ピクシブ百科事典

東急2020系

とうきゅうにせんにじゅうけい

東京急行電鉄の通勤形車両。ここでは姉妹車両である3020系・6020系についても解説。
目次[非表示]

東急2020系

5000系の後継車両として開発された車両。2017年度より田園都市線向けに8500系の置き換えを目的として投入されている。長津田検車区配属。
田園都市線向けの車両としては5000系以来16年ぶりのフルモデルチェンジ車となった。4扉10両編成で、長津田検車区に配置され、田園都市線および乗り入れ先の東京メトロ半蔵門線東武スカイツリーラインで運行されている。
基本的な設計はJR東日本E235系電車と共通。機器類には東急独自の仕様が見られた先代の5000系列とは異なり、機器類にも互換性がある。

外観

総合車両製作所のステンレス車標準仕様「sustina S24シリーズ」を採用したステンレス車体で、先頭部分は丸みを帯びた形状になっている。また、側面は雨どい部分の出っ張りが無くなり、すっきりとしている。
「これまでにない新しさ」を表現するため帯は一新されており、「新しい時代へ」との意味合いを込めて白を採用。これにラインカラーの緑を組み合わせている。

内装

沿線の風景をイメージしたカラーリングが多用されており、座席モケットに緑色、座席袖仕切りなどに木目調の色を採用。また座席はハイバックとなり、LCD式車内表示装置は3連でドア上だけでなく座席上にまで設置されている。また、車内防犯カメラも設置される。

機器関係

車両制御システムにはINTEROSを導入。より大量のデータを扱えるようになり、開発やメンテナンスもし易くなった。E235系と共通。
制御装置はSiC適用型MOSFET素子VVVFインバータを採用。東急では珍しい三菱製の主回路機器で、E235系とほぼ同仕様。高速域でも多パルススイッチングを行うことで、電流波形を滑らかにし、モータの効率向上を図っている。また、全ての電動車に制御装置を搭載する独立電動車方式となった。
主電動機は全閉外扇型かご形三相誘導電動機のTKM-18形。1時間定格出力140kw、定格電流108A、定格回転数2380rpmとこちらもE235系のMT79形と同仕様である。
ほか、補助電源装置・空気圧縮機・冷房装置・ドアエンジンやドアチャイムにE235系の影響が見られる。歯車比も共通の14:99=1:7.07で、6.21の5000系列と比べて低速寄り。
しかし、駆動装置はWN継手で、TD継手のE235系や5000系列よりも走行音が静かである。

更なる共通化によって、一見5000系列よりも性能が落ちてしまったかのように見える(10両編成時の定格出力が3,800kw→2800kwに低下)。
ただし、電流値がE235系よりも引き上げられており、定格速度は5000系列と同等である。定格出力が劣るからといって、実際の性能で劣る訳ではない。

東急6020系

大井町線の急行増発に伴う運用増加に合わせて、2018年より運行されている。7両編成2本が投入され、長津田検車区に配置されている。基本的なスペックは2020系と同じであるが、2020系にあった座席上のLCD式車内表示装置は省略された。ラインカラーは大井町線のオレンジになっている。

組成変更

2018年冬に有料座席指定サービス『Q SEAT』を導入することになり、3号車のデハ6320形が別途新製されたデュアルシート車へ差し替えられた。編成から抜き取られた車両はLCD式車内表示装置を追加のうえ2020系へ編入された。

東急3020系

目黒線の輸送力増強用、および新横浜線開業に伴う運用増加に合わせて2019年より投入。元住吉検車区に配属される。基本的なスペックは2020系と同じであるが、6020系と同じく座席上のLCD式車内表示装置は装備していない。ラインカラーは目黒線の水色。
3編成を製造。当分の間は6両編成で運用に入り、東急新横浜線開業・相鉄新横浜線乗り入れ開始となる2022年度までに8両編成化が行われる。

関連項目

東急田園都市線 東急目黒線 東急大井町線 2000系東急2000系 2020系 3000系東急3000系 3020系 6000系東急6000系 6020系 7000系東急7000系 東京急行電鉄 東急

関連記事

親記事

東京急行電鉄 とうきょうきゅうこうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東急2020系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3779

コメント