ピクシブ百科事典

東急5000系

とうきゅうごせんけい

ここでは2代目について紹介。2代目東急5000系はE231系をベースにした東急の車両である。
目次[非表示]

初代5000系については⇒青ガエル

多彩な線区で活躍する概要

老朽化した東急8000系及び東急8500系を置き換える為に出てきた車両で田園都市線向けに5000系東横線用向けに8両編成の5050系、10両編成の5050系4000番台目黒線向けに5080系の3種類が導入された。(田園都市線用の一部編成は東横線に転属)
だが、東京メトロ副都心線の事で東横線ばかり車両の置き換えが進んだ影響で、肝心の田園都市線は8500系が多く残存しており、5050系については8000系はおろか9000系さえも置き換えたが、田園都市線の車両置き換えは殆ど手を付けていない。

5000系(田園都市線用)

東急8500系の一部を置き換える為に登場した系列で10両編成のみ存在し、車幅は東横線用の5050系より狭い。
運用路線は東急田園都市線東京メトロ半蔵門線東武本線であり、伊勢崎線では東武50000系よりも多く見かけており、10両編成の列車では伊勢崎線の主力車両ともいえる。
だが、6ドアの新造で一部車両は東横線に、更に東横線の車両置き換えばかりやった為、田園都市線では8500系が主力のままであり、置き換えが進んでいない。
又、伊勢崎線は8500系では主力だが、田園都市線では東武50050系が主力になっている。
現在は東横線転属もあって10両編成18本が在籍。
なお、ホームドア導入に伴い6ドア車は新造の4ドア車に入れ替わったが、密かに座席が後述のHikarie号の仕様だったりする。

5000系(東横線用、8両編成)

6ドア車を2両から3両に増やしたのに合わせて、編成組み換えで余った5000系の第18・19・21・22編成は東横線に転属した。百の位の番号は改番整理された。8両編成4本。

5050系(東横線用、8両編成)

5000系の東横線8両編成版で、こちらは全ての8000系を置き換えた他、9000系すらも置き換えてしまった。姉妹車両の関係のみなとみらい線Y500系は、田園都市線用の5000系が基になっている。

東京メトロ副都心線開業後は主に東横線、副都心線、西武池袋線の各停運用として運行しているが、東武東上線は朝夕を除き、殆ど入線しない。なお、有楽町線には入線しない。西武池袋線の清瀬駅、東武東上線の志木駅まで乗り入れる。

8両編成26本が在籍。5176編成の5576号は「sustina」の第1号車。

2014年に5155編成が横浜高速鉄道のY516編成と追突事故を起こし、復旧のめどが立たないため、2016年に代替の形で5177編成を製造している。Y516編成は復旧することが決まっているが、5155編成と使える分だけ組み合わせ「ニコイチ」とするかどうか気になるところ。

5080系(目黒線用)

5000系の目黒線版で編成は6両編成で、初期の編成は車内案内がLED方式の物もある。こちらは東急3000系の影響を継いでいる。6両編成10本が在籍。

主に東急目黒線東京メトロ南北線埼玉高速鉄道都営三田線に乗り入れる。直通車両や3000系もある為、編成数は多くないが、田園都市線内で5000系を見つけるよりは発見しやすい。

5050系4000番台(東横線用、10両編成)

4000系」と呼ばれることがある。東京メトロ副都心線への直通運転に備えて登場。東横線内では主に急行や特急の運用に使われ、日中の東上線の乗り入れは基本的にこの車両が使われる。

編成は5050系を10両編成にしたものであり、西武6000系東京メトロ10000系東武50070系東京メトロ7000系10両編成、東武9000系・9050系と共に優等運用に使われる。中間車2両を外して8両編成にもできる。10両編成10本が在籍。

東横線よりも西武池袋線東武東上線などで見かける事が多い。西武池袋線の飯能駅、東武東上線の森林公園駅まで乗り入れる。

東急5050系4000番台Shibuya Hikarie号



因みに4110編成はヒカリエ号仕様になっており、乗れたら運が良い証拠になります。

関連タグ

5000系 Y500系 青ガエル
東京急行電鉄東急東急電鉄
8000系 8500系 3000系
東急8000系 東急8500系 東急3000系
JR東日本E231系

pixivに投稿された作品 pixivで「東急5000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7309

コメント