ピクシブ百科事典

南武線

なんぶせん

神奈川県の川崎駅と東京都の立川駅を結ぶ、JR東日本の路線。
目次[非表示]

路線データ

路線延長
  • 35.5km(川崎駅~立川駅)
  • 4.1km(尻手駅~浜川崎駅)
  • 5.4m(尻手駅~鶴見信号場駅~鶴見駅《旅客営業なし》)
軌間1067mm
駅数
  • 26駅(川崎駅~立川駅間)
  • 5駅(鶴見駅除く支線)
起終点
  • 川崎駅~立川駅(本線)
  • 尻手駅~浜川崎駅(浜川崎支線)
  • 尻手駅~鶴見信号場間
複線区間
  • 本線全線(川崎駅~立川駅間)
  • 八丁畷駅~浜川崎駅
電化区間全線直流電化(1500V)
閉塞方式自動閉塞式
保安装置ATS-P
運行管理システム東京圏輸送管理システム 《ATOS》(川崎駅~立川駅)
最高速度
  • 川崎駅~立川駅:95km/h
  • 尻手駅 - 川崎新町駅間(浜川崎支線):85km/h
  • 川崎新町駅 - 浜川崎駅間(浜川崎支線):95km/h
  • 尻手駅 - 新鶴見信号場間(尻手短絡線):85km/h


概要

戦前は南武鉄道と呼ばれる私鉄であり、1944年に戦時買収により国有化。多摩川右岸の川崎市を南北に走る大動脈であると同時に、東京都心から伸びる放射路線を横に繋ぐ環状路線。ほかに、尻手駅と浜川崎駅を結ぶ南武支線、尻手駅から新鶴見信号場を経由して鶴見駅を結ぶ支線(通称・尻手連絡線、貨物専用)が存在する。

車体は、中央・総武緩行線と同じ色と、オレンジ色、そしてこげ茶色である。

路線距離は39.6km(支線含む)と、東京メガループの中で、最も路線距離が短い。元が私鉄だったこともあり、駅間距離が短く、平均表定速度も低い(約37km/h)のが特徴である。
その為、最高速度は95km/hなのだが、最高速度を出す列車は快速などに限定される。

本路線の線路は、立川駅では中央本線青梅線と接続しており、貨物列車や臨時列車の直通運転で頻繁に使われていたが、今や本数は激減している。

川崎駅においても京浜東北線北行の線路とは一応つながっている。しかし、保安システムの関係上、入線は不可能であり、また長い間使われていないため線路の劣化が激しい。

治安やギャンブル路線等

沿線には、最も著名な東京競馬場(府中本町)を筆頭に、川崎競馬場、川崎競輪場(川崎)、多摩川競艇場(府中本町)、立川競輪場(立川)など、短い路線にも関わらず多くの公営ギャンブル施設があるためなのか乗客による列車内の治安の悪さがよく指摘される事でも有名。
特にそれらの施設の多くは川崎駅以外は、登戸駅以西にある場合が殆どとなっている。
逆に登戸駅以東はハイテク企業の工場も立ち並んでいる。

駅舎や高架化工事など

また長らく沿線の駅舎も戦前に建てられたもので、よく言えば国鉄らしくない独特な設計、悪くいえばボロボロなものが多かったが、最近になって各所で新駅舎に建て替えられ始めている。

また、武蔵小杉駅~武蔵溝ノ口駅間及び、稲田堤駅~府中本町駅間は高架化されている。
他にも、尻手駅~武蔵小杉駅及び矢川駅~立川駅でも高架化工事が検討されている。

駅舎工事関連だと津田山駅と稲田堤駅で橋上駅舎化工事が行われた。

中央・総武緩行線との間違い

黄色の帯をしている南武線は、同じく黄色の中央・総武緩行線と少し似ている。だが、当路線は黄色とオレンジ色とこげ茶色(ぶどう色とも。旧型国電の車体色)の三色。中央・総武緩行線は黄1色なので、南武線が中央線と接続する立川駅より、中央・総武緩行線の電車がごくわずかながら発着していた頃は、特に注意を要していた。

停車駅と接続路線

2015年3月14日現在
●=停車 レ=通過

<
駅名読み各停快速接続路線備考
川崎かわさき
  1. 東海道線(東海道本線)
  2. 京浜東北線
  3. 京急本線大師線(京急川崎駅)
尻手しって南武支線↓横浜市に入る
矢向やこう
鹿島田かしまだ横須賀線新川崎まで徒歩4分、連絡運輸はない)↓川崎市に戻る
平間ひらま
向河原むかいがわら
武蔵小杉むさしこすぎ
  1. 横須賀線(湘南新宿ライン)
  2. 東急東横線
  3. 東急目黒線
  4. 相鉄・JR直通線
武蔵中原むさしなかはら鎌倉車両センター中原支所がある
武蔵新城むさししんじょう
武蔵溝ノ口むさしみぞのくち
  1. 東急田園都市線
  2. 東急大井町線(いずれも溝の口駅)
津田山つだやま
久地くじ
宿河原しゅくがわら
登戸のぼりと小田急小田原線
中野島なかのしま
稲田堤いなだづつみ京王相模原線京王稲田堤まで徒歩5分)↑ここまで神奈川県
矢野口やのくち↓ここから東京都
稲城長沼いなぎながぬま
南多摩みなみたま
府中本町ふちゅうほんまち武蔵野線
分倍河原ぶばいがわら京王線
西府にしふ
谷保やほ
矢川やがわ
西国立にしくにたち
立川たちかわ
  1. 中央本線(中央線快速)
  2. 青梅線
  3. 多摩都市モノレール(立川南駅・立川北駅)

今後の計画

  • 川崎市は、南武線立体交差2期事業となる川崎駅~武蔵小杉駅間5.5kmについて、地下化も視野に入れて事業の具体化に向けた検討を進める考えを明らかにしている。市が試算した1kmあたりの事業費は、高架化の場合が約140億円、地下化の場合は約300億円。実行計画の中で、南武線は旅客列車と貨物列車が併用しており、高架化工事の過程で生じる線路の勾配の規定が異なるため、工法の検討も進めるとしている。
  • 東京都の都市計画事業における踏切対策基本方針において矢川駅付近(矢川踏切)~立川駅付近(羽衣踏切)を「鉄道立体化の検討対象区間」としている。
  • 鹿島田駅~新川崎駅付近での交通結節点機能を強化を検討している。
  • 建設予定の川崎縦貫高速鉄道川崎市営地下鉄)を武蔵小杉駅に乗り入れさせる案があったが、川崎縦貫高速鉄道自体が計画休止になったためこの構想は当分の間実現はしない。
  • 2014年度から横浜線に続きE233系が投入され、6両35編成が205系209系を置き換えた。
  • 2017年3月15日より青梅線五日市線から転属改造されたE233系8500番台が運転開始。


南武線快速運転について

南武線も横須賀線武蔵小杉駅開業前は1ローカル線に過ぎなかった。
だが、横須賀線武蔵小杉駅の開業で朝の通勤ラッシュが大幅に変わって来た。
横須賀線武蔵小杉駅の開業で従来の川崎駅から武蔵小杉駅の乗り換えに大幅にシフトして上り朝ラッシュは武蔵小杉駅を過ぎると混雑が幾分か緩和された。
そして2011年に川崎~登戸間で通過運転を行なう南武線快速が運行開始した。
そして稲城長沼駅の高架化が進み、2014年3月15日には快速の停車駅から中野島駅と矢野口駅が除外され、川崎駅~稲城長沼駅間が快速の通過運転区間となり、稲城市の川崎都心部のベッドタウン化で乗客が増加した。
因みに矢野口駅と京王よみうりランド駅(左がJRの駅、右が京王の駅、以降同じ)、稲城長沼駅と稲城駅、府中本町駅と府中駅、西府駅と中河原駅は基本的にさほど離れていないのでどちらの駅も使うことが出来る。
そして2015年3月1日に南武線稲城長沼駅1番乗り場が使用開始され、2015年3月14日に北陸新幹線上野東京ラインの運用開始日に全線で快速運転が行われ稲城長沼駅立川駅間に通過駅が設けられ、同区間の途中停車駅は府中本町駅分倍河原駅のみになった。

快速停車駅の変更

駅名読み2011年4月~2014年3月14日までの快速2014年3月15日~2015年3月13日までの快速2015年3月14日~現在の快速
川崎かわさき
尻手しって
矢向やこう
鹿島田かしまだ
平間ひらま
向河原むかいがわら
武蔵小杉むさしこすぎ
武蔵中原むさしなかはら
武蔵新城むさししんじょう
武蔵溝ノ口むさしみぞのくち
津田山つだやま
久地くじ
宿河原しゅくがわら
登戸のぼりと
中野島なかのしま
稲田堤いなだづつみ
矢野口やのくち
稲城長沼いなぎながぬま
南多摩みなみたま
府中本町ふちゅうほんまち
分倍河原ぶばいがわら
西府にしふ
谷保やほ
矢川やがわ
西国立にしくにたち
立川たちかわ


蛇足だが、国鉄時代にも短期間ながら快速運転が行われていた実績がある。

関連イラスト

桜の駅 2
浜川崎方面は3番線へお乗り換え



サンレッド×聖☆おにいさん
ウマ娘まんが「がんばれマチカネフクキタル」


南武線繋がり(from立川)
クロスオーバーその1(武蔵溝ノ口)クロスオーバーその2(府中本町)

関連動画

快速 立川駅→川崎駅


関連タグ

川崎アプローチ線
川崎市:川崎駅と鹿島田駅が幸区、平間〜武蔵新城の各駅が中原区、武蔵溝ノ口〜久地の各駅が高津区、宿河原〜稲田堤の各駅が多摩区に所在(川崎駅自体は川崎区に跨がる)。

関連記事

親記事

東京メガループ とうきょうめがるーぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「南武線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68629

コメント