ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

所在地神奈川県横浜市神奈川区羽沢町
鉄道事業者相模鉄道JR東日本
路線相鉄新横浜線東海道本線横浜羽沢支線(相鉄・JR直通線。横浜羽沢支線は便宜上の名称)
駅番号SO51

概要

JR東海道貨物線の「横浜羽沢駅」貨物ターミナルに隣接する地下に設けられている鉄道駅で、駅東側で相鉄新横浜線と東海道貨物線(横浜羽沢支線)を接続する短絡線があり、相鉄とJRの接続駅となっている。

駅としては立地上、貨物駅である横浜羽沢駅の旅客駅の部分にあたり、また特定都市制度の横浜市内の駅に含まれる。駅舎は相鉄の管轄。


駅名の通り横浜国立大学常盤台キャンパスの最寄り駅となっている。

しかし大学までの最短ルートは閑静な住宅街になっている為大学側から通学路が指定されており、そちらを通るとかなり遠回りになってしまう。また、他の最寄り駅と同じく坂を経由するのは避けられないため、大学までの道のりは楽ではない。


2019年の開業当初こそJR直通線しかなかったために本数自体も少なかったが、2023年の東急直通線の開業後は2本/h→6本/hに増大した為、それによって当駅の利用者も増加と見込まれている。


駅構造

駅は地下ホーム・地上駅舎の掘割式で、ホームは相対式2面2線。

駅構内には折り返し用の渡り線があり、2019年から2023年までは西谷~羽沢横浜国大間、海老名~羽沢横浜国大間の区間運転の定期列車も設定されていた。


のりば路線方向方面備考
1相鉄本線方面下り西谷二俣川海老名湘南台方面
2JR埼京線方面上り大崎JR新宿JR大宮JR川越方面一部時間帯を除きJR新宿行き
東急線方面上り新横浜東急渋谷和光市東武川越市小川町東急目黒西高島平浦和美園方面

利用状況

近況

相模鉄道

  • 2022年(令和4年)度の1日平均乗降人員は29,339人である(横浜市統計書より)。相鉄の駅では11位。
    • 2023年(令和5年)度の4月~12月現在の1日平均乗降人員は31,895人と東急直通線開業もあって利用者は増加傾向。

JR東日本

  • 2022年(令和4年)度の1日平均乗車人員は16,028人である。
    • 年度末の2023年(令和5年)3月18日に東急直通線で本数が増えた影響でJR直通線も定期客を中心に利用者が増加した。

年度別利用状況比較表

事業者名相模鉄道JR東日本
年度乗降人員順位乗車人員乗降人員
2019年(令和元年)度37,652人8位12,681人25,362人
2020年(令和2年)度21,316人11位11,957人23,914人
2021年(令和3年)度24,655人10位13,637人27,274人
2022年(令和4年)度29,339人11位16,028人32,056人

隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
相鉄・JR直通線系統
  • 特急
  • 各駅停車
JR武蔵小杉駅羽沢横浜国大駅西谷駅JR線内は普通(平日朝ラッシュ時は埼京線内通勤快速
相鉄・東急直通線系統
  • 特急・通勤特急
  • 各駅停車
新横浜駅羽沢横浜国大駅西谷駅東急線内は急行(一部各停)

余談

  • 横浜とつく鉄道駅は、市内では当駅のほかに横浜駅西横浜駅新横浜駅があり、相鉄新横浜線全通によって、4駅すべて相鉄が乗り入れる駅となった(特に西横浜駅は相鉄単独の駅)。
  • 相鉄・東急直通線系統開通と同時に武蔵小杉駅に至るルートがJR経由、東急経由の2系統となった。このため、電光掲示板の次駅案内と駅アナウンスにおいてJR直通線系統の隣駅は区別のため「JR武蔵小杉」とJRを冠して案内されている。

関連タグ

相模鉄道 相鉄新横浜線(相鉄・JR直通線)  神奈川県内の駅一覧

綾瀬駅:本駅同様、JR以外の鉄道事業者が管轄する特定都市制度の駅で、東京都足立区にある(ちなみに神奈川県綾瀬市には鉄道駅自体がない)。


外部リンク

関連記事

親記事

神奈川県内の駅一覧 かながわけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました