
埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線浦和美園まで直通運転

使用車両

相鉄直通は原則東急車か相鉄車が使用される。6両と8両が混在。


この他、三田線との共用区間において都営6300形都営6500形が使用されるが、南北線では使用しない。


今後の予定

白金高輪駅から分岐して品川駅へと延伸する構想が建てられている。営業主体が東京メトロになるのか、あるいは都営三田線の延伸扱いになるのかは不明だったが、東京メトロが2022年(令和4年)1月28日国土交通省に延伸許可申請を出した事で、東京メトロ営業主体となる事が確定した。2030年代半ばでの開業を目指しており、実現すれば、現行の白金高輪駅止まりの列車が品川駅まで運行される可能性が高い。なお、延伸部分の道程は2.8kmで、(ある路線周辺を通るものの)途中駅は設けられない。


他にも、新横浜駅への乗り入れと相鉄線との相互直通運転に備えて、当路線の各駅も8両対応工事が行われ、2022年4月以降まず東急車から8両編成での運行が開始された。2023年3月18日以降は相鉄車も当路線と埼玉高速鉄道線に乗り入れるようになった。


なお、自社車両である9000系は長らく6両編成のままとなっていたが、2023年6月に第9編成がB修繕と共に8両化された。約半年間の試運転を経て、2023年12月16日から運用を開始した。

更に3次車、4次車に該当する10編成~21編成も8両化する方針となった。


その一方で、相鉄直通に向けての対応工事の遅さ、さらには白金高輪駅での配線の関係等の理由により、将来、東急・相鉄と直通する列車を三田線に一本化。南北線は品川発着に切り替えるために(日比谷線に次いで)東急線との直通運転を終了、目黒と白金台に二度と乗り入れないのではないかという見方もある(更に、日吉駅の東急目黒・新横浜線が10両の停車が可能な有効長になった為、三田線を目黒経由10両にして、南北線は8両で品川発着へ移行する可能性も出て来た)。

(詳細は、これらのリンクを参照のこと。)

しかし、品川乗入にしても09編成~21編成が8両化する方針から打ち切りになっても8両化を進めることは確定した。


資料動画

特集動画


旧接近・発車メロディ(1991年の開業時から使用していたが、どちらも現在不使用。)


関連タグ

東京メトロ(東京地下鉄) 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)

都営地下鉄 都営三田線

東急電鉄 東急目黒線 東急新横浜線

埼玉高速鉄道

相模鉄道 相鉄新横浜線 相鉄本線 いずみ野線


外部リンク

路線データ

路線名南北線※
路線番号7号線※
路線記号N
路線色エメラルドグリーン
区間目黒〜赤羽岩淵
路線距離21.3km
軌間1,067mm(狭軌)
駅数19駅
電化区間全線(直流1,500V)
複線区間全線
閉塞方式速度制御式(新CS-ATC)・ATO
運転指令所東京メトロ総合指令所
最高速度80km/h
第一種鉄道事業者東京メトロ(全線)
第二種鉄道事業者東京都交通局(目黒〜白金高輪)

※『鉄道要覧』における名称は「7号線南北線」。


路線概要

目黒駅(東京都品川区)と赤羽岩淵駅(東京都北区)を結ぶ東京メトロ地下鉄路線。東京都の地下鉄としては後からできたため、駅は地下の奥深くに造られている事が多い。


目黒駅〜白金高輪駅間は東京都交通局(都営地下鉄)三田線との共用区間で、東京メトロが第一種事業者、東京都交通局が第二種事業者。東急電鉄管理の目黒駅を除き、東京メトロが同区間の施設を管理する。なお共用区間は東京メトロ・都営地下鉄どちらの乗車券類でも利用可能。


車両基地・留置線

車両基地は王子検車区。王子神谷駅の近隣にあり、同駅から検車区への分岐線がある。留置線は白金高輪駅(三田線と共用)、麻布十番駅市ケ谷駅にある。但しこれらを全て使用しても南北線の全車両を留置しきれない為、直通他社の車両基地や留置線にも留置される。


南北線車両の全般検査は千代田線の綾瀬車両基地内にある綾瀬工場で行っている。このため上述の市ケ谷駅留置線に有楽町線との連絡線が存在し、有楽町線を経由し桜田門駅と千代田線霞ケ関駅を結ぶ連絡線を通り千代田線へと入線する。

過去にはこの連絡線を利用して臨時列車が運行された(後述)。


相互直通運転

2023年(令和5年)3月18日以降、以下の路線と相互直通運転を行っている。


・埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線):赤羽岩淵駅〜浦和美園駅


目黒線(※1):目黒駅〜田園調布駅日吉駅

東急新横浜線(※2):日吉駅〜新横浜駅


相鉄新横浜線(※2):新横浜駅〜西谷駅

本線:西谷駅〜海老名駅

いずみ野線二俣川駅湘南台駅


(※1)国土交通省鉄道局監修の『鉄道要覧』に基づく正式な路線名は、目黒駅〜田園調布駅間が目黒線、田園調布駅〜日吉駅間が東横線(の複々線区間)。

(※2)東急新横浜線・相鉄新横浜線はそれぞれ「東急」・「相鉄」を冠した名称が正式な路線名である。


沿革

営団地下鉄時代


民営化後

  • 2004年(平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団の民営化に伴い、東京地下鉄(東京メトロ)に承継。
  • 2008年(平成20年)6月22日:東急目黒線の武蔵小杉駅〜日吉駅間延伸に伴い、直通区間を日吉駅まで延長。
  • 2023年(令和5年)3月18日:東急新横浜線日吉駅〜新横浜駅間、相鉄新横浜線新横浜駅〜羽沢横浜国大駅間が開通。同時に東急・相鉄新横浜線経由で相鉄本線・いずみ野線への直通運転を開始。
  • 2023年(令和5年)12月16日:自社車両である9000系の最初の8両編成が営業運転を開始。

利用状況

東京の他の地下鉄と比べると都心・副都心をほとんど通らず乗り換え工事を行っていない独自の駅が多いためか、東京メトロの駅の乗降数ワースト2(1位:西ケ原駅 2位:志茂駅)を独占しており、他のメトロの線と比べてももっとも閑散としている。

また、普通23区内を走る鉄道なら大企業や大都市の広告を流す事が多いトレインビジョンの方も東京よりもやたら埼玉のローカル広告が多く、良くも悪くも独自色が表れている。

ところが相鉄・東急新横浜線が開業してから混雑が悪化しており140%を超えている。

当然、6両編成ではすでに輸送力限界状況が達しており8両化必須状況となっている

今後は第9~21編成の8両化が行われる見込みで、まず、最初の第9編成(9109F)がB修繕と共に8両化が為され、2023年12月16日に正式運用に入った。


なお、当初では5次車(第22・23編成)も8両化の対象とされていたが、後に取り止めとなった。


余談

いわゆる"営団ブザー"は開業時から使用されておらず、独自の発車サイン音『音無川の流れ』が方面別であったが、2015年(平成17年)3月に他のワンマン運転実施路線と同じ駅別・ホーム別に使い分けられるようになった。(このタイミングでは元々は無かった発車放送も副都心線仕様の文言で追加されている)

その一方で、都営三田線、埼玉高速鉄道、東急目黒線では長年南北線式のサイン音かつ発車放送無しの運用となっていたが、都営三田線のホームドア側が大江戸線と同仕様に、乗降促進メロディは2022年秋から東急目黒線に導入されたものに統一され、音無川は永遠に流れなくなった


開業当初は他の路線に繋がっていないこともあってか、あらゆるものの試験が行われていた。

その結果は…

  • NSメトロカード→SFメトロカード→パスネットPASMO
  • ワンマン運転実施→千代田線北綾瀬支線で実施→副都心線全線で実施→丸ノ内線全線で実施→有楽町線全線で実施
  • ホームドア設置メトロ全路線で実施(一部駅除く)。

以上は東京メトロのみの影響であって、他社へ与えた影響はさらに大きいと言える。

特に南北線のホームドアは全線運用の試作に設けたためなのか、バブル時代に作ったためなのか、他の線と比べて高級な全面ガラス張りという特別仕様で造られている。同じタイプのホームドアは、京都市営地下鉄東西線にも採用された。


なお、かつて東京メトロがラブライブ!のミニユニットとコラボレーションした際は、各々のパーソナルカラーやそれに近い色がμ'sメンバーに割り振られたが、濃い青は都営地下鉄(東京都交通局)の三田線のみが使用しているため、園田海未はラインカラーが青緑の南北線に割り当てられた。一応目黒~白金高輪間は三田線と共用、直通先の東急目黒線のラインカラーも青系統とされているため、違和感の薄い選択となっている。 なお、パーソナルカラーが青緑系統のラブライブ!キャラは後発作品の松浦果南三船栞子が登場している。


現在の運行形態

急行及び各駅停車が運行されるが、半蔵門線同様メトロ線内は各駅に停車する。東急線内停車駅は個別記事を参照のこと。

B線は主に白金高輪止まりの線内運用、目黒線の日吉行き、東急新横浜線の新横浜行き、相鉄線直通列車の4パターンが存在、A線は大半が埼玉高速線に直通している。


駅一覧

駅番号駅名接続路線備考
東急目黒線東急新横浜線相鉄新横浜線経由本線海老名/いずみ野線湘南台まで直通運転
N01目黒
  1. 都営三田線(I01)
  2. 東急目黒線(MG01)
  3. JR山手線(JY22)
  • 東急管理駅
  • 東京メトロ最南端の駅
  • 当駅止あり
N02白金台
N03白金高輪都営三田線(I03)
  • 当駅発着あり
  • ここまで共用区間
N04麻布十番都営大江戸線(E22)当駅発着あり
N05六本木一丁目
N06溜池山王
  1. 銀座線(G06)
  2. 丸ノ内線/千代田線国会議事堂前駅(M14/C07)
  • 当駅始発あり
  • 2000年9月25日まで起点
N07永田町
  1. 有楽町線(Y16)/半蔵門線(Z04)
  2. 銀座線/丸ノ内線赤坂見附駅(G05/M13)
N08四ツ谷
  1. 丸ノ内線(M12)
  2. JR中央快速線(JC04)/中央・総武緩行線(JB14)
1997年9月29日まで起点
N09市ケ谷
  1. 有楽町線(Y14)
  2. 都営新宿線(S04)
  3. JR中央・総武緩行線(JB15)
  • 当駅発着あり
  • 有楽町線との連絡線あり
N10飯田橋
  1. 東西線(T06)/有楽町線(Y13)
  2. 都営大江戸線(E06)
  3. JR中央・総武緩行線(JB16)
N11後楽園
  1. 丸ノ内線(M22)
  2. 都営三田線/大江戸線春日駅(I12/E07)
N12東大前
N13本駒込
N14駒込JR山手線(JY10)
  • 開業時の起点
  • 当駅発着あり
N15西ケ原
N16王子
  1. JR京浜東北線(JK36)
  2. 都電荒川線王子駅前停留場(SA16)
N17王子神谷当駅発着あり
N18志茂
N19赤羽岩淵当駅発着あり
埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線浦和美園まで直通運転

使用車両

相鉄直通は原則東急車か相鉄車が使用される。6両と8両が混在。


この他、三田線との共用区間において都営6300形都営6500形が使用されるが、南北線では使用しない。


今後の予定

白金高輪駅から分岐して品川駅へと延伸する構想が建てられている。営業主体が東京メトロになるのか、あるいは都営三田線の延伸扱いになるのかは不明だったが、東京メトロが2022年(令和4年)1月28日国土交通省に延伸許可申請を出した事で、東京メトロ営業主体となる事が確定した。2030年代半ばでの開業を目指しており、実現すれば、現行の白金高輪駅止まりの列車が品川駅まで運行される可能性が高い。なお、延伸部分の道程は2.8kmで、(ある路線周辺を通るものの)途中駅は設けられない。


他にも、新横浜駅への乗り入れと相鉄線との相互直通運転に備えて、当路線の各駅も8両対応工事が行われ、2022年4月以降まず東急車から8両編成での運行が開始された。2023年3月18日以降は相鉄車も当路線と埼玉高速鉄道線に乗り入れるようになった。


なお、自社車両である9000系は長らく6両編成のままとなっていたが、2023年6月に第9編成がB修繕と共に8両化された。約半年間の試運転を経て、2023年12月16日から運用を開始した。

更に3次車、4次車に該当する10編成~21編成も8両化する方針となった。


その一方で、相鉄直通に向けての対応工事の遅さ、さらには白金高輪駅での配線の関係等の理由により、将来、東急・相鉄と直通する列車を三田線に一本化。南北線は品川発着に切り替えるために(日比谷線に次いで)東急線との直通運転を終了、目黒と白金台に二度と乗り入れないのではないかという見方もある(更に、日吉駅の東急目黒・新横浜線が10両の停車が可能な有効長になった為、三田線を目黒経由10両にして、南北線は8両で品川発着へ移行する可能性も出て来た)。

(詳細は、これらのリンクを参照のこと。)

しかし、品川乗入にしても09編成~21編成が8両化する方針から打ち切りになっても8両化を進めることは確定した。


資料動画

特集動画


旧接近・発車メロディ(1991年の開業時から使用していたが、どちらも現在不使用。)


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 10年後の夏

    目黒線直通組の話。2011年頃に書いたやつなので、ものすごく話が古いのですが供養といった感じで。ちょっとだけNL要素があるので、そういうのいらないよ!って方はスルーしてください。SRはこういう妹ポジだといいなぁ、という妄想。目黒の恋は、実は業が深い、はず。
  • 上中里

    ブログからの転載。 紙端国体劇場様(http://345.boy.jp/)の設定をお借りした、二次創作です。 おけいひんさんがもし、誰かに素直に甘えるとしたらそれは確実に身内では無い。そんなことを考えながら書いてました。 対になる、西ヶ原の話も思索中です。
  • サイドストーリー

    作戦勝ち

    甘やかしすぎるって後で言われるやつだ……。 未来に託した子(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12749218)の前日談であり、Network.07のほぼ後日談です。(Network.07→この話→未来に託した子の順番で読むと撃沈すると思います。) 蒼が優に告白し、敵を倒した後の話とその後2人っきりになった時の話です。 かなり甘め仕様となっております。 本当はキスの日に上げたかったのに2日遅刻してしまいました。(悲しい)
  • サイドストーリー

    付き合う前から義父に振り回されている!!!!

    蒼「ちなみにどっちの俺が好きなの?」 優「えっ!?!?えっと……さりげなくの蒼も好きだし……大胆な蒼も好きだし……。」 蒼「どっちー?」 優「決められないよ!!!!どっちの蒼も好きなんだからさ!!!!」 Network.02の後日談です。 ふと、同居することになった後、どんな会話をしていたのか気になったから書いてみました。 思い込みの激しい優たそが可愛いです。 2ページ目はNetwork.12に関連する話です。 こっちの蒼はいつも通りの大胆な蒼。 2通りの蒼が書けて楽しかったです! そしてさりげなく優の父親の名前が出てきます。 優の父親はタイトル通りの人というか……。とにかくヤベー人です。
  • ご注文は鉄道競技ですか?

    ご注文は鉄道競技ですか? 第107話 野生児の浦和レッズ

    マヤは、綾瀬車両基地で休んでいた時に思いもよらない事が起きた。その出来事で千矢に会いバトルを受ける事となる。
  • サイドストーリー

    制服magic☆

    働く父親の姿はカッコイイ たまたま仕事姿の父親(蒼)に遭遇してしまった息子(渡)の話です。 渡くんがお父さんの働く姿を目撃したら多分、ドキドキしているんだろうな~と思いながら書いていました。 オマケは父(冬真)と息子(蒼)の会話です。 ほのぼのとした神楽家が書けて大満足です。
  • アブ・ノーマル目黒3

    この作品は紙端国体劇場様(http://345.boy.jp/)及び青春鉄道の二次創作小説です。 本当はこんなに続く筈ではなかったんですが、ここまで来てしまいました……。こちらもイベントで配布した無配ペーパーのサルベージ作品であります。相変わらず行動が遅くてすみません……相変わらずのあんぽんたん小話ですが、2と共にお楽しみいただけるのなら幸いです。
  • サイドストーリー

    この意味を知る時、君は大人になっている

    大遅刻のキスの日小説です。 憐×雅和ver.も作りますが、先に蒼×優ができたのでアップします。 本編が始まる前の話で、蒼が高1というレアバージョンです。 キスをすると赤ちゃんができちゃうと勘違いする小1の優ちゃんもいます。 そして男装時代の憐もでてきます。(そのため憐兄と呼ばれています。) ほんのり甘い蒼×優仕立てです。
  • 隠し味は甘々の愛を込めて

    ここに来て蒼×優!! そして知人からのリクエストでした。 Season1の設定で書いています。 もちろん2016年の作品です☆
  • とうぶで衣装チェンジ

    [書かせていただきました]オールバックの苦労人

    じょるじゅ様(http://www.pixiv.net/member.php?id=4258525)の作品『とうぶで衣装チェンジ』(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=36068612)を書かせていただきました。 オールバックの苦労人>です。◎◎全5ページ分を1日ずつupさせて頂きます。 ◎◎はじめてメトロを書きました。コレジャナイ感はすみません。今度ちゃんと東西線に乗って来ます!!! ◎◎紙端国体劇場様の二次創作、じょるじゅ様の『とうぶで衣装チェンジ』を参考に書かせていただきました。了承は頂いていますがこの小説に足された人物や表現やキャラクターの性格の差異は…私の我儘です。すみません。それでも投稿時から書かせていただきたいとずっと思っていたので、現実に叶って感無量です。少しでも読んでいただけたら幸いです。ありがとうございます。 ◎◎閲覧、評価、ブクマありがとうございます!!!じょるじゅ様からレスポンス頂きましたので、より作品相互させてもらいました恐縮です!!コメント痛み入ります!!勝手に脚色しました!すみません!!でも嬉しいです、ありがとうございます!!◎◎ブクマコメントありがとうございます!!確かに意外な組み合わせですよね!!地域も輸送量全く違うのに何となく接点があったりします!お互い面倒見が良いとことか!!オールバックに悪いやつはいないですw
  • 先取り!season2!

    海の神様とたい焼きとそんな日常

    2日連続での投稿です! 11月の書きかけネタを最後まで書いたため、たい焼きなんです! たい焼きを食べながら思い浮かんだ蒼優のほのぼの小説。 憐雅は甘々だけど、蒼優はほんのり甘い。 心が癒されます(/ω\) ※盛大なネタバレアリ そもそもの時期設定がMC2080年だからね…。
  • 【鉄道擬人化】乙女たちの休日【小説】

    2012/5/4・スパコミにて発行しました、鉄道擬人化小説のサンプルです。Litbi様(http://www.pixiv.net/member.php?id=1770)の鉄道擬人化二次創作になります。東京メトロの女子組(丸ノ内、千代田、半蔵門、日比谷、南北)が仲良くしてる本です。◆メインは南北ちゃんと言いたい。最後の方で東急目黒×南北。おまけ話として、東横×日比谷も収録。◆こちらは頒布終了しました(2014年7月)
  • 【SPARKペーパーサルベージ】仕置の顛末【目黒組】

    この作品は、紙端国体劇場様(http://345.boy.jp/)の二次創作小説です。 先月開催されたCOMIC CITY SPARK9にて無料配布させていただいたペーパーに収録した小話をサルベージいたしました。 毎度おなじみあんぽんたん小話ですが、どうかお楽しみいただければ幸いです。
  • アブ・ノーマル目黒2

    この作品は紙端国体劇場様(http://345.boy.jp/)及び青春鉄道の二次創作小説です。 先月の擬人化王国8では沢山の方に拙スペースにおいでいただきましてありがとうございました。大分遅れてしまいましたが、御礼のご挨拶と共に当日配布したペーパー小話をサルベージ致しました。 いつもと同じ、変態目黒と愉快な仲間達のドン引き小話ですがどうかお楽しみ頂ければ幸いです。
  • 器の共有の儀式

    君は特別な存在

    器の共有も儀式なのか?という質問を見て、書いた作品です。 器の共有の儀式も神聖なものなので光の空間で行います。
  • 前世の話

    儀式を始めるその前に

    2024年2月10日修正 本編でも触れることになったので、修正しました。 と、言ってもほんの少しなので。 あと仲良くお風呂入っているし、行為の匂わせがあるので注意! 以下、当時のコメント↓ 勢いで書いてしまった作品です。 約1時間、電車内で完成させました。 器やゼウス様の企みなど内容盛りだくさんです。 南北ちゃん視点。 (´-`).。o(ここまで来たら突っ走るしかないぞ。もう戻れないところまで来てしまったんだから。)
  • トライアングル

    大江戸×南北、三田×南北の小話まとめです。 タイトルこんなですけど別に三角関係とかの話じゃないです(一応の弁解) この二組とっても好きです。
  • 時事ネタアレンジ

    地下鉄の父の夢はバトンとなって受け継がれる

    これもまた『不可能を可能にする力』なのだろうか。 貨物輸送 メトロ☆小羽Y(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11590142)をご存知でしょうか。その話は地下鉄線内での貨物輸送の話がメインなのですが、最後のセリフで小羽が「あたしと伊吹の直通計画はどうなったの?」と聞きます。 その時、私は初めて有楽町線の延伸計画の話を知り、『豊住線』という存在を知りました。 その話から約5年後の2021年、有楽町線と南北線の延伸計画の話が上がり、今度は実現させる前向きな内容に変わりました。 そして今年の1月、2つの路線の申請が出され、先月第一種鉄道事業許可が下り、正式に決まりました。 今回はこの延伸をそれぞれのレイル・ディオスが聞いたらどんな反応をするのか?という内容の話です。 南北線の品川延伸も東京の地下鉄史で考えると大きな意味を持ちます。それは早川徳次氏がかつて計画していた、品川へ地下鉄を走らせる夢が叶うからです。地下鉄誕生から95年が経つこの年に、品川延伸が決まったのは何か運命的なものを感じさせます。 2022.04.09
  • ぼくの姉さん

    南北線と丸ノ内線が野球を見に行く、それだけのお話。初めて東京ドームいった時って、なんだかすごくドキドキしませんでした?私はドキドキしました。野球のルールなんか全然わからなくても、野球場はひとつのテーマパークとして、ものすごく楽しい場所なんじゃないかなって、そう思うのです。 うちの丸ノ内は初登場ですね。きっぷのいい、姉御肌のお姉さんです。イメージ的には新聞社勤めのバリキャリ、みたいな感じ。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー