ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

川崎市中原区上小田中六丁目にあるJR東日本南武線
駅名には中原と付いているが、中原区の中心は1駅川崎寄りの武蔵小杉駅にあり、区役所も同駅が最寄り駅である。
南武線と鶴見線の車両基地である鎌倉車両センター中原支所が存在しており、運行面においても南武線の重要駅となっている。
利用者も南武線単独駅では武蔵新城駅に次いで多く、乗換駅である稲田堤駅府中本町駅よりも多い。
駅の目の前には富士通の本店となる事業所があり、ラッシュ時間帯はその関係者の利用が目立つ。

駅構造

島式2面4線の高架駅で緩急接続が可能。
土休日の下り各駅停車の一部は3番乗り場に停車し、快速電車と連絡する。

乗り場路線方向方面発車メロディ備考
1・2南武線上り武蔵小杉川崎方面「FRONTALE2000」2番乗り場は待避線。
3・4南武線下り武蔵溝ノ口登戸稲城長沼府中本町立川方面「FRONTALE20000」3番乗り場は待避線。

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は34,198人である。
  • 上記の通り南武線途中駅では武蔵新城駅に次いで2番目に多く、乗換駅である稲田堤駅府中本町駅よりも多い。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度31,396人62,792人
2009年(平成21年)度31,122人62,244人
2010年(平成22年)度32,613人65,226人
2011年(平成23年)度33,182人66,364人
2012年(平成24年)度33,785人67,570人
2013年(平成25年)度34,735人69,470人
2014年(平成26年)度34,434人68,868人
2015年(平成27年)度34,563人69,126人
2016年(平成28年)度34,909人69,818人
2017年(平成29年)度35,044人70,088人
2018年(平成30年)度35,060人70,120人
2019年(令和元年)度34,198人68,396人


隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
  • 快速
  • 各駅停車
武蔵小杉駅武蔵中原駅武蔵新城駅


駅名の由来

駅名は同駅周辺がかつて、神奈川県橘樹(たちばな)郡中原村だったことと、同駅近隣を東西に横切っている中原街道に由来する。ただし、この中原街道の中原とはかつての相模国、現在の平塚市の地名であることに留意されたい。
中原街道の起点は現在の東京都品川区西五反田で、品川区にはこの街道の終点にちなむ平塚という地名があり、こちらは東急池上線戸越銀座駅の北西側に広がる。

関連項目

JR東日本 南武線
神奈川県内の駅一覧
武蔵小杉駅
稲城長沼駅…同じ南武線にある2面4線の高架駅。但し、利用者は少ない。
中原駅佐賀県にある長崎本線の駅で「なかばる」と読む。

関連記事

親記事

神奈川県内の駅一覧 かながわけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「武蔵中原駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント