ピクシブ百科事典

相模鉄道

さがみてつどう

神奈川県東部に2路線を有する大手私鉄。略称相鉄。
目次[非表示]

神奈川県の東部に路線を有する大手私鉄。略称は相鉄
相鉄の持つ横浜~海老名間を結ぶ鉄道路線については相鉄本線を参照。

概要

歴史上は現在のJR東日本相模線が発祥。その後接続していた神中鉄道を合併→本来の相模鉄道の路線が国有化され当初とまったく別の路線を有するに至る…という変遷を経ている。戦中戦後の一時期(1945年~1947年)、当時の親会社である東京急行電鉄(当時の「大東急」)に鉄道事業を丸ごと委託していた時期があった。東急委託時代は厚木線と呼ばれていた。

天王町~星川が高架化、大和駅付近が地下化されている。大和駅付近を地下化したのはかつて厚木基地を離着陸する飛行機の墜落事故で列車が不通になったことがあるためである。

かつては準大手私鉄であったが、1990年に大手私鉄扱いとなる。大手私鉄中最も路線規模が小さい。

保有路線

  • 相鉄本線:横浜と神奈川県の内陸部を直結する基幹路線。
  • いずみ野線:本線の二俣川から分岐し、横浜市西部・藤沢市東部地区を結ぶ路線。
  • 厚木線:かしわ台~海老名間にある相模国分信号所より分岐している貨物線。回送列車の車両留置のほか、新造車両の搬入に使われている。
  • 新横浜線JR東日本東京急行電鉄方面への直通・連絡路線として2019年度にJR方面の路線が、2022年度に東急方面の路線が開通する。


保有車両

現役車両

  • 7000系(新7000系を含む):長らく相鉄の主力を勤めた。また、マイナーチェンジ車である新7000系は途中増備分より相鉄では初めてセミクロスシートとVVVFインバータ制御を採用している。一部は事業用車モヤ700形となった。
  • 8000系:新7000系をベースにした車両。新6000系以来となる広幅車体が復活した。
  • 9000系:現在、相鉄では唯一集約分散冷房を持つ車両。老朽車の取替えを効率的に行うため、8000系と並行して製造が行われた車両である(それまで蜜月であった日立との関係悪化も原因といわれる)。
  • 10000系JR東日本E231系をベースとした電車。新6000系を置き換えた。
  • 11000系JR東日本E233系をベースとした電車。
  • 20000系:8000系以来18年ぶりの日立製車両で、A-TRAIN方式を採用。将来の東急直通に対応すべく、現役車両中最も狭い車体幅が採用されている。
  • 12000系sustina方式を採用した電車。JR線直通用として2019年に投入され、20000系のデザインと11000系の走行機器・車体寸法などを併せ持っている。


車両の特徴

他の鉄道会社では見られない、或いは普及しなかった装備を積んだ車両を生み出している。


日立製作所との関係が強く(一時期相鉄グループ全体でエレベーターエスカレーターは勿論の事、蛍光灯などの小物類まですべてが日立製だったこともある)、9000系及び10000番台の車輌を除く新造車はほとんど日立製である。
一方で改造車・車体更新車等は地元横浜に工場を有する東急車輛製造によるものが多く、9000系以降の新造車はしばらく東急車輌および後継の総合車両製作所によるものが続いていた。
現在はJR線直通"仕様"車(11000系・12000系)が総合車両製作所製、東急線直通"仕様"車(20000系)が日立製として分かれている。

運賃

区間対キロ数運賃(ICカード)運賃(切符)
1区初乗り - 3km144円150円
2区4km - 7km174円180円
3区8km - 11km195円200円
4区12km - 15km226円230円
5区16km - 19km258円260円
6区20km - 23km278円280円
7区24km - 26km308円310円


いずみ野線加算運賃

駅間対キロ数加算運賃
二俣川 - いずみ中央0km - 6km20円
7 – 9 km40円
いずみ中央 - 湘南台0km - 6km30円
7 – 9 km30円

関連イラスト

SOTETSU!!
珍しいのが来たので撮ったらお茶目な女学生が写ってた1974年の夏



関連タグ

相鉄本線 相模 相鉄ジョイナス
大手私鉄 小田急電鉄 東京急行電鉄 JR東日本 相模線

関連記事

親記事

大手私鉄 おおてしてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相模鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64083

コメント