ピクシブ百科事典

貨物線

かもつせん

貨物線は、鉄道路線のうち貨物列車専用の路線である。
目次[非表示]

概要

 日本では、大半の鉄道路線は貨物列車と旅客列車の両方、或いは貨車による貨物取り扱いを行わず、旅客列車のみが走る路線が多い。
 しかし工業地帯近くや大都市近郊においては、足の遅い貨物列車と足が比較的速い旅客列車を分離することにより効率よく輸送したり、輸送力を大幅に増強している。
 また、工場を直接接続する路線である場合、旅客列車を走行させても採算が取れないためあえて貨物列車専用とすることがある。また、臨時列車が設定されることがある。
 なお、最近の鉄道による貨物輸送需要の衰退および沿線の住人の増加により、貨物線であった路線に定期旅客列車を走らせたり、貨物線を旅客線に転用する例が多くなっている。

 海外、特に内陸部分が広い国では、鉄道は都市交通を除くと貨物の割合が高い国が多い。例えばアメリカ合衆国では、長距離鉄道は基本的に貨物専業で、旅客列車はその合間に走っているくらいしかないのが普通である。

 pixivでは、「貨物線」タグの付いている作品はほとんどないため、「貨物列車」「貨車」タグを参照のこと。

代表的な貨物線

 通称のあるものなど。通称のない貨物支線はほかにも存在する。

 品川駅-新宿駅-田端駅間。貨客分離のため大崎から池袋まで山手線と並走。現在は武蔵野線が建設された影響もあり旅客列車である湘南新宿ライン埼京線が運行されている。
 鶴見駅-西船橋駅および各種の支線からなる路線。元々は貨物輸送を主体として作られた路線であった。なお、府中本町駅から鶴見駅までは現在も貨物専用線であり、現在でも定期列車は貨物列車しか運行されていない。
 京浜工業地帯を走る。本来は鶴見臨港鉄道が大正15年に貨物専用として建設した路線であるが、昭和期に電化後、一部を旅客兼用とした。その後戦時買収され、現在に至る。
 品鶴線 品川-新川崎-鶴見間。こちらも現在は横須賀線や湘南新宿ラインなどの旅客列車がメインになっている。
 高島線 鶴見-桜木町間。本来は神奈川港で取り扱う貨物を扱うための路線で臨海鉄道としても機能していた。旅客列車はごくまれに臨時列車が運転される程度。なお、現在は鶴見以東と根岸線を結ぶ貨物列車の中継ルートとして利用。
 東海道貨物線 浜松町-小田原間であるが、浜松町-東京貨物ターミナル-浜川崎間、浜川崎-八丁畷(ここは南武線支線)、八丁畷-鶴見間、鶴見-横浜羽沢-東戸塚間、(以上は支線扱い)、東戸塚-小田原間よりなる路線。湘南ライナー寝台列車などの遅延や路線工事の際使用されていたりする。
 なお現状では浜松町-東京貨物ターミナル間は各種工事のため休止中。
  • 名古屋港線
 東海道本線の支線であり、山王信号場-名古屋港間、レールの輸送のみ。過去においてはナゴヤ球場への旅客輸送などが行われていた。なお、本線の貨物は旅客列車と同じ線を走っているため、名古屋駅では通過する貨物列車を見る事ができる。
  • 新湊線
 JR貨物が所有する能町-高岡貨物間の路線。中越鉄道により貨客両用路線として敷設、その後国有化され、昭和26年、後に万葉線に属する高岡軌道線の敷設により貨物線化。なおこの路線は貨物線野中で唯一正式名称を持つ路線である。
 片町線の支線扱い、吹田貨物ターミナル-鴫野間、放出から久宝寺は旅客線化され路線名が「おおさか東線」となっている。将来的に鴫野-吹田間も旅客線化される予定である。

そのほかの会社

 また、私鉄第三セクター鉄道では三岐鉄道および秩父鉄道が貨物線を持っている。
 また、同様の路線として臨海鉄道(国鉄と連携して貨物輸送を行うために設立された、主に臨海部に路線を持つ地方鉄道)や鉱山鉄道森林鉄道などの専用鉄道画存在する。

  • 臨海鉄道
 ピクシブ百科事典においては名古屋臨海鉄道水島臨海鉄道鹿島臨海鉄道などが存在する。
 あおなみ線荒子駅手前まで貨物列車が運行されているが実質旅客線化されている。なお、高速臨海鉄道第三セクター鉄道の運行を行う会社であるものの臨海鉄道とは別物の組織である。

関連項目

鉄道 線路 貨物列車 貨車 機関車 JR貨物

参照

wikipedia同項目

関連記事

親記事

鉄道 てつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「貨物線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196

コメント