ピクシブ百科事典

東急5000系

とうきゅうごせんけい

ここでは2代目について紹介。2代目東急5000系はE231系をベースにした東急の車両である。
目次[非表示]

初代5000系については⇒青ガエル

概要総括

老朽化した東急8000系及び東急8500系を置き換える為に出てきた車両で田園都市線向けに5000系東横線用向けに8両編成の5050系、10両編成の5050系4000番台目黒線向けに5080系の3種類が導入された。(田園都市線用の一部編成は東横線に転属)

東京メトロ副都心線での運用対応車両を確保する関係で東横線用5050系を優先的に投入したため、田園都市線用8500系の置き換えは2018年登場の2020系まで待つことになった。

特筆事項

車体長・車体幅は例外を除いて系列ごとに異なる。

車体長車体幅
5000系として製造された車両先頭車20100mm、中間車20000mm2800mm
5050系先頭車20200mm、中間車20000mm2820mm
5080系先頭車20200mm、中間車20000mm2800mm
5050系4110編成先頭車20100mm、中間車20000mm2800mm

5000系(田園都市線用)

東急8500系の一部を置き換える為に登場した系列で10両編成のみ存在。現在は東横線転属もあって10両編成18本が在籍。6ドア車が3両組み込まれている編成が15編成あったが、ホームドア導入の都合から2016年から2017年にかけて新造の4ドア車へ差し替えられた。

運用路線は東急田園都市線東京メトロ半蔵門線東武伊勢崎線であり、伊勢崎線では東武50050系よりも多く見かけることから、10両編成の列車では伊勢崎線の主力車両ともいえる。

特筆事項

  • 初期に製造された60両は側面表示が「種別・行き先一体型」ではなく「種別」「行き先」で分離独立している。
  • このうち5101~5103編成は編成のすべてが「種別」「行き先」分離独立表示。
  • また、5104~5106編成は6ドア車を組み込んでいた経緯もあり、4号車・5号車・8号車を除く各車両が「種別」「行き先」分離独立表示となっている。


5000系(東横線用、8両編成)

6ドア車を2両から3両に増やしたのに合わせて編成組み換えが行われ、5000系の5118・5119・5121・5122編成は東横線に転属した。百の位の番号は改番整理された。8両編成4本。

東急5000系(東横線90周年記念車両)


2017年には東横線90周年記念を記念して5122編成が初代5000系「青ガエル」をモチーフとしたラッピングへ変更された。

特筆事項

  • 5118・5119編成の中間車、5418・5419・5518・5519号車の4両は初期車からの改番であるため「種別」「行き先」分離独立表示のままである。


5050系(東横線用、8両編成)

5000系の東横線8両編成版。8000系を置き換える目的で登場したが、東京メトロ副都心線乗り入れ対象外となった9000系すらも置き換えてしまった。8両編成27本が製造され、現在は25本が在籍。

東京メトロ副都心線開業後は主に東横線、副都心線、西武池袋線の各停運用として運行しているが、東武東上線は朝夕を除き、殆ど入線しない。西武池袋線の清瀬駅、東武東上線の志木駅まで乗り入れる。なお、東京メトロ有楽町線には入線しない。

特筆事項

  • 5176編成の5576号車は「sustina」の第1号車である。
  • 2014年に5155編成が横浜高速鉄道のY516編成と追突事故を起こし、5155編成・Y516編成は共に修理不能となったため廃車除籍となった。
  • 5155編成の代替車は2016年に製造された5177編成。
  • 5156編成はY516編成の代替車として2017年に横浜高速鉄道へ移籍した。
  • 5470・5471・5472・5570・5571の5両は5000系初期車からの編入車である。側面は「種別」「行き先」分離独立表示のままであり、また5170~5172編成は車体幅の異なる凸凹組成となった。


5080系(目黒線用)

5000系の目黒線版で編成は6両編成。3000系が主力として活躍している路線であるが、運用増加にともない本系列が導入された。6両編成10本が在籍。

主に東急目黒線東京メトロ南北線埼玉高速鉄道都営三田線で運用される。編成数は多くないが、田園都市線内で5000系を見つけるよりは発見しやすい。

特筆事項

  • 5181・5182編成の2本は初期車のグループであり、側面表示が「種別」「行き先」で分離独立している。


5050系4000番台(東横線用、10両編成)

4000系」と呼ばれることがある。東京メトロ副都心線への直通運転に備えて登場。10両編成10本が在籍。

編成は5050系を10両編成にしたものであり、西武6000系東京メトロ10000系東武50070系東京メトロ7000系10両編成、東武9000系・9050系と共に優等運用に使われる。中間車2両を外して8両編成にもできる。東横線内では主に急行や特急の運用に使われ、日中の東上線の乗り入れは基本的にこの車両が使われる。西武池袋線の飯能駅、東武東上線の森林公園駅まで乗り入れ、東横線よりも西武池袋線東武東上線などで見かける事が多い。

東急5050系4000番台Shibuya Hikarie号


4110編成はヒカリエ号仕様として登場。車体規格は田園都市線での運用も考慮して5000系規格で製造された。

特筆事項

  • 4101~4104編成は初めから10両固定編成として製造されたわけではなく、4601~4604号車は5000系からの編入車となっている。車体幅の異なる凸凹組成
  • この4601~4604号車は、もともと5000系の5918・5919・5922・5921号車としてそれぞれ製造された。2010年に一旦電装解除のうえ5169・5173・5174・5172編成にそれぞれ組み込まれ、さらに2011年に再度電装して4101~4104編成の中間車となった経緯を持っている。


関連タグ

東京急行電鉄東急東急電鉄 5000系 青ガエル
8000系 8500系 9000系 3000系
東急8000系 東急8500系 東急9000系 東急3000系
JR東日本 E231系

pixivに投稿された作品 pixivで「東急5000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11027

コメント